Chromecastテレビで格安スマホのストレス解消  
  • こんにちは。コトダマの里の“クリぼっち”Takeです。
  • おうおう、いいところに来た
  • はいはい、また何か御用向きでしょうか?
  • じつは孫のタマ太からクリスマスプレゼントでChromecastをもらっての。
  • 「おじいちゃんは格安スマホで頑張っているから、ボクからご褒美におじいちゃんの好きな画像や動画がたくさんテレビの大画面で見れる魔法のスティックをプレゼントするよ!」と言うんぢゃよ。
  • どうも格安スマホのせいで好きな動画を見るのを我慢していると思っているみたいなんぢゃよ。
Chromecast

Chromecast

  • それはそれは。おじいちゃん想いの良いお孫さんですね。
  • ただ、「使い方はTakeさんに教えてもらってね!」と言うわけよ。
  • そうですか、やっぱり……
  • わかりました。それではタマ太くんの期待に応えて、Chromecastの使い方を簡単に説明しましょう。

続きを読む


格安スマホライフにおすすめのアプリ: (2)2chMateの使い方TIPS  
  • こんにちは。コトダマの里の“モナー系”Takeです。
  • おうおう、いつも世話になっておるの。
  • どうですか、格安スマホライフはエンジョイしていますか?
  • まあの。最近は「小説家になろう」のファンタジー小説で異世界トリップを満喫しておるわい。
  • それはそれは。回春できそうですね。
  • ところで異世界もいいんぢゃが、もっとこうリアルにトリップできそうなのはないんかい?
  • うーん、ちょっと期待しているものとズレるかもしれませんが、格安スマホライフをエンジョイするためのテキスト系サイトという観点から言えば、いわゆる掲示板サイトがよろしいのではないでしょうか。

続きを読む


格安スマホライフにおすすめのアプリ:(1)小説家になろうダウンローダ―の使い方  
  • こんにちは。コトダマの里の“節約生活評論家”Takeです。
  • おうおう。毎度世話になっておるの。
  • ところで、最近外に出かけるときに格安スマホを持ち歩いているんぢゃが、格安スマホは外でネットにつないで動画を見たりゲームしたりするのには向かないんぢゃろ? そうすると、わしゃそれ以外にスマホでしたいことはとくにないんぢゃが……
  • 別に無理に何かする必要はありませんよ。とりあえず携帯電話としてあればいいという人は多いですし。
  • ただ格安スマホライフを満喫するためには、この機会に格安スマホにふさわしい趣味や娯楽をもつのもよいかもしれません。
  • なんぢゃその「格安スマホにふさわしい趣味や娯楽」って?

続きを読む


山岸凉子『朱雀門』0  

婚活のせつない事実 女性が求めるのは…イケメンか年収1000万円以上?

 女性は若くて美しければ低収入でも結婚できる。男性は300万円以上の稼ぎは必須で、500万円以上あれば有利。ただし、若々しい外見と誠実さ、そして安定性がなければ難しい--。

 20代・30代の独身男女にアンケートを取ると、露骨な結果が出た。自由回答欄を見ても、「年収を理由に振られた」(年収300万円未満)、「年収が低いため、養っていく自信がない」(同300万~500万円未満)など、年収500万円未満の男性からは濃厚なあきらめムードが伝わってくる。(以下省略)

 

 コトダマの里のAzuです。選挙も終わり、いよいよ忙しい年の瀬に突入していますが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

 ところで、わたしの知り合いの30代の女性で現在婚活中の人が何人かいます。どの人も何らかの婚活サービスに登録して真剣に取り組んでいるようですが、みなさんなかなかすんなりはいかないようです。

 わたしはすでに達観していますが、なかなかいい人いないなあ、と思い悩んでいた時期がたしかにありました(遠い目)

 そんなときにふと偶然出会ったのが、山岸凉子先生の『朱雀門』

 読み終わったときに冷たい氷のつららが心臓に突き刺さったように全身硬直してしまい、すぐさま目をつぶって本棚に押し入れてしまいました(恐怖)

続きを読む


eBookJapanがマンガ好きの男女に聞いた「クリスマスにデートしたいマンガキャラ」ランキング

eBookJapanがマンガ好きの男女に聞いた「クリスマスにデートしたいマンガキャラ」ランキング 女性部門は田之倉悠斗、男性部門は音無 響子が1位に!

 イルミネーションが冬の街を彩り輝く季節、クリスマスも近くなってまいりました。今回はそんな季節に誰とどんなデートをしたいか、という観点でアンケート調査を行いました。

 男女別のランキングで見てみると、女性の1位はテレビドラマも高視聴率を記録している「きょうは会社休みます。」の田之倉悠斗がランクインしました。男性は長年の憧れのキャラクター「めぞん一刻」の音無響子が1位という結果になりました。

 

 コトダマの里のAzuです。本格的に寒くなり各地で大雪のニュースも出始めていますが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

 ところで…… 皆さんは見ていますか? 10月から始まった話題の人気ドラマ『きょうは会社休みます。』

 わたしの友だちもみんな見てます。ちなみにみんな主人公の花笑(はなえ)さんよりひとまわりほど年増です(苦笑) 毎回ドラマが終わった後に「今日の加々見クンには萌えたわ~」とかメールが来たりしてます(加々見クン逃げてー

続きを読む



iPadでOfficeを使おう:Excel編  
  • こんにちは。コトダマの里の“βテスター”Takeです。
  • おうおう、いつも世話になっておるの。
  • どうですか、長編自分史の進みぐあいは。iPadのWordは使えそうですか?
  • まあの。ただ今は全体の構想を練っているところでの。構想を練ったりアイデアを出したりするのは、やっぱり紙の方がいいよの。
  • そうですね。タブレットに向かっているとついYouTubeとか見てしまいますからね。

続きを読む


「に」と「を」の違い~あるいは魂を言葉で伝えることの難しさ

photo credit: Scott Hudson * via photopin cc

憲法前文「『に』を『を』に」 変更求める石原氏に首相「どうか『忍』の一字で…」

 ……質問を志願したという石原氏が取り上げたのは憲法の前文。作家でもある石原氏は「諸国民の公正と信義『に』信頼して…」の部分について、正しくは「信義『を』信頼…」だと指摘。「間違った助詞の一字だけでも変えたい。それがアリの一穴となり、自主憲法の制定につながる」と訴えた。

 安倍晋三首相は石原氏の違和感に同意。「一字であっても変えるには憲法改正が伴う。『に』の一字だが、どうか『忍』の一字で…」と述べ、笑いを誘った。

 

 先日必要があってネットで翻訳関連の調べものをしていたときに、たまたま一ヶ月ほど前のこの話題についてのいくつかの記事を目にした。

 ちょっと気になったのでいろいろ調べてみると、わたしが見た限りではどれも「日本語の正しさ(または英文原案の翻訳の正しさ)に問題をすり替えるのはおかしい」とか「そもそも石原氏が『日本語の正しさ』を問題にするのはお門違い(つまり自身の日本語はどうなのか)」という論点に矛先を向けているようだ。

 わたしはそれは少し論点がズレていると思ったので、メモ書きしておく。

続きを読む


iPadでOfficeを使おう:Word編  
  • こんにちは。コトダマの里の“互換チェック担当”Takeです。
  • おうおう、いつも世話になっておるの。
  • ところで、MicrosoftのOfficeがiPadで使えるようになったそうぢゃないか?
  • ええ、「Office for iPad」のことですね。もともとアメリカでは「Office 365」という定額制のソフトウェアサービス(クラウドサービス)の利用者は使えるようになっていたのですが、先月から基本的な編集機能が無料で利用できるようになり、それに併せて日本でも利用できるようになりました。
  • そうかい! それぢゃあWordの文書Excelの表PowerPointのスライドiPadでタダで作ることができるんぢゃの!
  • まあ、そういうことになりますね。

続きを読む


終わりなき日常を生きる糧としての「キャラもの」

イラスト付きでもライトノベルじゃない!ヒット続出の「キャラもの」小説とは?

 近頃、書店の売り場を訪れると、イラスト付きの文庫小説が売り場を席巻していることに気が付く方も多いのではないだろうか。イラスト付きの文庫小説といえば、いわゆるライトノベルが主流とされているが、また新たな勢力が席巻し、出版界のトレンドになりつつある。

 こうした小説本は、いったいどのような内容で、どんな読者層にリーチしているのだろうか。実際に手に取って見ると、大まかな傾向が見えてくる。「いわゆる萌え志向のライトノベルではない」「現実世界の設定が多い」「軽めのミステリー的な話が多い」といったところか。

 こういった作品群のジャンル名は様々で、「キャラ文芸」「キャラミステリ」「ライトミステリ」などと、出版社や各書店の売り場によっても呼び方が変わる。「まだ新しいジャンルなので、呼び方は一定していないようです。ただ、出版社の間ではすでに売れ筋ジャンルとして認知されており、『キャラもの』とか『キャラクター系』というくくりで営業同士が話すことが多いです」(出版社営業)

 各出版社では、ヒットを受けてこうした「キャラもの」ジャンルの新レーベルを作り始めている。今年は特に当たり年で、6月にライトノベルの老舗、富士見書房が「富士見L文庫」を、9月には大手の新潮社が「新潮文庫nex」を始めたのに続き、11月5日には白泉社が「招き猫文庫」、11月20日には朝日新聞出版が「朝日エアロ文庫」を創刊した。今後もさらに、同じキャラクター小説ジャンルでの文庫レーベルが生まれてくることは間違いない。次の100万部作品は、「キャラもの」から生まれるか!?

 

 じつはわたしはこの記事で初めて知ったが、時代のトレンドは「キャラもの」らしい。

続きを読む


C86・2014夏コミケ

C86・2014夏コミケ

電子書籍なのに手渡しで売る、これだ。同人誌即売会で見た対面電子書籍頒布の可能性

 本を持たずに、同人誌即売会に出よう!

 電子書籍といえば、Kindleやkoboなどオンライン購入が主流です。

 あえて、即売会で手渡しで、電子書籍を販売する。これが対面電子書籍。

 11月9日に、札幌で北海道コミティアが開催されました。

 オリジナル同人誌の即売会です。

 そこで頒布していたサークル「まるちぷるCAFE」さん。

 机に置かれていたのは、新刊と、あとは見本誌のみ。対面電子書籍の販売でした。

まるかふぇ電書

まるかふぇ電書

 

 コトダマの里のAzuです。冬の気配が次第に深まるなか、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

 ところで、シニアの皆様は「同人誌」というと、何を思い浮かべるでしょうか?

 おそらく俳句、短歌、小説、評論などの同人サークルの雑誌(書籍)を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。古くは夏目漱石らの『ホトトギス』、伊藤左千夫らの『アララギ』などが有名ですよね。

 でも、若い人たちはおそらく真っ先に漫画、アニメ、ライトノベル、ゲームなどの同人サークルの雑誌(書籍)を思い浮かべると思います。

続きを読む


格安スマホの初心者向けサポートは大丈夫か?  
  • こんにちは。コトダマの里の“永遠の初心者”Takeです。
  • おうおう。このあいだは格安スマホで世話になったの。
  • いえいえ。どうですか、その後の調子は?
  • それがの、わしはいいんぢゃが、わしの友だちのタマ輔さんがの、こんどガラケーから格安スマホに乗り換えたい、て言うんぢゃよ。
  • ほうほう、それがどうかしましたか?

続きを読む


グウィネス・パルトロウ

グウィネス・パルトロウ(photo:テレビ出演ランキング)

グウィネス・パルトロウ、「美しく歳をとりたい」?

 運営するサイト「GOOP」で日々デトックスの方法や美に効くレシピを発信、アンチエイジングに必死なのが明らかなグウィネス・パルトロウ。でも最近のインタビューで「ありきたりな言い方だと思うけれど“美しく歳をとる”ことに心から賛成しているの」と語り始めたとか! 「ある程度までエイジングと闘うことはできる。でも私は年齢を重ねた女性の美しさと、それに伴う賢さを受け入れたいと思っているの」と語っているとか。

 

 コトダマの里のAzuです。冬の気配が次第に深まるなか、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

 ところでわたしはといえば、気温が寒くなってきているのに伴って、フトコロもココロもだんだん寒くなってきていて……( ┰_┰)

 いえ、フトコロが寒いのはもとからなのですが、最近はココロの方も寒くなってきていて…… というのは、どうも近頃お肌の具合がイマイチで、いわゆるハリがなくなって化粧のノリも悪くなってきたような……

 空気が乾燥してきたからかもしれませんが、もともとそれほど乾燥肌ではなくこれまでは冬になったからと言ってとくに大きく変化することはなかったのですが……

 これはもしかして……歳のせいΣ( ̄ロ ̄lll)

続きを読む


なるほどの!格安スマホ(SIM):Opera Maxでデータ通信量を節約しよう  
  • こんにちは。コトダマの里の“節約主夫”Takeです。
  • おうおう、こんちわ。昨日は世話になったの。
  • さて、先日は格安スマホでWEBサイトを見るときにブラウザアプリでデータを圧縮して通信する方法について説明しました。
  • そのさい前回はChrome、Firefoxを取り上げましたが、今回はOperaを取り上げたいと思います。
  • なんぢゃいその宝塚みたいなアプリは?

続きを読む


なるほどの!格安スマホ(SIM):ブラウザのデータ通信量を節約しよう  
  • こんにちは。コトダマの里の“増税断固反対”Takeです。
  • おうおう、こんちわ。年金暮らしとニートにはインフレと増税のダブルパンチは冬の木枯らしのように厳しいのお。
  • まったくですね。ただそんなときこそ、庶民は生活防衛に知恵を働かせなければいけません。
  • そこで、格安スマホ(格安SIM、MVNO SIM)です。
  • キャリアのiPhoneFacebookにグルメランチの写真をアップするのは丸の内のOLの方々にお任せしましょう。
  • 我々はせいぜい格安スマホ「中野のメイド喫茶に妹連れて行った結果wwwwwwww」とか2ちゃんねるにスレ建てできればそれで十分です。
  • お主そんなことばっかりしてるんかい。
  • ただ以前も申しましたが、格安スマホを使いこなすにはそれなりの知恵と工夫が必要です。また節約のためには労力を惜しまない生活態度も重要です。
  • そこで今回は、そうした知恵と工夫の一つとして、モバイルデータ通信をするときの通信量の節約について説明したいと思います。
  • ほうかい。よろしくの!

続きを読む


「マインドフルネス」と「止観」について

photo credit: PeterThoeny via photopin cc

 

 先日のAzuさんの記事について、わたしなりに考えたことを補足(蛇足)として追記してみたい。

 「マインドフルネス」は仏教の瞑想法の一つの方法論から派生して、現在では精神的・身体的な健康法の一種として普及しているようである。

 わたしは精神的・身体的な健康法の一種として研究が進んでいくことはよいことだと思う。ただそれは、もともとの仏教の教義とは別物と考えるべきだろうし、宗教とも切り離して考えるべきだと思う。

続きを読む


マインドフルネス瞑想法~自分の心に気づく方法

photo credit: RelaxingMusic via photopin cc

マインドフルネス 注目集まる理由は?

 阿部「今、海外で話題となっている取り組みです。」

 カナダ中部の町、ウィニペグ。
 人々が集まって始めたのは…。
 「瞑(めい)想」です。

 集中力が上がるのではないかと注目されているのです。

 参加者「とてもリラックスできて、一日を頑張ることができます。」

 この瞑想、海外では「マインドフルネス」と呼ばれ、グーグルやインテルなど、ストレス対策として社員 研修のメニューに取り入れる企業が増えています。
 アメリカの雑誌「TIME」でも特集が組まれるほどの人気です。
 そして日本でも、先週、精神科医や臨床心理士などが集まって、学会のシンポジウムが初めて開かれました。
 治療に生かせないかと、期待が集まっているのです。

 

 コトダマの里のAzuです。最近ぐっと気温が下がって次第に冬の気配が色濃くなり始めてきましたが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

 ところで先日、NHKの「おはよう日本」の特集で「マインドフルネス」という瞑想法が紹介されていました。

 番組によると、この「マインドフルネス」という瞑想法は、グーグルやインテルなど米国の世界的な大企業が社員研修に取り入れていて、日本でも企業や医療機関などからストレス解消やメンタルヘルスの方法として注目を集めているそうです。

 わたしは名前だけは知っていたのですが、ちょっと気になったので調べてみました。

続きを読む


親子で(孫と)一緒に楽しめるおすすめの子供向け知育アプリ  
  • こんにちは。コトダマの里の“ベビーシッター”Takeです。
  • こんにちは。先日はお世話になりました。
  • いかがですか、その後タマ代さん眠れるようになりましたか?
  • おかげさまで、夢の中で日銀総裁が現れてうなされることもなくなり、ぐっすり眠れるようになったそうよ。
  • それはそれは。良かったですね。
  • 近くに住んでいる娘さんが心配して幼稚園のお孫さんと一緒にちょくちょく様子を見に来てくれるそうになったんだけど、最近はお孫さんと一緒に遊べるようなるまで元気を取り戻したようよ。
  • そうですか。じつはそれが一番効果があったのかもしれませんね。

続きを読む


「機械の作る文章」と「人間の作る文章」の価値

photo credit: pamhule via photopin cc

説執筆支援ソフトを活用して書かれた小説「僕は小説が書けない」が発売

 芝浦工業大学情報工学科の米村俊一教授は28日、同大学卒業生の作家・中村航氏と共同で、小説執筆支援ソフト「ものがたりソフト」を開発したと発表した。

 認知心理学で用いられる「プロトコル解析法」という手法を用い、米村教授が中村氏の発話内容を書き出し、思考の規則性を整理することで小説家の思考をシステム化。書き手の頭の中にある断片的な思考をつなぎ、1つのあらすじの作成をサポートしてくれるソフトを開発した。

 実際に同ソフトで作成したプロットを基に書かれた青春小説「僕は小説が書けない」(中村氏と中田永一氏の合作)が11月1日に発売される。

続きを読む


おすすめのリラックス&睡眠導入アプリ  
  • こんにちは。コトダマの里の“癒やし系”Takeです。
  • こんにちは。お久しぶりです。
  • これはこれはおばあちゃん、お久しぶりでございます。お元気でしたでしょうか。
  • ていうか、チョット! 最近おじいちゃんばかり出ているじゃないのよ。おじいちゃんはもともとKindle担でiPadはわたしのものでしょ!
  • これはこれは失礼いたしました。ただおじいちゃんの話だと、おばあちゃんは嵐のコンサートで地方遠征に行ったきりここしばらくずっと家にいないとうかがっていましたが……
  • それとこれは関係ないの! おじいちゃんばかり目立つのが嫌なの!
  • これはこれは失礼いたしました。以後バランスに気をつけたいと思います。
  • わかったらいいわよ。

続きを読む