ComicCafeで“我が家の漫画喫茶”をオープンしよう!:クライアントの設定と使い方  
  • こんにちは。コトダマの里の“漫喫マスター”Takeです。
  • おうおう、今日は前回の続きかの?
  • ハイ。前回、自宅のパソコンに保管してある自炊漫画などをご家族のみなさんでご利用するさいに便利なComicCafeというアプリ(ソフト)をご紹介しました。
  • 前回はまず、パソコンでComicCafeサーバーを設定する方法について解説しました。
  • 今回はスマホやタブレットなど端末でComicCafeクライアントを設定する方法について説明したいと思います。
  • そうかい、よろしくの!

続きを読む


ComicCafeで“我が家の漫画喫茶”をオープンしよう!:サーバーの設定と使い方  
  • こんにちは。コトダマの里の“バリスタ”Takeです。
  • おうおう、こんにちは。いつも世話になっておるの
  • いかがですか。モバイルライフの具合は?
  • おうおう、このあいだ教えてもらったVIPだっけ?
  • いえ、SoftEther VPNです。
  • おうおう、そのソフトなんたら。それを孫のタマ太にセッティングしてもらっての。おかげで家の外でもパソコンに保存してある自炊漫画をタブレットで読めるようになってタマ太も喜んでおるわい。
  • それはそれは。お役に立てて何よりです。
  • それはいいんぢゃが…… 家族のみんながわしの愛機“ビッグタブ”(Androidタブレット)で読みたがっての。画面サイズが一番デカいからみんなそれで漫画読みたがるんぢゃよ。
  • そうですか。まあそうでしょうね。
  • それでみんながめいめい勝手に漫画を読むもんぢゃから、タブレットを使うたびにどの漫画をどこまで読んだか分からなくなってしまっての。最近もの忘れがひどいから、思い出すのも面倒での。
  • それは困りましたね。
  • それでさ、なんかいいのない?
  • そうですね…… そういうことであれば、一つお役に立ちそうなアプリ(ソフト)があります。
  • ほう! なにそれ?

続きを読む


TeamViewrを使って“なんちゃってSurface”を作る~タブレットとパソコンをリモート合体  
  • こんにちは。コトダマの里の“リモートアシスタント”Takeです。
  • おうおう。いいところに来た!
  • はいはい、なんでしょう?
  • このあいだ「VPN」だっけ? そいつを利用して家のパソコンに保存してある電子書籍なんかを家の外でもスマホやタブレットを使って見る方法を教えてもらったぢゃん?
  • はい、そうです。
  • それは家のパソコンにアクセスして電子書籍のデータを端末に転送してるわけでしょ? それで端末のアプリを使って見ているわけでしょ? Perfect ViewerとかComicGrassとかさ。
  • はい、その通りですが?
  • だったらさ、いっそのことパソコンを家の外から操作できるようにして、パソコンの画面をそのまま見られるようにしたほうがもっと便利ぢゃないの? 電子書籍はパソコンの電子書籍ビュワーソフトを立ち上げて見ればいいぢゃん!
  • ふむ…… まあ、そういうこともできますね。
  • それに家の外からパソコンを操作できるんだったら、端末を使って家の外でもパソコンで作業できるぢゃん? 例えばワードで文章を書くとかエクセルで表を作るとかさ!
  • まあ、そういうこともできますね。
  • だったらそれを教えてちょうだいよ!
  • そうですか…… 承知いたしました

続きを読む



SoftEther VPNを使ってみよう:VPNクライアントの設定と使い方  
  • こんにちは。コトダマの里の“リモートクライアント”Takeです。
  • おうおう、こんにちは。
  • さて前回はSoftEther VPNを使って自宅外の端末から自宅内のLANおよびパソコンなどへリモートアクセスするために、まず最初のステップとしてVPNサーバーをセッティングする方法について説明しました。
  • 今回はその次のステップとして、スマホやタブレットなどをVPNクライアントとしてセッティングする方法について説明したいと思います。
  • そうかい。よろしくの。

続きを読む


SoftEther VPNを使ってみよう:VPNサーバーの設定と使い方  
  • こんにちは。コトダマの里の“リモートアシスタント”Takeです。
  • おうおう、こんにちは。
  • さて前回、自宅にあるメディアコンテンツ(動画、漫画、音楽、写真など)を自宅外で視聴する方法の一つとしてVPN(Virtual Private Network)を使う方法があると述べました。
  • 今回はVPNの具体的な使い方について説明したいと思います。
  • そうかい。よろしくの。

続きを読む


【読書】「紙の本」vs「電子書籍」 圧倒的に多数派だったのは?

Q.紙の本と電子書籍では、どちらが好き?
紙の本と電子書籍では、どちらが好き?

 「紙の本派」が72.7%と、電子書籍派を圧倒的に上回っています。電子書籍の配信が一般的になってきたとはいえ、まだまだ電子書籍リーダの利用者自体が少ないのでしょう。

 次に、男女の違いに注目。以下のグラフは、「紙の本の方が好き」と回答した男女の割合を表しています。

紙の本と電子書籍では、どちらが好き? (男女別)

 「紙の本派」は、男性よりも女性のほうが多いようです。電子書籍に限らず、新しいデジタル機器に興味を持つ男性は、多いですよね。

続きを読む


エンジョイ! モバイルライフ(1)屋外で自宅のメディアを利用するには:イントロダクション  
  • こんにちは。コトダマの里の“精神年齢は未成年”Takeです。
  • おうおう、こんにちは。今年もよろしくの。
  • こちらこそ本年もご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
  • なんのなんの。年末に教えてもらったChromecastを使って孫のタマ子の生まれたてでスッポンポンの写真をテレビの大画面でスライドショーをしたら、家族には大ウケしたけどタマ子は口きいてくれなくなったよ
mago2
  • それはそれはご愁傷さまです。
  • ちなみにGoogleに見つかるとやっかいなことになるかもしれないので気をつけましょう。
  • ところで、こんどタマ輔さんと一緒に「ライトノベルの書き方セミナー」に参加することになっての。
  • それはそれは。お二人とも勉強熱心ですね。
  • そう言えば2年ほど前に黒田夏子さんが史上最年長の75歳で芥川賞を受賞しましたが、70代だろうが80代だろうが新人賞のチャンスはあるということですよね。お二人とも電撃大賞の最年長記録を目指してぜひ頑張ってください!
  • いやそれより、もしつまらなそうだったらiPadでラノベ原作の漫画でも読んでいようかと思ってるんぢゃよ。
  • そうですか……
  • でも、漫画は全部自宅のパソコンのハードディスクに入れてあるから、そこからいちいち持ち出すのを選んでiPadに入れるのは面倒なんぢゃよ。
  • それはたしかにそうかもしれませんね。
  • もっとこう、サクッとつーか、シームレスっつーか、パソコンに入れたまま外でも見るのはできんもんかの?
  • うーん、まあできないことはないですが、そのためにはそれなりの段取りが必要です。
  • ほうかい? それぢゃあ早速段取りつけてよ
  • まあまあ。それではこの機会に自宅にあるメディアコンテンツ(動画、写真、本、音楽など)を家の外でも利用する方法についてまとめて考えてみましょう。

続きを読む


格安スマホライフにおすすめのアプリ:(1)小説家になろうダウンローダ―の使い方  
  • こんにちは。コトダマの里の“節約生活評論家”Takeです。
  • おうおう。毎度世話になっておるの。
  • ところで、最近外に出かけるときに格安スマホを持ち歩いているんぢゃが、格安スマホは外でネットにつないで動画を見たりゲームしたりするのには向かないんぢゃろ? そうすると、わしゃそれ以外にスマホでしたいことはとくにないんぢゃが……
  • 別に無理に何かする必要はありませんよ。とりあえず携帯電話としてあればいいという人は多いですし。
  • ただ格安スマホライフを満喫するためには、この機会に格安スマホにふさわしい趣味や娯楽をもつのもよいかもしれません。
  • なんぢゃその「格安スマホにふさわしい趣味や娯楽」って?

続きを読む


山岸凉子『朱雀門』0  

婚活のせつない事実 女性が求めるのは…イケメンか年収1000万円以上?

 女性は若くて美しければ低収入でも結婚できる。男性は300万円以上の稼ぎは必須で、500万円以上あれば有利。ただし、若々しい外見と誠実さ、そして安定性がなければ難しい--。

 20代・30代の独身男女にアンケートを取ると、露骨な結果が出た。自由回答欄を見ても、「年収を理由に振られた」(年収300万円未満)、「年収が低いため、養っていく自信がない」(同300万~500万円未満)など、年収500万円未満の男性からは濃厚なあきらめムードが伝わってくる。(以下省略)

 

 コトダマの里のAzuです。選挙も終わり、いよいよ忙しい年の瀬に突入していますが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

 ところで、わたしの知り合いの30代の女性で現在婚活中の人が何人かいます。どの人も何らかの婚活サービスに登録して真剣に取り組んでいるようですが、みなさんなかなかすんなりはいかないようです。

 わたしはすでに達観していますが、なかなかいい人いないなあ、と思い悩んでいた時期がたしかにありました(遠い目)

 そんなときにふと偶然出会ったのが、山岸凉子先生の『朱雀門』

 読み終わったときに冷たい氷のつららが心臓に突き刺さったように全身硬直してしまい、すぐさま目をつぶって本棚に押し入れてしまいました(恐怖)

続きを読む


終わりなき日常を生きる糧としての「キャラもの」

イラスト付きでもライトノベルじゃない!ヒット続出の「キャラもの」小説とは?

 近頃、書店の売り場を訪れると、イラスト付きの文庫小説が売り場を席巻していることに気が付く方も多いのではないだろうか。イラスト付きの文庫小説といえば、いわゆるライトノベルが主流とされているが、また新たな勢力が席巻し、出版界のトレンドになりつつある。

 こうした小説本は、いったいどのような内容で、どんな読者層にリーチしているのだろうか。実際に手に取って見ると、大まかな傾向が見えてくる。「いわゆる萌え志向のライトノベルではない」「現実世界の設定が多い」「軽めのミステリー的な話が多い」といったところか。

 こういった作品群のジャンル名は様々で、「キャラ文芸」「キャラミステリ」「ライトミステリ」などと、出版社や各書店の売り場によっても呼び方が変わる。「まだ新しいジャンルなので、呼び方は一定していないようです。ただ、出版社の間ではすでに売れ筋ジャンルとして認知されており、『キャラもの』とか『キャラクター系』というくくりで営業同士が話すことが多いです」(出版社営業)

 各出版社では、ヒットを受けてこうした「キャラもの」ジャンルの新レーベルを作り始めている。今年は特に当たり年で、6月にライトノベルの老舗、富士見書房が「富士見L文庫」を、9月には大手の新潮社が「新潮文庫nex」を始めたのに続き、11月5日には白泉社が「招き猫文庫」、11月20日には朝日新聞出版が「朝日エアロ文庫」を創刊した。今後もさらに、同じキャラクター小説ジャンルでの文庫レーベルが生まれてくることは間違いない。次の100万部作品は、「キャラもの」から生まれるか!?

 

 じつはわたしはこの記事で初めて知ったが、時代のトレンドは「キャラもの」らしい。

続きを読む


C86・2014夏コミケ

C86・2014夏コミケ

電子書籍なのに手渡しで売る、これだ。同人誌即売会で見た対面電子書籍頒布の可能性

 本を持たずに、同人誌即売会に出よう!

 電子書籍といえば、Kindleやkoboなどオンライン購入が主流です。

 あえて、即売会で手渡しで、電子書籍を販売する。これが対面電子書籍。

 11月9日に、札幌で北海道コミティアが開催されました。

 オリジナル同人誌の即売会です。

 そこで頒布していたサークル「まるちぷるCAFE」さん。

 机に置かれていたのは、新刊と、あとは見本誌のみ。対面電子書籍の販売でした。

まるかふぇ電書

まるかふぇ電書

 

 コトダマの里のAzuです。冬の気配が次第に深まるなか、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

 ところで、シニアの皆様は「同人誌」というと、何を思い浮かべるでしょうか?

 おそらく俳句、短歌、小説、評論などの同人サークルの雑誌(書籍)を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。古くは夏目漱石らの『ホトトギス』、伊藤左千夫らの『アララギ』などが有名ですよね。

 でも、若い人たちはおそらく真っ先に漫画、アニメ、ライトノベル、ゲームなどの同人サークルの雑誌(書籍)を思い浮かべると思います。

続きを読む


近代デジタルライブラリーとKindleアーカイブを比べる  

血税投じたデータにタダ乗り? アマゾンが国会図書館使って電子書籍販売

 ……(前略)……であれば、今回の件は全然問題は無いのだろうか? 確かに法律上問題はないとしても、事情を単純に言い換えれば、「国民の税金を使って国が電子化したデータをAmazonがそのまま流用し、売上があがっても日本に対する税金は一切払わない」という話なのである。

 読者としては安い本が買えれば嬉しいけれど、自分納税した税金の成果が外国に一方的に流れて自分の国に帰ってこない……といったところか。

 もっとも国の側も、手をこまねいているわけではない。内閣府では、国際課税ディスカッショングループが「国境を越えた役務(サービス)の提供に対する消費税」について検討をしており、これに関する国際課税が法案として成立すれば、このようなねじれた事象はある程度解消するはずだ。

続きを読む


中世スコラ哲学の「神」に似てきた「電子書籍」

大手出版各社、電子書籍急伸に期待 「紙の25%に」

 長く続く出版不況を、出版社はどのように打開しようとしているのか。朝日新聞社は大手出版7社に取材し、今後の展望を尋ねた。紙の本の市場がピークの3分の2の水準に落ちるなか、電子書籍市場の急激な伸びにほぼ全社が期待を寄せていた。

 講談社の野間省伸社長は「電子書籍市場が伸びていないというのは大いなる誤解。スマホで読む人が大半で、とくにマンガ市場が伸びている」と指摘する。集英社の電子書籍も前期比200%を超える伸びという。光文社の電子化された雑誌はまだ少ないが、丹下伸彦社長は「一挙にやろうと思っている」と話した。端末は苦戦していても、書籍そのものは好調と答える社が多かった。

続きを読む


東京喰種トーキョーグール ―解体「真」報―(週刊ヤングジャンプ公式サイト)

東京喰種トーキョーグール ―解体「真」報―
(週刊ヤングジャンプ公式サイト)

 こんにちは。コトダマの里のAzuです。次第に秋の気配が感じられるようになってきましたが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

 さて、もともと電子書籍の動向のリサーチを担当していたはずなのですが…… いつの間にか電子書籍そのものにどっぷりハマり込んでしまい抜け出せなくなっている今日この頃です(T_T)

続きを読む


上半期コミック売上に復調の兆し 調査開始以来最高を記録

 オリコンは25日、2014年上半期(対象期間:2013年12月30日~2014年6月29日)の書籍の売り上げをまとめた市場レポートを発表した。主要部門のBOOK、文庫両部門がともに前年同期比を下回るなか、コミック部門の当期売上額は1378.1億円(前年同期比105.6%)、売上部数は2億4838.5万部(前年同期比103.2%)といずれも前年実績を上回り、復調の兆しをみせた。

続きを読む


なるほどの! タブレット用自炊漫画をChainLPで作るときの注意点  
  • こんにちは。コトダマの里の“もののけ”Takeです。
  • おうおう、久しぶりぢゃの! どっかに行っとったんかい?
  • ええ。お盆休みにちょっと現世へお墓参りに行っておりましたが、お盆が終わったので帰ってきました。
  • そうかい。ご苦労ぢゃったの
  • え? 反応それだけ?
  • つーか、コトダマの里はあの世だったわけ?
  • ふーん、そうなの。知らんかったわ
  • コトダマの里のご指南役であるおじいちゃんがそんなにぼけてては困ります。
  • ていうか、このあいだタマ太のiPhoneのぞいてみたら、コトダマの里は「愛の妖精●りんてぃん」(*)とか「ワンダードリーマー●林」(*)とかと一緒に電波クラスタに入れられとったぞ。
  • ……Ryuさんがそれを知ったらさぞかし嘆かれることでしょう。何か誤解があるようですので、タマ太クンにはわたしから改めて説明しておきます。
  • そうかい。別にそれでいいんぢゃないかと思うがの。

続きを読む


お盆スペシャル! 心暖まる和風もののけファンタジー漫画セレクション

 
 コトダマの里のAzuです。お盆休みの期間中で、帰省して故郷で過ごされている方も多いかと存じます。

 さて、先日のRyuさんの記事で、「“魂の抜けた”人間どうしで話をしていても“生き生きと”話をしている感じがしないということもあるだろうし、それよりは“霊魂”と話をしていたほうがまだ“生き生きと”話をしている感じがするということも真面目にありうる」とありましたが、これにはわたしも大いに賛同いたします。実際、隣にいる“魂の抜けた”Takeさんと話をしていると生きている感じがしなくなります。

 現代人にはそうした会話の能力はほとんど失われていると思いますが、八百万の神々が存在したいにしえの日本では、おそらくそうした生き生きとした会話が日常的に行われていたであろうと思いを馳せます。

続きを読む


シニアにもおすすめできる? BL(ボーイズラブ)名作選

 
 前回の記事でマンガのジャンルとして「BL(ボーイズラブ)」というのが出てきましたが、最近の言葉なので年輩の方はご存じない方も多いかもしれません。

 じつはアマゾンのKindle本のカテゴリーを見ると、

 …………
 「コミック」
 「ライトノベル」
 「ボーイズラブ」
 …………

となっているんですね。つまり「ボーイズラブ」だけがVIP待遇(!)になっているんです。アマゾンがいかに期待しているか(笑)分かると思います。

 さてそのBLですが、ウィキペディアでは次のように定義されています。

BL(ボーイズラブ)

ボーイズラブ(和製英語)とは、日本における男性(少年)同士の同性愛を題材とした小説や漫画などのジャンルのこと。書き手も読み手も主として異性愛女性によって担われている。(Wikipedia)

続きを読む


「ラブ」の媒体としての電子書籍

photo credit: nielleborges via photopin cc

女性向け官能小説が人気 レーベル増加し電子書籍とも好相性

 女性向け官能小説が人気を集めている。従来の男性市場への女性の参入は今や珍しいことではないが、官能の世界でもそれが起きているのだ。出版社が新しいレーベルを立ち上げ、電子書籍配信を始めるなど官能小説自体の多様化も進んでおり、官能は必ずしも秘するものではなく、ひらかれたコンテンツになりつつあるようだ。

 
 コトダマの里のAzuです。最近猛暑が続いていますが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

 さて、わたしは仕事柄電子書籍をよく読むのですが、小説とマンガ(電子コミック)が主です。ところで最近思うのですが、電子書籍ストアを見ると女性向けの「ラブ」小説・マンガが目立って増えているような気がします。

 「ラブ」というのはもちろん「恋愛」のことですが、ただ、その、つまり……「エロ」(官能系)も含めてです。

続きを読む