「終活ビジネス」 市場拡大の兆し

「終活ビジネス」 市場拡大の兆し

「終活ビジネス」 市場拡大の兆し

 残りの人生をよりよく生きるために葬儀の進め方から墓、遺言や遺産相続にいたるまで、元気なうちに準備する「終活」という言葉を最近よく聞く。
 ニッセイ基礎研究所の主任研究員、土堤内昭雄氏は、「終活」ブームの背景には一人暮らしが増加し、自分の死後、周囲の人に迷惑をかけたくないという拡大する「お一人様」社会のニーズや、家族構成に関わらず自分が生きてきた証(あかし)を残したいといった面があると指摘する。
 また、最後までポジティブに生きるためにはどのようにするべきか、より良い生き方を意識したものでもあるという。一方で、「準備を始めてしまうと、死に引き寄せられる気がするので、積極的に取り組みたいとは思わない」(金融機関勤務の40代男性)との声もある。
 総務省が9月にまとめた推計人口によると、65歳以上の高齢者人口は3074万人で過去最多だった。高齢化とともにこうしたニーズはさらに増えそうだ。
 「終活」をネット検索すると、「終活アドバイザー」「終活セミナー」「終活ファッションショー」と聞き慣れない言葉が並ぶ。いわば「終活ビジネス」という一大市場が形成されている。その規模は1兆円後半-2兆円とみられている。

続きを読む