honto電子書籍ストア

honto電子書籍ストア

honto 2013年電子書籍ランキング

雑誌1位『週刊ゴルフダイジェスト』

出版社コメント:
 このたび『週刊ゴルフダイジェスト』が2013年の電子雑誌ランキング1位になりましたこと、大変嬉しく存じます。ご愛読いただいております読者の皆様に感謝いたします。
 近年、ゴルファーの間でもデジタルデバイスの利用者が俄然、増えております。そのような中、紙の雑誌だけでなく様々なデバイスで、あらゆる地域の方々に、紙の雑誌と変わらぬ情報量とクオリティのコンテンツをお届けすることが、ゴルフというスポーツの裾野を広げる私どもの使命であると考えております。
 今後も弊社では良質なデジタルコンテンツをお届けしてまいります。紙の雑誌・書籍ともどもご愛顧いただきますよう、お願いいたします。
 ゴルフダイジェスト社 デジタル事業推進部

続きを読む


eBookJapan

eBookJapan

マンガはおまかせ! eBookJapan

 こんにちは。コトダマの里の“自炊班長”Takeです。

 今回は“電子書籍ストアを斬る!”シリーズ第3弾「eBookJapan編」です。

 ところで、「ランキングに見る電子書籍ストアの「傾向と対策」~Amazon Kindleストア編」で、日本の電子書籍市場は2012年度で729億円で書籍全体の8%程度と述べました。
 さてそれでは電子書籍市場のなかではどのようなジャンルが人気でしょうか?

続きを読む


電子書籍を閲覧する端末(出典:ギズモード・ジャパン)

電子書籍を閲覧する端末
(出典:ギズモード・ジャパン)

 こんにちは。コトダマの里の“自炊係”Takeです。

 ところで前回、「Kindleストアで買う前に念のためkoboストアをのぞいてみてはいかがでしょうか」とご提案させていただきましたが、タマ子様より「Kindle fire HDでKindle本を読んでいるんだけど、楽天koboストアの本を読めるの?」というご質問をいただきました。

 大変失礼いたしました。この点若干説明を補足いたします。

続きを読む


koboイーブックストア 2013年年間ランキング

koboイーブックストア 2013年年間ランキング

koboイーブックストア 2013年年間ランキング

 総合1位「ロスジェネの逆襲」は8月下旬に配信開始になったため、集計期間(2013/1/1~10/15)を考えると驚異的な伸びを見せました。2・3位もドラマ「半沢直樹」原作の「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」となり、「半沢」人気を示す2013年ランキングとなりました。コミックでは「進撃の巨人 attack on titan」が1位。アニメ化となり既刊すべての購入が大きく伸びたこと、最新巻が紙・電子書籍同時発売となったことで躍進です。
 ビジネス書1位は「週刊ダイヤモンド」の人気特集記事を再編集・電子化した「最強の武器『統計学』」。紙の本にはない電子書籍オリジナルのシリーズがほか40冊弱あり、いずれも人気を集めています。紙の本と同じように楽しめたり、紙の本にはない本を楽しめたり。2014年も電子書籍の進歩とともに、Koboイーブックストアも進化をしていきます。どうぞご期待ください。

続きを読む


Best of 2013ランキング Kindle本

Best of 2013ランキング
Kindle本

Best of 2013ランキング Kindle本

 2013年のKindle本 年間ランキング 1位は、TVアニメで人気が爆発した、コミック『進撃の巨人 (11)』。小説では『オレたちバブル入行組』ほか池井戸潤の「半沢直樹」シリーズ 3タイトルがランクイン。気になるTVドラマの続きにあたる、第3弾の『ロスジェネの逆襲 』が総合2位につけた。

 Kindle化トップリクエストは、紙の本のKindle化 要望が強かったタイトルで、今年Kindleストアで発売されたもの(コミック・ライトノベルを除く)。『スタンフォードの自分を変える教室 』『ビブリア古書堂の事件手帖4』など、最近の話題作だけでなく、『銃・病原菌・鉄 上巻 』といったロングセラータイトルもランクインしている。

続きを読む


2011年の「今年の漢字」“絆”(出典:SankeiBiz)

2011年の「今年の漢字」“絆”
(出典:SankeiBiz)

飛び降り自殺の中3女子、「動画中継」していた? 大手マスコミが詳細を報じないのはなぜか

 滋賀県近江八幡市のマンション敷地内で2013年11月24日未明、中学3年生の女子生徒(14)が倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡した。警察は自殺と見ている。インターネット上ではその直前にウエブサービス「FC2」で「飛び降りる様子」を動画配信していた少女と同一人物ではないか、と注目を集めている。

 このネット上の盛り上がりに反し、大手新聞各紙の記事はいずれも小さく内容も必要最低限にとどまっている。動画の女性と同一人物かどうかは現時点では分からないが、仮にそうだったとしてもマスコミは大きく扱えない理由がある。

 ……(中略)……

 実は、自殺報道については、過去に何度も過剰な報道による「連鎖自殺」が指摘されたこともあって、大手マスコミは「自主規制」のルールを設けている。

 ……(中略)……

 なお自殺報道を巡っては、WHO(世界保健機関)もメディア関係者に向けた手引きをまとめており、「自殺を、センセーショナルに扱わない」「自殺の報道を目立つところに掲載したり、過剰に、そして繰り返し報道しない」「自殺既遂や未遂に用いられた手段を詳しく伝えない」などと呼びかけている。

続きを読む


6000円以上の赤系口紅が特に人気(出典:SankeiBiz

6000円以上の赤系口紅が特に人気
(出典:SankeiBiz)

アベノミクス効果?美意識は口元にも リップなど高単価商品が好調

 口紅や歯みがき粉など口元の美容に関する市場が活況だ。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」による景気浮揚感の後押しもあり、美意識は口元まで波及。瞳を大きく見せるためのマスカラやアイライナーなど目元メークへの関心が一巡したこともあり、唇を美しく見せるリップや歯を白くするホワイトニング(着色汚れ落とし)成分配合の高機能歯みがき粉が好調な売れ行きを見せている。

「口紅は前年比で2桁増で売れています。特に赤系の色は品切れが出るほど」

 都内百貨店の化粧品売り場の担当者はこう語る。実際、経済産業省の今年度上期(4~9月)の化学工業統計によると、化粧品目別の増減率ではファンデーション(前年同期比3.0%増)やアイメークアップ(6.5%減)に比べ、口紅(12.1%増)やリップクリーム(25.5%増)など唇向けの化粧品は大幅な伸びを示している。

続きを読む


Online dating for Baby Boomers(passionsearch.com)

Online dating for Baby Boomers
(passionsearch.com)

高齢者の「婚活」

2010年の国勢調査によると、65歳以上の高齢者のうち、一人暮らしの割合は16・4%。民間の結婚相手紹介サービスを利用する高齢者も目立ってきた。

 それに伴いトラブルも増加。結婚相手紹介サービスをめぐり、全国の消費生活センターに寄せられた相談件数のうち、60代以上は2005年度は8・1%(238件)だったが、09年度には14・7%(435件)に増えた。「条件に合う人を紹介してくれない」「説明と違う」といった相談だ。

 また、高齢者がインターネットを利用するようになり、出会い系サイトで被害に遭う例もある。

 甲信越地方の60代男性は、妻が死亡し、寂しさを紛らわすため出会い系サイトに登録。女性とのメール交換に「はまってしまい」、計500万円をサイト事業者に払った。やがて「料金未納で裁判にする」というメールが送られてくるようになり、不安になって昨年11月に消費生活センターに相談した。国民生活センターは「ネットで知り合ったメール交換の相手を簡単に信用しないで」と呼びかける。

続きを読む


平均59歳! 独身中高年が集う「婚活パーティー」潜入記(出典:Gendai.Net)

平均59歳! 独身中高年が集う「婚活パーティー」潜入記
(出典:Gendai.Net)

平均59歳! 独身中高年が集う「婚活パーティー」潜入記

 「婚活」に興味を持つ中高年が急増している。

 NHKの調査によると、50歳以上の単身者のうち、実に46%が“結婚”に興味津々。ただし、実際に婚活している人となると、わずか12%だ。

 取材したお見合いパーティーは、高齢者の婚活を描いた映画「燦燦」のタイアップ企画で行われたもので、男性50歳以上、女性45歳以上を条件に一般の男女13人ずつが参加。平均年齢は59歳(男性60歳、女性56歳)だ。

 ……(中略)……

 リタイアした中高年が多いとはいえ、気になるのは「女性が男性に求める条件」。結婚情報センター調べによると、50代女性の希望年収は651万円。とてもじゃないが、年金生活者にはベラボーな金額だ。

  「男性に安定した収入を求める女性もいる、という程度に考えてください。離婚経験のある女性も多く、最終的には人間味のある男性を選びますから」(主催の「パートナーエージェント」の松崎香奈氏)

続きを読む


映画『燦燦』主演の吉行和子さん(出典:MSN産経ニュース)

映画『燦燦』主演の吉行和子さん
(出典:MSN産経ニュース)

77歳の婚活 人思うやさしさ描く「燦燦」 主演・吉行和子に聞く

 高齢者が結婚相談所に足を運ぶことから物語が始まる「燦燦(さんさん)」が16日から、東京・有楽町のヒューマントラストシネマ有楽町などで全国順次公開される。主演は主人公とほぼ同い年、78歳の吉行和子。「演じていてとても楽しかった」と笑顔で話す。

 77歳のたゑ(吉行)は、長く介護していた夫と死別。夫の親友、森口(宝田明)が会長の老人クラブに入っているが、少しも楽しくない。淡々と過ぎていく日々の中で、人生を再び輝かせたいと願うようになる。

 たゑは結婚相談所に登録しようとして、相談員から「なぜ?」と問われる。「だって、人を思うとやさしい気持ちになれるでしょう」と答えるたゑ。吉行は、このせりふがとても気に入っているという。

 高齢者が映画などで描かれるとき、その人はあたかも生まれたときから高齢者だったかのように扱われることがあって不満だったという。本作の脚本・監督は33歳の外山文治が務めているが、吉行は「私もそうなんですが、年をとっても心は動いているんですよ。最初に台本を読んだときに、若いのに高齢者のことをちゃんと考えている人がいることに感激して、喜んで出演させていただくことにしました。役作りは不要で、共感しながら素直な気持ちで演じました」と振り返る。

続きを読む


子どもが欲しがっているクリスマスプレゼント(出典:SankeiBiz)

子どもが欲しがっているクリスマスプレゼント
(出典:SankeiBiz)

子どもが欲しがるクリスマスプレゼントにiPadなどのタブレットがランクイン

 株式会社タカラトミーエンタメディアが総合プロデュースしている、親子で楽しむスマートフォン・タブレット無料アプリ『FamilyApps』は、スマートフォンもしくはタブレットを利用していて、0~9歳の子どもを持つ20~40代の父親・母親を対象にインターネット調査を行ないました。

……(中略)……

 スマートフォン、タブレットのいずれも子どもに使わせている家庭では、親が購入予定(購入済)のクリスマスプレゼント、子どもが欲しがっているクリスマスプレゼント共に「タブレット・スマートフォン」が上位にランクインする結果となりました。

続きを読む


トイザらス「MEEP!」(出典:INTERNET Watch)

トイザらス「MEEP!」
(出典:INTERNET Watch)

トイザらス、ペアレンタルコントロール搭載のキッズ向けタブレット「MEEP!」

 日本トイザらス株式会社は、Android 4.0を搭載する子ども向け7インチタブレット「MEEP!(ミープ)」を4月26日に発売する。

 安全にタブレットを利用するためのペアレンタルコントロール機能を搭載していることが特徴。保護者はPCやタブレット、スマートフォンからMEEP!の管理サイトにアクセスし、子どものインターネットやアプリの使用制限、使用履歴、使用時間などを管理できる。

続きを読む


クリスマス商戦の“新常識”(出典:TV TOKYO)

クリスマス商戦の“新常識”(出典:TV TOKYO)

クリスマス商戦の“新常識”

トイザらスはクリスマス商戦に向け今年初めて子供用タブレットのコーナーを新設しました。きょう学研とコラボした「マナボード」とポラロイド社が開発した「レインボー・パッド」を販売開始。ともに子供向けで「知育」「学習」をテーマにした商品で、今後このような子供用タブレットの市場は拡大するといいます。

続きを読む


万聖節(Toussaint)(出典:Le Monde)

万聖節(Toussaint)
(出典:Le Monde)

そこまで服装にこだわらずともOKなフランスの葬儀とは

 11月1日フランスでは「万聖節(Toussaint)」だった。万聖節とは聖人たちを祝う日であり、故人を思い墓参りをする日だ。パリでも市内にある各墓地には多くの人が訪れ花を飾る。この前後、フランスの学校は休みにもなる。そこで日仏のお墓事情を比べてみた。

……(中略)……

 フランスのカトリックの場合、葬儀の雰囲気も日本とはずいぶん異なる。
 親族以外の参列者できっちり喪服を着る人は多くない。香典の習慣もなく、故人に献花し哀悼する。そして埋葬されると、冒頭に述べた11月1日などに墓参りを行い、墓の掃除をして鉢植えの菊などをお供えとして飾る。そのためパリ市内各所にある墓地では、この日は多くの花々で彩られ、より華やかな雰囲気に包まれる。

続きを読む


「芥川龍之介」『青空文庫』

「芥川龍之介」『青空文庫』

電子書籍とは何か(2)

……(前略)……

 「趣味」で本を読む人のなかには、その嗜好の対象に本に書かれてある「内容(情報や知識)」だけではなく「本というオブジェクト(物理的対象)」が不可欠のものとして含まれている人も少なくないと思われます。

 かく言うわたしも、本当に好きな本は紙の本で所有しておきたい、と思っています。もちろんその本の内容が好きだからではありますが、その「好き」という感情がある一定レベルを超えると一種の「偶像崇拝」のようになって「物体として愛でたい(崇めたい)」という感情に高まるのです。

続きを読む


Man Reading Book and Sitting on Bookshelf(Source:About Writing)

Man Reading Book and Sitting on Bookshelf(Source:About Writing)

一向に増えない利用者と利用希望者―定期調査「電子書籍」(9)

 このレポートは、インターネットコムと goo リサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「電子書籍」について調査した第9回である。

……(中略)……

 電子書籍/雑誌を読みたくないと答えた492人(全体の45.3%)に理由を質問したところ、「紙の書籍/雑誌の方が好き」(42.5%)、「画面では読みにくい」(42.1%)、「紙の書籍/雑誌で十分満足している」(35.2%)という答えが多かった。

続きを読む


電子書籍とは何か(1)

「電子書籍」を読んだことがありますか

一向に増えない利用者と利用希望者―定期調査「電子書籍」(9)

 このレポートは、インターネットコムと goo リサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「電子書籍」について調査した第9回である。

 今回も最初に「電子書籍/雑誌を読んだことがありますか」と尋ねてみた。「はい」は34.3%(前回34.8%)、「いいえ」は65.7%(同65.2%)で、状況に変化はない。また、この「いいえ」と答えた電子書籍の未経験者714人に読みたいかどうか質問したところ、「はい」は31.1%(同33.0%)、「いいえ」は68.9%(同67.0%)で、電子書籍/雑誌に対する関心が高まらないどころか、利用を希望しない人の割合が増え続けている。

続きを読む


応援してます。ガンバレうさぎさん!(出典:オフィシャルブログ「中村うさぎvsマッド高梨 ガチBLOG!」)

応援してます。ガンバレうさぎさん!
(出典:オフィシャルブログ「中村うさぎvsマッド高梨 ガチBLOG!」)

[中村うさぎ]「サンデー毎日」連載再開 せまる死を前に「遺言」をつづる

 原因不明の病で一時心肺停止となり、現在も入院中の作家・中村うさぎさんが雑誌「サンデー毎日」でタレントのマツコ・デラックスさんと週替わりで執筆しているエッセー「うさぎとマツコの往復書簡」の連載を11月5日発売号から再開、「私の遺言」として、目の前まで迫った死を振り返りながら、パートナーの必要性を訴えていることが分かった。

 エッセーの中で中村さんは、闘病生活で「人は誰かに甘えなきゃ生きて行けないのね」と思い知り、パートナーの必要性を指摘。「パートナーとはね、『生死を共にする相手』なのよ」と訴え、自分の夫がゲイであり、恋愛感情はないものの、たがいを必要とするパートナーであるとつづっている。またパートナーを結びつけるものとして「結婚」という制度が有用であるとも語っている。

続きを読む


日本の人口推移(出典:総務省『平成24年情報通信白書』)

日本の人口推移
(出典:総務省『平成24年情報通信白書』)

少子化は、個人と国家の間の「ケンカ」である Nick Sakai

……(前略)……

 社会保障の進んだ長寿国で、少子化が進むのは自然な流れです。誤解を恐れずに言えば、手厚すぎる社会保障は国家のマネージメントを根底から危うくする亡国の政策なのです。ちなみに、よく、介護ビジネスが成長戦略の柱だという主張がありますが、それは今まで家計が負担してきたコストを単に金銭化して市場に組み入れただけの話で、新たな価値を産んでいる訳ではないのです。タコが自分の足を食べているようなもの、粉飾決算です。

 従って、少子化を止めるには、待機児童の削減、育児休業制度の充実やイクメンの奨励といった対症療法では歯が立ちません。人間は基本的に面倒くさがり屋で、打算的な生き物ですので、精神論をいくら唱えても望み薄でしょう。もっと、根源的でシンプルなソリューションが必要になります。それは、「子供を産まないという選択を、おいしくなくする」以外にはありません。

……(後略)……

続きを読む


シニア世代に広がるタブレット(出典:TV TOKYO『NEWSアンサー』)

シニア世代に広がるタブレット
(出典:TV TOKYO『NEWSアンサー』)

新iPad発売 タブレットで新生活!“シニア流”活用術

 こちら、素敵な水彩画ですよね。実はこの絵、絵の具…ではなく、こうしたタブレット端末を使って描かれたものなんです。そしてこれがきょう発売された、「iPadAir」です。タブレットは画面が大きく操作もしやすいことから高齢者にも人気なんです。このタブレットで『第2の人生』をエンジョイしようという動きも広がっています。

続きを読む