【付録】高齢者にもおすすめ:座ってできるストレッチ体操  

 前の記事で紹介した「ようかい体操第一」は、「ちょっとカラダがついていけない……」という高齢者の方もいるかもしれません。

 そこで最近わたしがハマっている、いつでも簡単に、座ってできるストレッチング体操をご紹介しておきたいと思います。

続きを読む


ようかい体操第一(Level5ch)

ようかい体操第一(Level5ch)

 

 こんにちは。コトダマの里のAzuです。

 今日は「敬老の日」。小さなお孫さんがいる方は、お祖父ちゃんお祖母ちゃんへの似顔絵をプレゼントされた方もおられるのではないでしょうか。

 でも、その似顔絵…… もしかして妖怪っぽくありませんでしたか?

続きを読む


「主夫」は運動によい

1日40分運動する高齢者、がん・認知症リスク2割減

 1日に40分ほど体を動かす高齢者は10~15分程度の人より、がんや生活習慣病や関節痛、認知症になるリスクが平均21%低いことが、厚生労働省研究班の研究でわかった。結果から厚労省は、65歳以上の高齢者について「1日合計40分体を動かすこと」とする健康づくりの活動基準をまとめた。高齢者向けの基準は初めて。18~64歳向けの基準も作った。

 研究班(主任研究者=国立健康・栄養研究所健康増進研究部の宮地元彦部長)が国内外の論文を分析し、リスク低下を確かめた。活動量が増えると、がんのもとになる細胞ができにくくなるほか、血の流れが良くなることが理由らしい。
 無理をして体を壊さないよう注意が必要だが、散歩やストレッチ、皿洗いなどどんな動きでも効果があるという。
 また年齢に関係なく、活動時間が1日につき10分増えると、がんや認知症などになるリスクが平均3・2%減ることもわかった。
 厚労省は18~64歳についての基準も作り、目標は、歩行と同じかそれ以上の強さの活動である自転車走行や掃除などを毎日計1時間とした。歩行だけなら8千歩程度に相当する。さらにラジオ体操や水泳といった息が弾み、汗をかく程度の運動を週に1時間勧める。

続きを読む


旅ぢから

旅ぢから

高齢者に“旅ぢから”を

 「元気な体で旅に出よう」をテーマに、高齢者にウオーキングなどで体力をつけてもらう講座が25日、福岡県苅田町幸町のパンジープラザで始まった。11月下旬までの10週間で、自主的な運動と週1回の講座への参加で、余裕を持って旅ができる体づくりを目指す。
 定年後の余暇の楽しみとして、旅は人気が高い。その一方で、体力の低下を理由に出かけるのをためらう人も多いため、町は2008年度から介護予防も兼ねて「旅ぢから養成講座」と銘打った企画をスタートさせた。参加者たちは、歩く力を養うため、ウオーキングを中心とした有酸素運動に取り組む。踏み台昇降運動やスクワットなども取り入れ、足腰を鍛える。
 妻と一緒に参加した同町尾倉、松島直人さん(75)は「旅という目的があると、楽しんで歩ける。参加者同士の交流も楽しみです」と話していた。

続きを読む