“泣石家芭蕉”こと馬場翔一郎さんの「泣語」(出典:東京新聞)

“泣石家芭蕉”こと馬場翔一郎さんの「泣語」(出典:東京新聞)

泣語家 感動話、涙の一席 葬儀業30歳男性 老人ホーム巡回

 涙を流すことでお年寄りにストレスを解消してもらおうと、悲しい話や、感動的な話を専門に語る「泣語家(なくごか)」がいる。泣石家芭蕉(なかしやばしょう)こと、馬場翔一郎さん(30)。埼玉県入間市で葬儀業を営むかたわら、老人ホームをボランティアで回り、戦争の話などでお年寄りの心を揺り動かしている。

 「みなさん共通の話をさせていただきます。自分は経験していないんですけど…」。十一月下旬、東京都大田区の老人ホーム「ニチイホーム矢口」。八十代が中心の約四十人の入居者に向かい、馬場さんがゆっくりと語り始めた。ブータンの民族衣装をモチーフにした「泣き装束」に身を包んでいる。

 東京大空襲の際に子どもを懸命にかばい、黒焦げになった母親の話だった。「遺体をひっくり返すと、息はひきとっているが、ほおをピンクに染めて穏やかに眠る赤ん坊が横たわっていた」。会場は次第に静まり、手を合わせ拝む人や、涙ぐんで何回もうなずく人、「ありがとう」と叫ぶ人もいた。「本日の私の話は、涙とともに水に流していただければ幸いです」。こんな締めの言葉で、およそ五分間の「泣語」は終わった。

 「落語だと思って来たら違った。いい話だった。戦争中、配給を家族で分け合って食べたことを思い出した」。八十代の女性は、懐かしそうに感想を語った。ホームの担当者は「悲しい話を聞くと不安になるのではと心配したが、熱く心に響いた人もいたようだ」と評価していた。

続きを読む