映画『おくりびと』(出典:Amazon)

映画『おくりびと』(出典:Amazon)

「看取りの場所」から「帰るホスピス」へ

 「ホスピスは看取(みと)りの場所」と思われがちだが、「今後は『帰るホスピス』が増えていく」との声が上がっている。高齢化でがん患者が増える中、痛みの緩和などのホスピスケアを、必要な人が等しく受けるにはどうすればいいだろうか。

 越川病院(35床)は緩和ケア病棟ではないが、越川貴史院長は病棟を「帰るホスピス」にしたいと考えている。入院患者の8割超が再発がん。在宅医療も行うため、医療用麻薬を使いながら退院する患者も多い。「状態が悪いときは緊急入院してもらい、痛みのコントロールが済んだら、再び家に帰れるようにできたらベスト」と言う。

 海外では「帰るホスピス」はごく一般的。日本でもこうした利用が増える背景には、従来の「看取る」ホスピスが利用しづらくなっていることがある。「都心では半年も入院を待つ例もあり、元気なうちからホスピスを探さなければならない」(越川院長)のが現状。柔軟に入退院ができれば、より多くの人が、必要なときにホスピスケアを受けられるようになる。

……(中略)……

 患者像の変化もある。従来のホスピスは一般に、治療を終えた人が対象。だが、「分子標的薬などの登場で、ぎりぎりまで抗がん剤治療をする患者さんが出てきた。多様化するニーズに合わなくなっている」(越川院長)。国の「がん対策推進基本計画」では「診断されたときからの緩和ケア」も盛り込まれた。誰もが痛みなく治療を受け、穏やかに逝くにはどうすればいいのか-。

 現場では模索が続いている。

続きを読む


安楽死について

 安楽死は決して安易な結論や感情的な中での判断であってはなりませんが、動物がすでにクオリティー・オブ・ライフQOL(生活の質)を維持できなくなってしまった場合、つまり生きているのが辛く苦しい状態に陥った場合には、やむを得ない選択肢であると考えます。動物の長寿傾向は、複雑な疾病に罹患する確率も増加しました。今や動物も死亡原因のトップである癌に、あんたの動物が罹患した時に、あなたならどうしますか?安楽死をどう考えますか?私はこれまでに幾度かの安楽死を経験しておりますが、100%正しいと感じた安楽死は一度もありません。そんな時にいつも思うのは、「安楽死は、神の意向に反した行為である以上、奪った命の分だけ、自分の命から削り取られて短縮するのを覚悟しなければならない」と。だから、安楽死を要請された時に、動物の状態を判断しながら、私の場合は “自分の命が削り取られても仕方が無い”と覚悟できない安楽死は、行わないようにしています。

続きを読む


主な死因別死亡数の割合

主な死因別死亡数の割合

「96%該当」の覚悟 50代からの相続対策のタイムリミット

 もしも、遺言書が作成できる年齢に達する15歳以上の人が死亡してしまうとすれば、どのくらいの年齢である可能性が高いのでしょうか。厚生労働省の人口動態統計によると、平成23年に死亡した人の年齢別構成のうち、15歳以上が占める割合を100%とした場合、50代以上が実に「96%」を占めている、ということがわかります。
 また、今度は死因順位別の死亡数を見てみると、別の現実が浮かび上がってきます。実は、老衰や慢性の肺疾患など、ゆるやかな形で進行していく最期というものは、割合としてはあまり多くありません。心臓発作や急性肺炎、脳出血や交通事故など、予想や準備ができない形で急逝してしまう可能性を含んだ死因が、総数で見るとかなり高い割合を占めていることがわかります。

続きを読む



アシュリー事件―メディカル・コントロールと新・優生思想の時代
アシュリー事件―メディカル・コントロールと新・優生思想の時代
著者:児玉 真美
販売元:生活書院
(2011-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

安楽死や自殺幇助が合法化された国々で起こっていること 児玉真美

 尊厳死法制化をめぐる議論で、尊厳死を推進しようとする人たちの中から「既に安楽死や自殺幇助を合法化した国では、なんらおぞましいことは起こっていない」という発言が出ることがある。私はそうした発言に遭遇するたびに、そこでつまづき、フリーズしたまま、その先の議論についていくことができなくなってしまう。
 「おぞましいこと」は本当に起こっていないか? それとも現実に何が起こっているかを、この人は知らないのか? しかし、これだけ尊厳死法制化に積極的に関わってきたこの人が、本当に知らないということがあるだろうか? それとも現実に起こっていることを十分に承知していながら、なおかつそれらをこの人は「おぞましい」とは思わない、ということなのだろうか? ……目の前の議論から脱落し、そこに立ち尽くしたまま、私の頭はこだわり続けてしまう。

続きを読む


認知症]長寿国の現実(4)仕事、家族失う働き盛り

 タタタタタン――。昼食に使うキャベツを千切りする包丁の音が、東京都内のデイサービスセンターの室内に響き渡る。「1秒に何回切れるの?」。速さに感心した認知症の高齢者の質問に、「30万回だよ」。冗談で答える男性(57)もまた、認知症の本人だ。
 東京・銀座の仏料理店などで料理人として腕を磨き、51歳の時、念願の自分の店を持った。だが、その直後に異変が表れた。ドライブやサーフィンを楽しむ行動派だったのに、やる気が出ず、疲れも取れない。うつ病を疑った。
 妻の勧めで受診したところ、54歳の時に若年性のアルツハイマー型認知症と診断された。思いもよらぬ結果に驚き、「仕事のこと、子供のこと、一体どうなるのかと頭がパニックになった」という。

 それから人生が一変。周囲に諭されて店を畳み、数百万円の借金返済のために妻が働いて家計を支えた。しかし、疲れ切って追い詰められた妻の求めで、今年に入って離婚。2人の子供は妻が引き取った。
 現在は生活保護を受けながら、ボランティアとして料理の腕を振るう。だが最近は、調理の段取りを考えるのが難しくなってきた。「車の免許も何もかも取り上げられたけど、妻や子供に迷惑はかけたくない。先のことはあまり考えないようにしている」と男性は話す。

続きを読む


girlyme.tumblr.com

girlyme.tumblr.com

生と死が混じり合う人生の河口~日野原重明

 医学が進歩し、がんの化学療法や放射線療法などにより、全身に転移しても、数カ月かそれ以上、生きられる事例が増えてきました。

 こうした中で有意義なのは、ホスピスやPCU(緩和ケア病棟)に短期間(1~2週間)入るという新しい発想「レスパイト(respite)」入院です。
 英語で「現場を離れた一時的な精神の休養」という意味で、つまり患者は一時的な休息のために入院・入所し、そこで気持ちを整理して、いつでも死を迎えられる心の備えをするのです。

 英語にリトリート(retreat)という言葉もあります。日々の雑事から一時的に離れ、自然の中で心を洗い、生きる意義を感じることです。

 36歳の女性が、私の設立したホスピス、ピースハウス病院にレスパイト入院をしてきたことがあります。乳がんの手術を受けた後、肝臓などに転移し、自分の命はそう長くはないと知ってのことでした。
 残される7歳と9歳の2人の男の子がそれぞれ20歳になるまで、毎年自分の誕生日に「ママからのメッセージ」を渡せるように、それを書く準備のため、10日間入院したのです。彼女は2カ月後、自宅で亡くなりました。前日には、美容院で髪をセットしてもらったそうです。

続きを読む


「尊厳死法案」をテーマにした公開討論会(東京弁護士会主催)

「尊厳死法案」をテーマにした公開討論会(東京弁護士会主催)

尊厳死法案、「終末期」の定義めぐり激論

 超党派の国会議員連盟が検討している「尊厳死法案」をテーマにした公開討論会(東京弁護士会主催)が3日、東京都内で開かれた。

 同法案では、「行い得る全ての適切な医療上の措置を受けた場合であっても、回復の可能性がなく、かつ、死期が間近であると判定された状態にある期間」を終末期と定めており、「医療上の措置」については、栄養補給など生命維持のための行為も対象としている。

 終末期の定義について日本尊厳死協会の長尾副理事長は、「医学的に定義することは困難だが、末期はある。家族と医師との信頼関係が前提となっている」と指摘。医学会のガイドラインは周知されないとして、あくまで法制化が望ましいとの考えを示した。

 また、医療法人社団悠翔会の佐々木理事長は、「末期がいつかは、医師と患者さん、ご家族が話し合って決める問題だと思う」とした上で、「法律を作ったとしても、患者さんとご家族と医師の三者のインフォームド・コンセントがきちんとできなければ、尊厳死は絶対に実現しない」と述べ、法制化に反対の立場を示した。

続きを読む