動画(音楽)をオフライン(ダウンロード)再生する(2)~ビデオ ダウンローダー(Video Downloader)の使い方  
  • こんにちは。コトダマの里の“ニューメタル少年”Takeです。
  • おうおう、こんにちは。このあいだ動画をダウンロードできるアプリのClipbox紹介してくれて、使いやすくて重宝しておるよ。
  • ただ、ふだんよく使うサイトでダウンロードができないものがあっての。他に使えそうなのがないかなあ~、なんて!?

続きを読む


近代デジタルライブラリーとKindleアーカイブを比べる  

血税投じたデータにタダ乗り? アマゾンが国会図書館使って電子書籍販売

 ……(前略)……であれば、今回の件は全然問題は無いのだろうか? 確かに法律上問題はないとしても、事情を単純に言い換えれば、「国民の税金を使って国が電子化したデータをAmazonがそのまま流用し、売上があがっても日本に対する税金は一切払わない」という話なのである。

 読者としては安い本が買えれば嬉しいけれど、自分納税した税金の成果が外国に一方的に流れて自分の国に帰ってこない……といったところか。

 もっとも国の側も、手をこまねいているわけではない。内閣府では、国際課税ディスカッショングループが「国境を越えた役務(サービス)の提供に対する消費税」について検討をしており、これに関する国際課税が法案として成立すれば、このようなねじれた事象はある程度解消するはずだ。

続きを読む


超簡単! メモ帳アプリSimplenoteの使い方  
  • こんにちは。コトダマの里の“ミニマリスト”Takeです。
  • おうおう、こんちわ。
  • ところでの、お主と付き合うようになってから、わしもタブレットは使うわスマホは使うわパソコンは使うわ、すっかりマルチデバイスになっての。うちの嫁なんか「おじいちゃんが最近すっかりマルチにはまっちゃって……」とか近所の人に言いふらすし。
  • それはそれは。あいかわらずおじいちゃん想いのお嫁さんですね。
  • それでマルチなのはいいんぢゃが、データのやりとりが面倒での。とくに、ちょっとしたメモ

続きを読む


インフルエンザ予防のための正しい手の洗い方  

 コトダマの里のAzuです。秋の気配も色濃くなり、いよいよこれから本格的に寒くなってきそうですが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

 ところで、巷ではエボラウィルスの話題で持ちきりですが、もっとおなじみのインフルエンザもそろそろ流行の兆しが見えてきました。先日のニュースでは、愛知、山形などで今季初めてインフルエンザの集団感染で学級閉鎖されたと報じられていました。

 とくに高齢者の方にとってはインフルエンザは身近で現実的な脅威です。予防対策をしっかりして流行に備えましょう。

続きを読む



動画(音楽)をオフライン(ダウンロード)再生する(1):Clipboxの使い方  
  • こんにちは。コトダマの里の“ニューメタル少年”Takeです。
  • おうおう、このあいだは音楽アプリをいろいろ紹介してくれてありがとの。おかげで最近は若い頃を思い出してハードロックを聞きまくっていての。昨日はイギリスの友人と最近のロックシーンについてオンラインで語り合ってしまったわ。
  • それはそれは。回春したようでなによりです。
  • ところでの、YouTubeとか便利なんだけどの、これってネットにつながってるときしかダメなんぢゃろ?。iPadとかタブレットは家にいるときはWi-Fiでつながるからいいけどさ、外に出るとつながらないぢゃん。ていうか、モバイルルータを使えばつながるけど、動画とかだと通信量もバカにならんぢゃろ? ネットにつなげなくても見れる方法ないのかの?
  • それはいわゆる「オフライン(ダウンロード)再生」というものですね。
  • もちろんできますが、Googleの手前ここは手短に説明したいと思います。
  • そうかい。それぢゃあGoogleの手前あまり詳しいことは聞かないから手短に説明してくれんかの。

続きを読む


中世スコラ哲学の「神」に似てきた「電子書籍」

大手出版各社、電子書籍急伸に期待 「紙の25%に」

 長く続く出版不況を、出版社はどのように打開しようとしているのか。朝日新聞社は大手出版7社に取材し、今後の展望を尋ねた。紙の本の市場がピークの3分の2の水準に落ちるなか、電子書籍市場の急激な伸びにほぼ全社が期待を寄せていた。

 講談社の野間省伸社長は「電子書籍市場が伸びていないというのは大いなる誤解。スマホで読む人が大半で、とくにマンガ市場が伸びている」と指摘する。集英社の電子書籍も前期比200%を超える伸びという。光文社の電子化された雑誌はまだ少ないが、丹下伸彦社長は「一挙にやろうと思っている」と話した。端末は苦戦していても、書籍そのものは好調と答える社が多かった。

続きを読む


おすすめのWEB漫画(スマホ漫画)を鬼紹介!  

 前回の記事WEB漫画(スマホ漫画、アプリ漫画)について簡単に説明しました。今回はWEB漫画に馴染みのない方でも無料で手軽に読める有名または人気のWEB漫画をセレクトして紹介していきたいと思います。

  • この記事は今後も随時更新します。
    [2014.11.30]ぷら@ほ~む追加 [2014.11.19]Comic it、ツイ4追加 [2014.11.11]少年ジャンプ+ NARUTOアプリ追加 [2014.11.01]MANGA pixiv追加

続きを読む


THE PENISMAN  

 「コトダマ新聞」の方でWEB漫画を取り上げましたが、それを捕捉する意味で「WEB漫画の読み方・愉しみ方」について、以前紹介した『東京喰種トーキョーグール』の石田スイ先生によるWEB漫画の金字塔『THE PENISMAN』を題材にして少し紹介したいと思います。

続きを読む


WEB漫画とはナニ?  

 最近、電子コミックをオンラインで、すなわちWEBサイトやスマホアプリで無料で配信するサービスが増えてきました。もちろん海賊版の違法ダウンロードサイトではなく、合法的な正規のサービスです。そのなかには漫画の試し読みやプロモーション(販促)のためではなく、全話(全部)無料・無制限で公開されているものもあります。そうした漫画の多くは、いわゆる「WEB漫画」と呼ばれているものです。

 今回(および次回)は、このWEB漫画にスポットライトを当てて解説したいと思います。

続きを読む


NHKドラマ『キルトの家』

NHKドラマ『キルトの家』

【新・仕事の周辺】山田太一(脚本家、小説家) 魂のはなし

 二年ほど前、ある日、吉野さんの詩句がむくむくとこみ上げたことがあった。

 老人の多いドラマを書こうとしていた。取材でいくつかの老人ホームを歩いた。

 入居者の症状が重くて、息詰まるくらい静かなホームがあったり、カラオケ大会、絵てがみ、コーラス、ダンスまで用意されているホームもあり、そのどちらのあり方も現実に老人を引き受けてみて、とりあえず他の方法はないだろうという切実さに満ちていたから、私になにかをいう資格などないのだけれど、この世界の奥行きは、ちょっと途方にくれるくらいまだまだ奥が深いのではないかと思った。

 ……(中略)……

 ホームの平穏は、スタッフの努力と共に老人たちの諦(あきら)めと抑制で維持されていると感じた。コーラス一つとっても立ち入ればいろいろあるにちがいない。カラオケだって。

 〈日々を慰安が吹き荒れる(略)さみしい心の人が枯れる〉(「日々を慰安が」)という吉野さんの詩を思い出した。それから次々と甦(よみがえ)り、ドラマでは次の「burst」の一節を引用したいと申し上げた。快諾して下さった。

 〈魂のはなしをしましょう/魂のはなしを!/なんという長い間/ぼくらは 魂のはなしをしなかったんだろう--〉

 ホームには、歳月をかけて厚くつもった魂がぎっしりあって、そのほとんどが口にされていないという思いがあとを引いているのだった。

続きを読む


Malala Yousafzai addresses United Nations Youth Assembly

Malala Yousafzai addresses United Nations Youth Assembly

マララさん タリバン銃撃乗り越え国連演説全文「1人の子ども、1人の教師、1冊の本、1本のペンでも世界を変えられる」

 親愛なる少年少女のみなさん、私たちは暗闇のなかにいると、光の大切さに気づきます。私たちは沈黙させられると、声を上げることの大切さに気づきます。同じように、私たちがパキスタン北部のスワートにいて、銃を目にしたとき、ペンと本の大切さに気づきました。

 「ペンは剣よりも強し」ということわざがあります。これは真実です。過激派は本とペンを恐れます。教育の力が彼らを恐れさせます。彼らは女性を恐れています。女性の声の力が彼らを恐れさせるのです。

続きを読む


iOSはいつアップデートするべきか  
  • このページではブラウザおよびテーブル(表)の右側に緑色のスクロールバーが表示される場合があります(パソコンの場合)
 
  • こんにちは。コトダマの里の“りんごがかり”Takeです。
  • 前振りはいいから、ちょっと教えてくれんかの。
  • はいはい、なんでしょうか?
  • iPadの「設定」のところに赤丸数字1(バッジ)があって、ちょっと中を見たら「ソフトウェア・アップデート」のところに「iOS8.0.2」ってあって、「このアップデートは、5.9GB以上の領域が必要なためインストトールできません。」てあるんだけど、これってどうしたらいいの
  • はいはい、それはiPhoneやiPadの基本ソフト(OS)であるiOSのアップデートのことです。

続きを読む


photo credit: TRphotoarchive via photopin cc

photo credit: TRphotoarchive via photopin cc

  • このページではブラウザの右に緑色のスクロールバーが表示される場合があります(パソコンの場合)
 

TDLでは60歳以上、USJでは65歳以上が「シニア」

 コトダマの里のAzuです。このところ噴火に台風と自然の威力を改めて痛感させられる出来事が相次き、穏やかな秋晴れが恋しい今日この頃です。

 ところで、わたしの知り合いに千葉に住んでいる60歳代前半の夫婦の方がいて、関西に住んでいる息子さん夫婦とお孫さんが帰省したときにはみんなで近くの東京ディズニーランド(TDL)に行くのが恒例だそうです。そして御夫婦はTDLに行くさいはいつも60歳以上からの割引チケットである「シニアパスポート」を利用しています。

 それでこのあいだ、こんどは御夫婦が関西の息子さん夫婦のところへ遊びに行くことになり、ついでにユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)にみんなで行くことになったそうです。そこで御夫婦はUSJの「シニアパス」を利用しようとしたら、USJの方は65歳以上になっていて驚いたそうです。そして同じ「シニア」という名称を使っているのに紛らわしい、と少し釈然としない様子でした。

続きを読む


photo credit: brtsergio via photopin cc

photo credit: brtsergio via photopin cc

NHK「あさイチ」で孤立したひきこもりや高齢化したニートを意味する「SNEP(スネップ)」を紹介

 24日放送の「あさイチ」(NHK総合)で、孤立無業者を指す「SNEP(スネップ)」を紹介した。

 この日の番組では、女性の孤立・ひきこもりについて特集したが、その中で「SNEP」について紹介。

 「SNEP(Solitary Non-Employed Persons)」とは、ひきこもりや高齢化したニートなど孤立無業者を指す新しい定義で、(1)20歳~59歳である、(2)現在結婚していない、(3)仕事をしていない、(4)2日以上ひとり、もしくは家族としか話さない、のすべてに当てはまるとSNEPに該当するのだという。

 番組では、こうしたSNEPは2011年に162万人にのぼり、この10年でおよそ2倍に増えていると伝えた。

続きを読む


おすすめの音楽アプリ…ていうか、音楽アプリってナニ?  

スマホやタブレットで音楽を聞くための「音楽アプリ」

  • こんにちは。コトダマの里の“永遠のロック少年”Takeです。
  • おうおう、いいところに来た。またちょっと聞きたいことがあっての。
  • はいはい、なんでしょう?
  • これまでいろいろ教えてもらったおかげで、最近はいつもタブレットで漫画や動画を見ていての。すっかり中二の頃に戻った気分ぢゃよ。
  • それはそれは。回春したようで何よりです。
  • ところでさ、そんなことしているうちにその頃よく聞いていた曲をまた聞きたくなってきての。

続きを読む


photo credit: AlicePopkorn via photopin cc

photo credit: AlicePopkorn via photopin cc

「物は言いようだよなぁ…」なんとなく騙された気がする求人募集あるある その2

「心理カウンセラーの資格を持っているから応募したのに、ただの占い記事作成だった」(28歳/IT)

 ファッション関係とは書かれていないものの「女性に特化したメルマガやライター」を募集している場合は、ほとんどが占いやスピリチュアル系のライター募集です。占い相談記事の返答はテンプレートがだいたい決まっているので、所々書き直して相手に返信、なんていうのがメジャー。相談されているわけでもなければ悩みの解決でもありません。
 「女性大募集! ウェブライター」→「女の子って占いとか好きでしょ? 適当にそれっぽく返信しておく仕事だからお願いね」

続きを読む


TVアニメ『東京喰種トーキョーグール』

TVアニメ『東京喰種トーキョーグール』

 こんにちは。コトダマの里のAzuです。秋の気配が濃厚となりつつある今日この頃、気温も急速に変化してきているようです。こうした時期は体調を崩しやすいので、皆様にはお体にお気をつけ下さい。

 ……と言っている当のわたしが、じつは少し体調を崩しております。原因は…… 先週紹介したカネキ君のせいです!

TVアニメ『東京喰種トーキョーグール』

TVアニメ『東京喰種トーキョーグール』

続きを読む



NHKスペシャル『臨死体験~立花隆 思索ドキュメント 死ぬとき心はどうなるのか』

NHKスペシャル『臨死体験~立花隆 思索ドキュメント
死ぬとき心はどうなるのか』

 

 人間の心にはいろいろな矛盾がある。その一つは、「真実を知りたい」という気持ちと同時に「真実を知りたくない」という気持ちがあることだ。そしてこの矛盾がもっとも峻烈な形で現れるのは、「死」についてだろう。

 つまり、死についてのて真実を知りたいという気持ちは最大限に強い一方で、いわばその反作用として、真実を知りたくないという気持ちも最大限に働く。ゆえに死について考えることは、人間の心に最大限の葛藤をもたらす。

 ただいずれにしても死は人生における最後にして最大のイベントなので、とりあえず真実を知る方向でほどほどに――度が過ぎると健康に良くないと思われる――考えてみることは有意義なことであろう。

 このとき頼りになる人物の一人は、ノンフィクション作家の立花隆氏である。「頼りになる」のは、博識だからとかとか本をたくさん書いているからとかという些末な理由からではなく、立花氏の「真実を知りたい」という気持ちが「真実」だと思えるからだ。余談だが「ノンフィクション作家」という呼び方は立花氏によく似合う。自分が真実だと思ったことを他人に分かりやすく伝える能力は当代随一であることは誰しも認めるだろう。

 その立花氏が「臨死体験」についての「真実」を追い求めたドキュメンタリーが、先日9月14日に放送されたNHKスペシャル『臨死体験 死ぬとき心はどうなるのか』だ。

 立花氏はすでに『臨死体験』という著作を1994年に著している。今回のドキュメンタリーはそれから20年後の現在、臨死体験の謎の解明はどこまで進んだのか、ということがテーマである。

 以下ではまず番組の内容を概略したうえで、最後にごく簡単に感想を述べておく。

続きを読む