ゴルフボール型骨壷(出所:朝日新聞デジタル)

ゴルフボール型骨壷
(出所:朝日新聞デジタル)

おしゃれな葬儀・供養用品で故人を偲ぶ

 昨今では新しい葬儀・供養の形が急速に増えています。その新しい価値観に合わせるように、続々と新しい商品が開発されています。とくに最近では、遺骨を身近において故人を偲びたいというご要望から、分骨壺・遺骨アクセサリーといった手元供養商品の需要が高まっています。当店ではデザイン豊かな陶器製・ガラス製ミニ分骨壺や、ペンダント型遺骨ケースなど、お客さまのさまざまなご希望に対応できるよう従来の価値観にとらわれない商品選定を意識的に行っております。
 ユニークなところでは、スポーツを愛用していた故人のために野球ボール型・ゴルフボール型・ラグビーボール型・サッカーボール型などのスポーツシリーズ骨壺もあるんですよ。
 (湘南仁成社/村上淳さん)

続きを読む


手元供養品(出典:NPO法人手元供養協会)

手元供養品
(出典:NPO法人手元供養協会)

供養は近くで、手元で

 故人の埋葬に対する考え方が変わってきた。地方のお墓から交通の便がよい都心の納骨堂に遺骨を移したり、遺骨の一部をしゃれたデザインの容器に入れて手元に残したり。供養に対する意識の多様化や大都市部での墓地不足が影響しているようだ。

 ……(中略)……

 遺骨の一部を家の中に安置したり、ペンダントなどに入れたりする「手元供養」を利用する人も増えている。

 東京都町田市の中尾貞子さん(83)は、13年前に亡くなった夫の遺骨の一部を、茶器の「棗(なつめ)」に入れ仏壇に置いている。夫の希望で海に散骨したが、「全部流す気になれなかった」という。墓石の代わりに木を植える市内の樹木葬墓を申し込んだが、納骨はしていない。「自分が死んだら、夫の遺骨と一緒に納めてもらうつもりです」

 葬送事情に詳しい東洋大学ライフデザイン学部教授の井上治代さんが06年に手元供養品の購入者約300人に行った調査によると、手元供養をする理由として「仏壇や位牌(いはい)より身近」を挙げた人が59人と最も多かった。「墓が遠くにあるので身近で供養したかった」という回答も12人で上位になった。

 井上さんは「核家族化が進み、先祖代々の墓を引き継いでいくという考え方に息苦しさを感じる人が増えている。しかし、故人を身近に感じていたいという思いが弱まったわけではない。利便性を重視したり、手元供養を利用したりするのは、そんな理由からではないか」と話している。

続きを読む


手元供養用のミニ骨壺。漆や陶器のほか、フォトフレームの中に遺灰を収めるものもある。

手元供養用のミニ骨壺。漆や陶器のほかフォトフレームの中に遺灰を収めるものもある。
(出典:MSN産経ニュース)

最後のかたち(下) 変わる意識 意思共有、支援もスタート

 新たな葬送のかたちとして、遺骨の一部を骨壺やアクセサリーに保管したり、遺骨そのものを装飾品などに加工して身に付ける「手元供養」の需要が高まっている。

 関東を中心に葬儀サービス全般を手掛ける「メモリアルアートの大野屋」(東京都新宿区)は平成17年から、ミニ骨壺など手元供養商品を取り扱っている。遺灰を収められるアクセサリーは特に人気で、昨年度は前年度の2・7倍の売り上げがあったという。

 開発に携わった同社経営企画部の上原ちひろさんは「先祖供養というより、祖父母や親など、具体的な人をしのぶという感覚。亡くなった人とつながっていたいと考える方が増えているのではないか」と話している。

続きを読む