photo credit: naoK via photopin cc

photo credit: naoK via photopin cc

継がれず無縁、さまよう墓石 不法投棄続々、墓の墓場も

 先祖代々受け継がれてきた墓が受難の時を迎えている。墓守が絶えた無縁墓から撤去された墓石は、慰霊の場を離れ、さまよう。人里離れた山中に“墓の墓”が現れ、不法投棄も後を絶たない。

 高松市のJR高松駅から車で30分の山中に“墓の墓”がある。約1ヘクタールの空き地にコンクリートで固めた最大幅100メートル、高さ15メートルの扇状の巨大なひな壇が設けられ、壇上に墓石1万基が並ぶ。

 「古石材預り所」と称する管理者(52)によると、中四国や関西の寺から撤去された墓石を石材店などの業者が持ち込んでくる。家庭の事情で墓を引き払い不要になった墓石のほか、無縁墓もある。1基1万円で受け入れ、最近は年300基ほど集まる。クレーン機で石を整然と並べ、定期的に雑草をとる。「ここ数年でどんどん増えている。もうけはないが、やめたくてもやめられない」。まだ9万基収容できるという。

 一方、不法投棄された“墓の山”もある。兵庫県南あわじ市の山中には推定1500トンの墓石が山積みにされ、山の頂は高さ4メートルに達する。6月半ば、県淡路県民局の職員3人が墓石に合掌しながら現場を見て回った。

 「比較的新しい墓もある。墓碑銘から、代々にわたり大切にされてきたんだろうなと思わせる墓もあります」。県民交流室の小塩浩司環境参事は言う。  墓石の不法投棄は昨年も広島県、京都府内で見つかり、ここ5年の間に茨城、千葉、兵庫など各県で業者が逮捕されている。

 不要になった墓石は通常、寺や霊園、石材業者が預かるか、処理業者が破砕処分する。だが別の方法をとる業者は少なくない。関東の石材店の社長は「破砕には手間と金がかかる。たたりを恐れて処分しない業者もいる」と話す。

 

霊園は散歩に最適

 以前、東京の谷中霊園に行ったことがある。

 墓参りではなく、近くに用事で行ったさいについでに散歩がてら立ち寄った。

 谷中霊園は雑司ヶ谷、青山と並んで東京三大霊園の一つと言われることもある由緒ある霊園だ。

 当然歴史上の著名人の墓も多く、徳川家15代目将軍慶喜を始め、鳩山一郎元首相、実業家の渋沢栄一、画家の横山大観、作家の円地文子、詩人の上田敏、法学者の穂積陳重、俳優の森繁久彌などなど。

続きを読む


葬儀の現代的意味について~“生者の魂”に対する気遣いとしての葬儀

photo credit: shinyai via photopin cc

無宗教で弔うこと(大野左紀子)

……(前略)……

 私と夫は、遺骨の一部を「不老会」の共同墓地に入れてもらうようにしたらどうかと母に言っている。そうすれば、命日には家族でお参りできるから。私も曖昧な無宗教者の一人だが、父の遺骨に向かって手を合わせたいような気がする。というか、そういう気持ちになった時に何もないのは、少し寂しいような気がする。

 墓に向かって話しかけても、聞いてくれる人はいない。身体を持たない魂だけが、そこにフワフワ浮いているということなどない。けれども逆に、そこにいない、かたちのないものに向かって語りかけるという、普通なら到底できないような行為をするために、先人の作り出した葬儀の形式というものがあるのかもしれない。

 眼を閉じて手を合わせ祈るという所作をした時だけ、そこに亡き人の魂が現れる。そう思ってみることが、残された者の心を少しは救うのかもしれない。


 前回の記事で天武天皇の葬儀(殯宮儀礼)についてふれた。

 天武天皇の殯宮儀礼は2年以上に及ぶ壮大なものだったが、次の持統天皇以降は仏教の影響のもと火葬が取り入れられ簡素化に向かっていく。

 だから、近年の葬儀の簡素化の趨勢はじつは1300年以上から始まった、としたり顔で言いたいわけではない。ただ、葬儀の意味について改めて考えさせられたので、書き留めておくことにした次第である。

続きを読む


photo credit: Anirudh Koul via photopin cc

photo credit: Anirudh Koul via photopin cc

レディー・ガガ、宇宙ライブへのチケットをオークションに

 2015年に宇宙でライブ・パフォーマンスを披露するレディー・ガガが、自身が搭乗する宇宙船のチケットをオークションに出品することが明らかになった。

 ガガは米ニューメキシコ州にて行われる音楽フェスティバル「ゼロGコロニー」の一環として、宇宙からライブ・パフォーマンスを届ける予定だ。

 自身のパフォーマンスが決定する前に、宇宙旅行のチケットを購入していたというガガは、「チケットはオークションに出品して、ボーン・ディス・ウェイ基金にお金を寄付するわ」と説明している。

続きを読む


The approach and cluster amaryllis of moss (Japanese scenery photograph wallpaper)

The approach and cluster amaryllis of moss
(Japanese scenery photograph wallpaper)

「タマシイの交流」としての弔い

 「死」は宗教の源泉であるが、「死者」の扱いは宗教によって様々である。

 西方のキリスト教文化やイスラム教文化では死者の処遇は神の管轄になるので、生者が与り知るところではない。神の裁きによって復活し永遠の命を得ることを祈るのみである。

 東アジアの宗教文化は、もともと「先祖崇拝」の伝統をもつ。死者(先祖霊)は本来的に神(天)に近い存在であり、生者(子孫)を救う側にある。それはときに尊崇の対象であり、ときに畏怖の対象である。ゆえに、死者(先祖)の弔いとは守護霊としての祖霊を畏れ敬うことであり、そのご加護を祈願することである。

 それに対し仏教では、死者は救われる側に位置づけられる。それは慈悲の対象であり、憐情の対象である。ゆえに、死者の弔いとは追善供養、追善回向によって輪廻転生の中で苦しみもがいている死者に自らの功徳を施すことである。

 このように死者の置かれた境遇は対極的ではあるが、いずれにしても死者のタマシイは現世とは別次元の霊的次元に存在する。そして弔いとは、その霊的次元との交流であり、死者のタマシイとのコミュニケーションである。ただし、このタマシイとのコミュニケーションには、ある特別の資格をもつ仲介者とそれによって執り行われる宗教的儀礼が必要である。

 ここで注目したいのは、この形式が現代的な感覚に合わなくなりつつあるのではないか、ということである。少なくとも、死者を弔うにしても、他者が介入しない、もっと直接的なタマシイの交流がありえてよいのではないのか。弔いのあり方はそれぞれの文化の文字通り「タマシイ」であるので、伝統は尊重しなければならないが、現代的な文脈に即した文化的オプションもあってよいはずである。

続きを読む


新潟市で開かれた篤志解剖全国連合会の実務担当者研修会(出典:NPO法人宮崎自殺センターを応援したい 2010.10.29)

新潟市で開かれた篤志解剖全国連合会の実務担当者研修会(出典:NPO法人宮崎自殺センターを応援したい 2010.10.29)

献体希望の高齢者増える 死の迎え方、自ら選ぶ 「家族に迷惑掛けない」

 「医学の発展に役立ててほしい」と、死後の自分の体を大学医学部などに提供するための献体登録をする高齢者が増えている。「人生の最期に社会貢献できる」制度として知られるようになったほか、死の迎え方をめぐって個人の意思を優先し、葬儀や墓にこだわらない傾向が強まっていることも一因のようだ。

 献体運動を進める「篤志解剖全国連合会」(東京)が全国約100大学の協力を得て調査、1970年度から献体登録者は今年3月末で累計25万人を超える。

 現在の登録者は推定約15万人。毎年3500人前後が解剖されているが、主に高齢者からなる5千人前後の新規登録によって年々増加。新規登録をストップする大学もあるという。

続きを読む


ロケット花火(出典:GANREF; photo by 帆印

ロケット花火
(出典:GANREF; photo by 帆印)

新しい時代の葬儀のかたち!? 「宇宙葬」に法的な問題はないか?

 「宇宙葬」には法的な問題はないのだろうか。宇宙に関する法にくわしい作花知志弁護士に聞いた。

 「埋葬については、『墓地、埋葬等に関する法律』が、『埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない』と定めています。また、刑法には『遺骨遺棄罪』(刑法190条)の規定があり、遺骨を不適切に遺棄した人は処罰されます。それらの法律が存在していることから、墓地での埋葬を行わずに散骨する行為は、従来、一般的には『違法となる』と受け止められていました」

 「1990年代に入ると、日本では、遺灰を海や山にまく、いわゆる『自然葬』をしたいという希望が増え、実際に自然葬を行う会社も登場しました。法務省も『葬送の一つとして節度をもって行われる限り、遺骨遺棄罪には当たらない』という立場だとされています」

 「近時始まった『宇宙葬サービス』の内容は、アメリカの会社が人工衛星に入れた遺骨を宇宙に送り、数カ月から1年で人工衛星が大気圏に再突入し、流れ星となって燃え尽きるというものです。特に節度を逸したものではなく、むしろ新しい時代の、新しい形の自然葬とも言えるでしょう」

続きを読む


ストックホルムの Woodland Cemetery に埋葬されるグレタ・ガルボの遺灰(出典:ggarbo.weebly.com)

ストックホルムの Woodland Cemetery に埋葬されるグレタ・ガルボの遺灰
(出典:ggarbo.weebly.com)

終活:「弔う場所」火葬場考/中 緑あふれる欧州施設 中国では大問題に

―先生は海外の火葬場や墓地も現地調査しておられます。印象的なのはどこですか。

 印象的な場所はやはり、スウェーデン・ストックホルム南部にある「森の火葬場」ですかね。102ヘクタールの広大な緑地の中に墓地があり、約8万5000基の墓に30万人が埋葬されています。その墓地の中に火葬場もある。目を見張る美しさで市民に愛され、世界遺産にも登録されています。欧州の施設の特徴は自然を大事にしているということですね。調和を考え設計されています。

……(中略)……

―会葬はどんな雰囲気なんですか。

 「森の火葬場」では、ろうそくとたくさんの花で飾られた霊きゅう台のうえにひつぎが載せてあって、その周囲に遺族は集まる。台はリフトになっているので、告別式が終われば、ひつぎがまるで埋葬されるように地下に降りていきます。会葬者はここで帰ります。日本のように炉前ホールで最後のお別れをしたり、拾骨は通常しません。宗教的な理由で特別にお願いすればその先にも行けるそうですが。ここでは半分の人はミンネスルンド(墓碑がない墓地)に職員の手でまかれ、残りは家族墓などに埋葬することになっています。

(東京電機大学の八木澤壯一・名誉教授へのインタビュー)

続きを読む


仮装行列のような参列者たち(出所:らばQ)

仮装行列のような参列者たち
(出所:らばQ)

お葬式なのに参列者はマリオやスターウォーズのコスプレ…故人の希望でにぎやかなものに

 イギリス中部のニューカッスルで、ゲイリー・パティソンさん(42)が交通事故で亡くなり、しめやかに……ではなく、にぎやかに葬儀が執り行われました。

 参列者の多くがコスプレ姿だったというから驚きですが、亡くなったゲイリーさんの生前の希望だったとのことです。

 参列者は250人にも上ったそうですが、悲しく送られるよりも陽気に送ってほしいという、ゲイリーさんの人柄が伝わってきます。

続きを読む


子供の墓の一部になったポケモン(出所:ハフィントンポスト)

子供の墓の一部になったポケモン
(出所:ハフィントンポスト)

子供の墓の一部になったポケモン

 子供の死は悲劇だ。最悪のことが起きて、子供を亡くしてしまった両親は、生前の姿をはっきりと記憶していたいと望むことが多い。

 スウェーデンのある一家では、それはあることを意味していた。ポケットモンスター(ポケモン)だ。

 「Reddit」のユーザーにより紹介された、スウェーデンのルンドにあるこの墓石は、5歳の少年が、本当に生きているような姿でゲームボーイアドバンスの大好きなゲームで遊んでいる様子を表している。

 ……(中略)……

 この画像はRedditで紹介されて以来、ゲーム愛好者たちの間で大きな称賛を得ている。「Destructoid」の記事では「かわいらしいと同時に悲しい。見ていると、その両方の気持ちが何度も入れ替わる感じがする」と述べられている。

続きを読む


宇宙葬サービス「Memorial Spaceflight」(出所:ハフィントンポスト)

宇宙葬サービス「Memorial Spaceflight」
(出所:ハフィントンポスト)

格安の「宇宙葬」が日本に進出?葬儀ビジネスは成長産業

 ……最近では、米国で元NASA技術者が立ち上げたベンチャー企業・エリジウムスペース社が、破格の宇宙葬サービス「Memorial Spaceflight」を開始することを発表している。従来の価格の約半分程度の1990ドル(約19万5000円)で、遺灰の一部を入れたカプセルを宇宙に打ち上げる。遺灰は数ヶ月から数年間にわたり地球の周回軌道を回った後に大気圏に突入し、「流れ星」のように燃え尽きるという。

 同社は海外進出の第一歩として、まずはポテンシャルの高い日本をターゲットに選んだことを10月1日に発表している。ウェブ上で申し込むと、特殊なアルミ製カプセルが郵送され、それに遺灰を納めて返送。希望者はフロリダ州の打ち上げに立ち会うことも可能だという。なお日本の次は、墓地の土地不足が深刻化している英国への進出を検討中だという。

続きを読む


バルーン宇宙葬(日テレ『スッキリ』2010年8月4日放送)(出所:バルーン工房)

バルーン宇宙葬
(日本テレビ『スッキリ』2010年8月4日放送)
(出所:バルーン工房)

散骨はどこに撒いてもいいわけではない

 お墓に納骨する従来のスタイルにとらわれることなく、故人ゆかりの場所(多くは海や山など)に遺骨をまく「散骨」が、近年にわかに注目されている。

「ただ、どこでも好き勝手に散骨していいわけではありません。他人の土地に無断でまくのは当然NG。所有者や管理者から許可をもらえば構いませんが、断られることも少なくない」(葬儀ライター・奥山晶子氏)

 山の場合は、散骨を許可している霊園などが所有の山林にまくことが多い。海の場合は港湾内や漁場周辺を避け、公海上まで船で出て散骨するケースが大半だ。

 ユニークな散骨方法もある。直径2.5m程度のバルーンに粉状にした遺骨とガスを入れ、空に放つ……というやり方だ。

 「バルーンは高度35km付近、宇宙にほど近い成層圏で破裂し、そこで散骨されます。最近は月3~4件程度の依頼がありますね」(「バルーン宇宙葬」を手がけるバルーン工房・小野寺義博氏)

 ちなみに費用は18万8000円から。葬儀は「とても晴れがましい、にこやかな雰囲気になることが多い」とか。検討してみる?

続きを読む


”桜の木&LOVE”のお墓(出所:朝日新聞デジタル)

”桜の木&LOVE”のお墓
(出所:朝日新聞デジタル)

LOVEの文字・ピアノ型… 個性的な墓、増えてます

 秋のお彼岸。最近、墓地の様子が変わってきた。黒や灰色の石に「○○家」と彫るのが当たり前だったお墓に、個性的なデザインが増えている。思い出の桜の木を刻んだり、ピアノの形にしたり。「故人らしいお墓にしたい」。そんな家族らの思いが込められている。

 「お父さん、来たよ」。静岡県富士宮市の霊園。山脇作栄(さくえ)さん(71)は、昨年9月に亡くなった夫繁男さん(享年78)の墓に話しかけた。傍らでは、長男の康知(こうじ)さん(44)と妻の恵理子さん(44)が笑顔で語り合い、手を合わせた。

 繁男さんの墓は、周囲に立ち並ぶ墓と少し異なる。墓石にはピンク色が鮮やかな桜の木の絵と、LOVEの文字。足元の敷石には、クローバーをあしらった。

 「義父らしくしたい」と恵理子さんが考えた。作栄さんや康知さんから、昔よく通ったと聞いた東京・上野公園の桜。クローバーは同居していた自宅の庭に、あふれんばかりに生えている。

 石材店と打ち合わせを重ね、約2カ月かけて完成させた。「みんなが集まり、義父の思い出話に花が咲く場所にしたかった」と恵理子さん。昨年12月の納骨後、毎月1度は家族で訪れているという。

続きを読む


スーダラ節にレーザー光線…[トホホな葬式]体験談(出所:日刊SPA!)

スーダラ節にレーザー光線…[トホホな葬式]体験談
(出所:日刊SPA!)

スーダラ節にレーザー光線…[トホホな葬式]体験談

 しめやかに執り行われるはずのお葬式も、ひとつ間違うとビミョーなことに。

 「友人のお父さんのお葬式のBGMが植木等の『スーダラ節』だった。いくら故人のカラオケの十八番だったからって、場違い感は否めなかった」(46歳・女)

 大往生ならそれもいいけど、若くして亡くなった場合はシャレにならない。

 「27歳で過労死した友人の葬儀がトンデモなかった。司会者は妙に流暢で演歌の曲紹介みたいな調子。出棺の際はスモークにレーザーが乱舞、『これより黄泉の国に旅立ちます』とのアナウンスでレールの上をお棺がスルスル……」(48歳・男)とは、演出過剰もいいところ。

続きを読む


ゴルフボール型骨壷(出所:朝日新聞デジタル)

ゴルフボール型骨壷
(出所:朝日新聞デジタル)

おしゃれな葬儀・供養用品で故人を偲ぶ

 昨今では新しい葬儀・供養の形が急速に増えています。その新しい価値観に合わせるように、続々と新しい商品が開発されています。とくに最近では、遺骨を身近において故人を偲びたいというご要望から、分骨壺・遺骨アクセサリーといった手元供養商品の需要が高まっています。当店ではデザイン豊かな陶器製・ガラス製ミニ分骨壺や、ペンダント型遺骨ケースなど、お客さまのさまざまなご希望に対応できるよう従来の価値観にとらわれない商品選定を意識的に行っております。
 ユニークなところでは、スポーツを愛用していた故人のために野球ボール型・ゴルフボール型・ラグビーボール型・サッカーボール型などのスポーツシリーズ骨壺もあるんですよ。
 (湘南仁成社/村上淳さん)

続きを読む


イオンの永代供養

イオンの永代供養

3万5000円で納骨と供養 イオン、来月から

 イオン子会社のイオンリテール(千葉市)は三十日、寺院や霊園と協力し、三万五千円の共通料金で共同墓地などの形態で納骨と永代供養ができるサービスを九月から提供すると明らかにした。二〇一五年二月末までに七都府県の計十カ所で展開する。〇九年に葬祭事業に参入した同社は、低価格と明朗な料金体系を武器に利用者を増やしている。納骨などでも低価格の志向が強まっているとみて事業領域を広げる。

 同社のイオンライフ事業部が募集を代行し、各寺院が供養や管理などを受け持つ。同社の葬儀を利用、または予約した場合、料金をさらに五千円割り引いて三万円とする。料金には管理料などが含まれ追加費用もかからないという。

 九月から「徳純院」(東京都港区)、十月から「宝袋寺」(横浜市)でそれぞれ千人を募集。年内に名古屋市、大阪府、福岡県の寺院に広げ、来年以降は埼玉県、千葉県でも扱う計画だ。

 これまで同社は、葬儀の顧客には墓の販売や納骨を仲介してきたが、最低でも約五十万円以上の費用がかかっていた。同社の調査によると、簡素な納骨を望む人が近年増加傾向にある。家族の葬式をしたが、料金がネックとなって納骨できず自宅などで保管したままの人も目立つという。

続きを読む


一般の住宅と変わらないダイニング(出所:朝日新聞デジタル)

一般の住宅と変わらないダイニング
(出所:朝日新聞デジタル)

一軒家にしか見えない葬儀場 「ゆっくりお別れできる」

 一見、ごく普通の一軒家にしか見えない住宅風の葬儀場が増えている。くつろげる空間で、ゆっくりと故人を送りたい――。そんな思いを持つ人に受け入れられている。

 西日本典礼(本社・福岡市)が3月、福岡県太宰府市に新たに設けた「都府楼 清浄庵(あん)」。木造2階建て242平方メートルで、道路に面した看板がなければ、大きな住宅にしか見えない。

 1階の約20畳の和室が「式場」になり、祭壇が置かれる。すぐ隣にはダイニング、2階へ上がると、キッチンとリビングがある。ベッド2台が置かれた洋室や和室、浴室も。葬儀は1日に1組。同社の平島絵美子さん(33)は「寝泊まりでき、通夜から葬儀にかけて自宅のように使える。故人とゆっくりお別れができる」と言う。

 同社が住宅風の葬儀場を開いたのは、福岡市南区の「平和 清浄庵」に続き2カ所目。こちらは昨年9月の開館から50件の利用があった。利用者からは「他の家族と顔を合わせなくてすむのでいい」といった声が寄せられているといい、同社では今後、同様の式場を増やしたい考えだ。

 同様の葬儀場は各地で広まっている。

 住宅風葬儀場が受け入れられる背景について、日本葬送文化学会の前会長、八木澤壮一・東京電機大名誉教授は「人間関係の変化や長寿化で、特に2000年以降、葬儀は自分で生前に用意しておくものになった。その結果、『なるべく質素に家族だけで』となってきた。邸宅葬は、そんなニーズに合っている」とみる。

続きを読む


葬儀費用の平均(出所:YOMIURI ONLINE)

葬儀費用の平均
(出所:YOMIURI ONLINE)

突然の喪主 慌てぬために

 日本消費者協会のアンケート調査(2010年)によると、葬式費用の全国平均は199万9000円。形式は仏式が約90%を占め、葬式の場所は、葬祭センターなどの葬儀専用の式場が約75%だった。費用は、地域や参列者数、祭壇の豪華さなどにより変わるが、目安になりそうだ。

 金額の内訳は、「葬儀一式費用」「飲食接待費用」「寺院への費用」で、葬式にかかる費用のほぼすべてが含まれている。「葬儀一式費用」は、通夜や告別式、火葬などの費用で、同協会のアンケートでは、全国平均が126万7000円となっている。

 「飲食接待費用」は、通夜や火葬後の会食で出す料理や、参列者への返礼品など。アンケートでは全国平均が45万5000円。「寺院への費用」は、読経や戒名に対する僧侶へのお布施で、全国平均は51万4000円だった。

続きを読む


photo credit: batintherain via photopin cc

photo credit: batintherain via photopin cc

人生の「終活」トラブルも 葬儀相談、9年で3倍

 「人生の最後を自分らしく」と葬儀や墓などを準備しておく「終活」が話題を呼ぶ中で、契約をめぐる相談も目立ってきた。一人暮らしの高齢者や老夫婦が「周りに迷惑を掛けたくない」と生前に契約してトラブルになる例もある。

 国民生活センターによると、全国の消費生活センターなどが平成24年度に受けた葬儀に関する相談は700件と過去10年間で最多となり、15年度の3倍超だった。「親の葬儀で予想以上の金額を請求された」など本人以外の死に関するケースが中心だが、中には「自分の葬儀を事前契約したが解約したい。返金されるのか」といった終活の相談もある。

 65歳以上からの葬儀解約をめぐる相談は15年度の10件から、24年度は72件に増えた。墓に関する相談は24年度が1664件で、15年度の1.4倍に。国民生活センターは「墓や葬儀の出費は高額。できれば事前に複数の業者に見積もりしてもらって」と助言する。

続きを読む


エコヤギたちの気を引こうとする女の子(出所:AFPBBNews)

エコヤギたちの気を引こうとする女の子
(出所:AFPBBNews)

米ワシントン議会墓地に「エコヤギ」の群れ、除草と肥やしが使命

 米ワシントンD.C.(Washington D.C.)の連邦議会議事堂(Capitol Hill)近くにある歴史ある議会墓地(Congressional Cemetery)に隣接した緑地に7日、ヤギの群れが放たれた。

 「エコヤギ(Eco-Goat)」と呼ばれるこのヤギたちの使命は、米閣僚や議員経験者、最高裁判事、元軍人たちが眠る墓地の周囲、2エーカー(約8000平方メートル)の土地に茂ったツル植物や毒性の強いツタ、コケやシダ類を取り除きながら、土壌を肥沃(ひよく)にすることだ。7日から6日間、24時間態勢で「使命」に臨む。除草が必要な土地がアナコスティア川(Anacostia River)に近いため、除草剤の使用を避けた結果のヤギ投入という。

 ワシントンの議会墓地に眠る有名人には、米連邦捜査局(FBI)のジョン・エドガー・フーバー(John Edgar Hoover)元長官やエルブリッジ・ゲリー(Elbridge Gerry)元副大統領、写真家のマシュー・ブレイディ(Mathew Brady)などがいる。

 

 暑中お見舞い申し上げます。お盆に入ってから日本列島は記録的な猛暑に見舞われていますが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

 お盆休みで故郷に帰省されていたり行楽地に出かけられたりしている方が多いかと思いますが、コトダマの里は通常通り営業しております。東京都内は電車も街中も閑散としていますが、コトダマの里はお盆ということでいつもよりタマシイさんたちで賑わっております(笑)。

 今回のコトダマ新聞は、コトダマの里の広報・営業・総務部長兼昼食調達係のAzuが担当いたします。お客様からのお問い合わせはわたしが承りますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

続きを読む


改装の主な手順(出所:日経電子版)

改装の主な手順(出所:日経電子版)

墓を引っ越し身近で守る 「改葬」の費用と手続き

 お盆に帰省して墓参りをする人は多いだろう。実家が遠いと墓参りの機会はどうしても少なくなりがち。将来、誰が墓を守るかも心配だ。最近は自宅近くに墓を引っ越す「改葬」を考える人が増えている。…(中略)…

 改葬は基本的に墓の使用者が自由にできる。ただ、新しい墓を確保して、元の墓から遺骨を移せば済むわけではない。一度埋葬した遺骨を勝手に動かすのは法律違反。そのため役所や墓の管理者に許可を得る手続きが必要になる。
 個人の墓は通常、墓の管理者に永代使用料を払い、特定の区画の使用権を取得する。取得した区画に自分で購入した墓石を置き、遺骨を納める仕組みだ。原則として墓の管理者は自治体か宗教法人。地方では寺などが管理する墓地に信徒が墓を持つ「寺院墓地」が多い。
 改葬の手続きは新しい墓と元の墓それぞれで必要だ。主な手順は(1)新しい墓の管理者から遺骨の「受け入れ許可証」などを取得する(2)元の墓がある市区町村に改葬許可申請書と新しい墓の受け入れ許可証を提出する(3)改葬を認める「改葬許可証」を新しい墓に提出する――の3つだ。…(中略)…

 改葬にかかる費用でトラブルになりやすいのが元の寺院墓地の管理者に払うお金。「離壇料(りだんりょう)」などと呼ばれる。「最近は100万円を超える高額の請求をする寺が目立つ」とNPO法人永代供養推進協会の小原崇裕代表理事は眉をひそめる。
 墓地を移る際に、元の墓の管理者に「今までお世話になった感謝の気持ち」として、金銭を渡す慣習はある。だが、寺院などが支払いを求める「法的な根拠はない」(小原氏)。改葬の許可には墓地管理者の署名が必要なため、求められると払ってしまうケースがあるという。
 墓コンサルタントの吉川氏はスムーズに手続きを進めるコツとして「早い段階で寺に改葬の相談をしておくこと」を挙げる。管理者は信徒が減るのを快く思わないため、事前の相談なく改葬の許可を求めに行くと話がこじれやすい。事情をよく説明し「包むのはあくまで気持ち。法要1回分くらいで良いのでは」と話している。

続きを読む