エンディングノートの書き方ノート~3.1.墓・埋葬についての希望を書く(1)

墓・埋葬についての希望を書く(1)

エンディングノートの書き方ノート|コトダマの里
3.1.墓・埋葬についての希望を書く(1)
このシリーズではエンディングノート(終活ノート)を書くときに役立つ情報をまとめてご紹介していきます。3.1では最近増えてきている様々なスタイルのお墓について紹介します。

お墓にも個性の時代到来?

 最近はこだわりを感じるオシャレな墓が増えてきています。

リビング型のお墓、墓石の前にソファーとテーブルが! <br />セクシーなものから不可解なものまで、世界の個性的な墓石いろいろ(出典:GIGAZINE 2009.6.4)

リビング型のお墓、墓石の前にソファーとテーブルが!
(出典:GIGAZINE)

白バイに乗ったおまわりさん型のお墓 <br />セクシーなものから不可解なものまで、世界の個性的な墓石いろいろ(出典:GIGAZINE 2009.6.4)

白バイに乗ったおまわりさん型のお墓
(出典:GIGAZINE)

お舟と碇マークのあるお墓 <br />LOVEの文字・ピアノ型… 個性的な墓、増えてます(出典:朝日新聞デジタル 2013.9.24)

お舟と碇マークのあるお墓
(出典:朝日新聞デジタル)

 個性的なお墓の登場は、墓は家代々のものという考え方が薄れてきていることのあらわれとも言われています。社会の変化、家族観の変化に合わせて、お墓や埋葬にたいする考え方も変わってきています。先日のコトダマウォッチで取り上げましたが、最近はペットの家族も一員としてお墓に一緒に入れるのも人気だそうです。

十人十色のお墓・埋葬スタイル

 お墓と言えば、先祖代々の家族で一緒に入る「家墓」がやはり人気ですが、核家族化や少子高齢化が進むにつれて、「お墓を引き継ぐ人がいない」「お墓を引き継いでも、海外転勤が多くて管理していけない」という承継者問題が生じています。また、子どもなどの承継者候補がいたとしても、「子供や孫に迷惑かけたくない」という考え方も広まっています。

 このようなさまざまな要望にこたえて、納骨堂や樹木葬、散骨など、新しいタイプのお墓や埋葬スタイルが話題を呼んでいます。

(1)お墓

 おなじみの家墓だけではありません。お墓にもそれぞれです。

 1.家墓 「家」を単位として、先祖から子孫へと引き継がれていくお墓。もっとも一般的。
 2.両家墓 両家を一緒に祀るお墓。一人っ子同士の婚姻など、双方のお墓を後継ぎするケースで用いられる。新しく建立したり、どちらかのお墓に合体したりする。
 3.夫婦墓 夫婦だけで入るお墓。三十三回忌(弔い上げ)以降は永代供養の合葬墓に納骨壇に入ることが多い。
 4.個人墓 単身で入るお墓。夫婦墓と同じく、三十三回忌(弔い上げ)以降は永代供養の合葬墓や納骨壇に入ることが多い。
 5.共同墓 会員組織をつくり、共同でひとつのお墓に納める。その会員組織が存続する限り、残った会員たちが永代にわたり管理・供養していく。永代供養墓のひとつのスタイル。

 

(2)合葬

 永代供養タイプは、ひとつのお墓にみんなで入り、寺院や霊園など墓地の運営者が永代にわたって供養するお墓です。会員組織で運営する共同墓も合葬タイプです。近頃は、墓石ではなく、桜などの木を墓標とする樹木葬も人気です。なお、合葬タイプは「合葬する」ため納骨後の改葬は難しくなります。

1.永代供養墓(合葬墓)
 一つのお墓にみんなで入ります。はじめからほかの人の遺骨と一緒に納められる方式と、三十三回忌(弔い上げ)まで、など一定期間は個別に遺骨を納め、その後合祀される方式とがあるります。費用は安く、一式10万円程度のものもあります。墓石代や維持年間費は通常はかかりません。
2.樹木葬(合葬墓)
 墓石の代わりに樹木などを墓標として、その地下に遺骨を直に埋葬します。桜の木のしたに埋葬する「桜葬」が特に人気です。樹木葬はその形態から、自然を生かした「里山型」の墓地と、霊園内に区画分けされた「公園型」のふたつに大きく分けられます。相場は30~70万円程度と手ごろです。年間管理料はかかる場合があります。また遺骨を直接自然に返すことから、自然葬とも呼ばれ、散骨のひとつのスタイルでもあります。

(3)納骨堂

 納骨堂はもともと境内の片隅に立てられた、一時的に遺骨を収蔵する施設でした。しかし人口が集中する都市部では墓地不足がすすみ、納骨堂を永代供養の場として利用したいという声があがってきました。現在では、墓を持たず、納骨堂をお墓代わりに使用するという人が増えています。納骨堂は、個人または夫婦などで個別にご遺骨を安置するので、いわば室内のお墓といえます。通常のお墓のように維持管理費を支払い続ける限り、基本的には永代使用できます。

 納骨の仕方はロッカー式、仏壇式などさまざまです。最近はICカードを参拝ブースに挿入すると、納骨箱が自動的に搬送されてくる自動搬送式の納骨堂も登場しています。納骨の期間は永代供養ですが、一定期間(例えば三十三回忌までなど)個別に安置した後は、永代供養墓などの合祀墓に移して供養するタイプが多いようです。代々受け継ぐことができるタイプもあります。

 交通至便な納骨堂も多く、屋内にあるので天候に左右されず、墓掃除の必要もありません。お墓参りには便利です。相場は都内の場合で、初期費用一人用50万円、家族用100万円が目安のようです。

(4)散骨

 お墓を持たず、遺骨をこまかく砕いて遺灰にして海や山などにまきます。高倉健さん主演の映画「あなたへ」のテーマのひとつも「散骨」で話題を呼びました。

映画「あなたへ」解説・ストーリー<br />(出典:楽天エンタメナビ)

 映画「あなたへ」【解説・ストリー】
 北陸のある刑務所の指導技官・倉島英二(高倉健)のもとに、ある日、亡き妻・洋子(田中裕子)が遺した絵手紙が届く。そこには、一羽のスズメの絵とともに“故郷の海を訪れ、散骨して欲しい”との想いが記されていた。

 散骨は、お墓でなく海や山などに遺体や遺灰を還すことで、自然の大きな循環の中に回帰させることから『自然葬』ともよばれます。桜などの樹木の下に埋葬する樹木葬も自然葬のひとつです。最近は海や山にとどまらず、空葬や宇宙葬などバリエーションが広がっています。それならば自宅や裏庭に散骨できないのかと考えてしまいますが、これは出来ないようです。そもそもご遺体やお遺骨(粉骨した遺灰も同じ)は墓地以外には埋葬できないという法律があるのです。その法律の解釈を少し緩めて散骨がOKになっている状況なので、散骨を希望する場合は散骨をサービスとして提供する会社や、NPO法人葬送の自由をすすめる会の会員になって行います。尚、散骨の場合も埋葬許可証の提示は求められるそうです。

「宇宙葬」に法的な問題ないか?<br />(出所:ハフィントンポスト 2013.10.16)

宇宙葬
(出所:ハフィントンポスト 2013.10.16)

 料金の相場は、海洋散骨で単独散骨の場合は15万円程度、合同で他の人たちと一緒に散骨する合同散骨は5万円程度で金額的には手頃です。ただ自然相手のため、天候が悪ければ予定した日に船が出向しないこともあります。尚、遺族が船酔いするなど船に弱い場合は代理散骨サービスもあるそうです。

【ビジネスモデル】既存の埋葬スタイルに一石「ハワイで散骨」をコーディネート-ラニカイ・吉野麻季<br />(出所:ハフィントンポスト 2013.10.16)

海洋散骨
(出典:gooニュース 2012.8.24)

 散骨するときに遺灰の全てをまくのではなく、一部だけ散骨する方も多いそうです。散骨で全部お骨をまいてしまうと、遺された人たちが、故人と直接に向かい合う場がなくなってしまい、寂しい思いをします。やはりお墓は故人の魂の「依り代」と感じる人は依然多く、「お墓参りをしたい」「お墓参りをしなくては」という意識が強いのです。そのため、お墓への納骨と散骨を組み合わせる方も多いです。

 また第一生命の2009年「お墓のゆくへ」の調査結果によると、同じ新しいスタイルでも、散骨は樹木葬などの合葬よりも「好ましくない」と抵抗を感じる人が多く、周囲の理解が得られにくいのだそうです。

(5)手元供養

 お墓参りをしたくても、遠くて一年に一度しか行けない。散骨してお墓はないけれど供養したい、といった要望に応えるため、遺骨(遺灰)の一部を自宅用の骨壷に入れたり、アクセサリーにして身につける供養のスタイルが広まっています。自宅用の小さな骨壷は千円台のものからあります。遺骨を庭に巻くことは出来ませんが、自宅に遺骨を置くことは違法ではありません。

ソウルジュエリーの需要増加。弔いの新しいカタチである「手元供養」とは?<br />(出典:マイナビニュース 2012.7.2)

分骨した遺骨(遺灰)を入れるペンダント
(出典:マイナビニュース 2012.7.2)

 今回はお墓の種類について、トレンドをふくめてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。次回はお墓を建てたり、引き継いだり、改葬するときに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)