電子書籍ストア・アプリを用いた電子書籍の読み方

電子書籍の読み方

概要

 電子書籍は一般に以下の機器・端末で読むことができます。

1.汎用機器・端末

  • 一般のパソコン(Windows/Mac)
  • スマホ(iPhone/Galaxy/Xperia/AQUOS PHONE/ARROWSなど)
  • タブレット(iPad/iPad mini/NEXUS 7/Kindle fire HD/Kindle fire HDX/kobo arc 7HDなど
  • Kindle fire HD/HDX、kobo arc 7HDはそれぞれAmazon Kindleストア、楽天koboイーブックストアが販売する電子書籍閲覧向けのタブレット端末ですが、汎用端末に準じた仕様になっています。

2.電子書籍リーダー

  • Kindle Paperwhite/kobo touch/kobo glo/
    Sony Reader/BookLive!Reader Lideoなど

 
 「電子書籍リーダー」は表示に電子ペーパー(E-Ink)技術を使用して紙の本と同様に反射光を利用して読みますので「紙の本を読む感覚」「目に優しい」のが特徴です。ただし基本的に「電子書籍ストア」が販売している電子書籍を読むための専用端末ですので、手持ちの電子書籍を読むためには若干の知識とスキルが必要で、デジタル機器・端末の操作にあまり詳しくない人は難しいかもしれません。以上のことからコトダマの里では「汎用機器・端末」電子書籍リーダー・アプリでの利用をお勧めします。

 以下はコトダマの里の電子書籍『コトダマ物語/コトダマレター』を読む場合にお勧めする具体的な手順です。

具体的手順(1) ~Android編

AndroidOSのスマホ:Galaxy/Xperia/AQUOS PHONE/ARROWSなど
AndroidOSのタブレット:Kindle fire HD/HDX/kobo arc 7HD/Nexus 7など

  1. まず準備作業として、ファイルマネージャー・アプリ(端末内のファイルの操作・管理)を端末にインストールします。これは必須ではありませんが、あると何かと便利です。コトダマの里では以下のアプリをお勧めします。(以下ではこれらのアプリを例に説明します。)
     
    ファイルマネージャー:Yahoo!ファイルマネージャー(無料)
  2. Yahoo!ファイルマネージャー

    Yahoo!ファイルマネージャー

  3. 次に、「電子書籍リーダー・アプリ」(電子書籍を閲覧するためのアプリ)をインストールします。電子書籍リーダーアプリには様々なものがありますが、「日本語縦書き振り仮名付き」の表示に対応しているのは現時点(2013年現在)では多くはありません。
     
    コトダマの里でお勧めしているのは「電子書籍ストアアプリ」(電子書籍ストアが利用会員のために提供しているアプリ)の利用です。というのも、各ストアは利用者の利便性の向上のために電子書籍リーダーアプリの性能向上に力を入れており、メンテナンスもしっかりしているからです。
     
    ただしストアアプリは「ストアの会員にならなければ使えない」「本来ストアから購入した電子書籍を読むためのもので、手持ちの電子書籍を閲覧することは付録的な機能」であることに注意する必要があります。
     
    もしすでに会員で利用している電子書籍ストアがあれば、そのストアアプリで手持ちの「日本語縦書き振り仮名付き」電子書籍(EPUB3形式)が読めるかどうかを確認してみてください。とくにそうしたストアがなければ、以下のストアアプリを紹介しておきます。
     
    電子書籍ストアアプリ(いずれも無料):
    Amazon Kindle (MOBI形式対応)
    楽天kobo (EPUB形式対応)
    紀伊國屋書店Kinoppy (EPUB形式対応)
    電子書籍ストア・アプリ

    電子書籍ストア・アプリ

    上記のアプリのいずれかをインストールし、「会員登録(無料)」を行って下さい。各ストアの会員になるとそのストアの電子書籍が購入・閲覧できるようになりますが、手持ちの電子書籍ファイルも読めるようになります。(アプリの一般的な使い方や操作方法はそれぞれのアプリのヘルプまたはストアのサポートをご参照下さい。)
     
  4. 上記のアプリをインストールした後、ブラウザアプリでコトダマの里のサイトの『コトダマ図書館』から読みたい『コトダマ物語/コトダマレター』を選びます。
     
  5. ダウンロードコーナーの「ダウンロード」ボタンをタップしてファイルをダウンロードします。「EPUB形式(ZIP圧縮)(K****E.zip)」と「MOBI形式(K****M.zip)(ZIP圧縮)」の二種類が用意されています。先にインストールしたアプリが対応している形式のファイルをダウンロードして下さい。
    ファイルのダウンロード

    ファイルのダウンロード


     
  6. Yahoo!ファイルマネージャーを起動して、ホーム画面に「ダウンロード」ボタンがありますのでタップして開くと、「SDカード>ダウンロード」フォルダの中のファイルが一覧表示されます。そのなかに先ほどダインロードした圧縮ファイル(ZIPファイル)があります。
    Yahoo!ファイルマネージャー

    Yahoo!ファイルマネージャー


     
  7. 圧縮ファイルをロングタッチ(長押し)するとチェック欄が現れますのでチェックを入れ、下部の「解凍」ボタンをタップします。(「ファイル名の確認」後)自動的に解凍が始まり、ファイル名と同じ名前のフォルダが作成されます。そのフォルダの中に同じ名前の電子書籍ファイル****.epub/****.mobiがあります。
    howtoread05 howtoread06
     
  8. 電子書籍ファイルの読み込み(インポート)方法はアプリによって異なります。以下は上記の手順で端末にダウンロードした場合の読み込み方法の例です。
      
    » Kindleアプリについて見る
    » Kinoppyアプリについて見る
    » koboアプリについて見る
     
    Kindle(MOBIファイル)
    ファイルをロングタッチ(長押し)するとチェック欄が現れますのでチェックを入れ、下部の「共有」ボタンをタップします。そうすると「アプリケーションの選択」画面が現れますので「Send to Kindle」を選択してください。
    howtoread07
    「send to Kindle」の画面で「送信」を選択します。(ファイル名、著者名は電子書籍のタイトル、著者とは異なります。)Kindleを複数の端末にインストールしている場合は端末の選択画面も現れますので、電子書籍を閲覧する端末(複数可)を選択して下さい。
    howtoread08
    Kindleアプリを立ち上げると、ホーム画面にダウンロードした電子書籍が現れます。(もし現れていない場合はKindleアプリの「端末」の中を確認してみてください。)
    howtoread10 
    Kinnopy(EPUBファイル)
    ファイルをタップすると「形式を選択して開く」の画面が現れますので、そこで「その他」を選択します。すると「アプリケーションを選択」の画面が現れますので「Kinoppy」を選択して下さい。
    howtoread11
    Kinnopyアプリが立ち上がり、ホーム画面にダウンロードした電子書籍が現れます。
    howtoread12 
    kobo(EPUBファイル)
    koboを立ち上げ、端末左下の「メニュー」ボタンを押し、メニューを表示します。次にメニューの中の「本のインポート」を選択し、インポートをスタートさせます。端末の中の本の検索が始まりますが、ダウンロードした電子書籍ファイルが表示されたら検索を中止し、「選択した本をインポート」します。
    howtoread13
    ホーム画面にダウンロードした電子書籍が現れます。
    howtoread14
     

» ページトップに戻る

1 / 212