コトダマの里へようこそ

コトダマの里へようこそ

 
 コトダマとは、タマシイ(ココロの思い)を伝える言葉(メッセージ)のことです。

 コトダマの里は、あなたのコトダマを、コトダマ物語あるいはコトダマ・レターという形で、ご自身のため、ご家族のため、そして次の世代の多くの人のために作り、伝え、残します。

 高齢化が進むなかで、「エンディング・ノート」への関心が高まっています。また、退職などをきっかけにして、次の第二の人生を始めるためのステップ・ボードとして「自分史」をまとめてみようという人も増えています。
 あるいは若い世代のなかでも、2011年の東日本大震災以降、万が一自分に何かあった場合に家族が困らないようにそれらを書き留めておこうとする人が増えているようです。

 ただし、エンディング・ノート、自分史などに書き留められたさまざまな人生経験とそこから得られた知恵や教訓、あるいは生きていくための強い思いや志(こころざし)など、すなわちタマシイ(ココロの思い)を伝える言葉(メッセージ)としてのコトダマは、ご自身だけ、あるいはご家族やご友人などごく身内の人にしか知られないまま埋もれてしまうことが少なくありません。
 しかし、そうしたコトダマは、本来きわめて貴重な「社会的財産」です。それは、きちんと伝え残すための手段さえあれば、必ずや、いつか、どこかで、誰かの役に立ち、その人生の糧になるはずです。

 コトダマの里は、そうした貴重な社会的財産としてのコトダマを電子書籍を始めとした最新のICT(情報通信技術)を活用して伝え残すためのソーシャル・プロジェクトです。

  • コトダマの里は、特定の宗教団体、自己啓発団体等とは一切関係がありません。

≫ 詳しくはこちら

コトダマの里のサービス

コトダマの里では、以下のようなサービスを提供しています。

コトダマ物語、コトダマレターの電子書籍と和装本

コトダマの里のサービス

コトダマの里のサービス コトダマ書房 コトダマ郵便 コトダマ図書館 コトダマ新聞
  • コトダマ書房は、あなたのコトダマ物語を電子書籍および紙書籍にして、あなたのご家族のために、あるいは次の世代の人のために伝え残します。
  • コトダマ物語は、さまざまな人生経験とそこから得られた知恵や教訓、あるいは生きていくための強い思いや志など、タマシイの物語を伝え残すための新しい自分史、エンディング・ノートのスタイルです。
  • あなたのコトダマ物語は、あなたの次の人生のためのステップボードとして、あるいはご家族や次の世代の多くの人の心の糧として、大いに役立つでしょう。
  • ≫ 詳しくはこちら
  • コトダマ郵便は、あなたのコトダマ・レターを電子書籍および紙書籍にして、あなたのご家族のために、あるいは次の世代の人のために伝え残します。
  • エンディング・ノートや遺言状に書かれる「ココロの思い」は、ふつうはごく身内の人しか知ることはありません。しかし、自分のそれまでの人生と、大切な人のこれからの人生についての真摯(しんし)な思いや願いが込められたタマシイのメッセージは、身内の人だけでなはく他の多くの人のココロに響く社会的な価値のあるものです。
  • あなたのコトダマ・レターは、あなたのご家族や次の世代の多くの人の心の支えとして、大いに役立つでしょう。
  • ≫ 詳しくはこちら
  • コトダマ新聞は、コトダマの里のプロジェクトにかかわる様々な事柄、例えば終活死生観エンディング・ノート自分史創作・文芸電子書籍インターネット文化シニア・ライフ、あるいは人びとのココロとタマシイに残る様々な出来事や事象に関して幅広く取り上げ、時流に流されずに独自の視点から掘り下げて考察します。
  • さらに、これらのトピック関する考察をつうじて、“少生多死社会”における社会と文化の変容とこれからのあり方について展望します。
  • ≫ 詳しくはこちら
コトダマ物語&コトダマ・レター選集1