スマホ/タブレットからパソコンをWake-on-LAN!:TeamViewerの便利な使い方  
  • こんにちは。コトダマの里の“眠狂四郎”Takeです。
  • おうおう、いいところに来たの
  • はいはい、今回はどのようなご用向きで?
  • いや、これまでいろいろ教えてもらったやり方でパソコンに保存してある漫画や動画をスマホやタブレットで見ているんぢゃがの。
  • それはそれは。
  • でも、わしはパソコンはいっつも利用しているわけぢゃないからの。最近はだいたいタブレットやスマホだけ使っているから、パソコンは使うときだけ立ち上げたいわけぢゃよ。
  • まあ、そうでしょうね。
  • それで、わしのパソコンは二階の寝室にあるんぢゃが、いつもたいてい一階のリビングにいて、「さて、それぢゃあタブレットで自炊漫画でも読もうかな。どっこらしょ!」とかってわざわざ二階に行くのはしんどいんぢゃよ。
  • おまけに二階に来たら「あれ? 何しに来たんだっけ?」とか忘れちゃうし。
  • おじいちゃん、それはしんどいのとはまた別の問題じゃないですか?
  • いいんぢゃよ、それは。ともかく、タブレットとかスマホでパソコンのスイッチを入れたり切ったりできんもんかの? どうせ無線でつながってるんぢゃろ? だったらホラ、テレビのリモコンみたいにポチッと。
  • ええ、できますよ。そんなに難しくはありません。
  • ほうかい! ぢゃ、教えて!

TeamViewerのWake-on-LAN機能を使う

  • 一般にパソコンの電源を他の機器(パソコン、スマホ、タブレットなど)からネットワーク経由でON/OFFする機能はWake-on-LAN(WOL)と呼ばれています。
  • ただしこのWOLは、操作する側の機器がパソコンと同じ家庭のLANの内側にあるのか、それともLANの外側(インターネット)にあるのかで難易度が大きく異なります。
  • つまり一般にLANの外側からインターネット経由でWOLを使うのは難しいです。
  • そりゃ簡単にできたら、パソコンを勝手に立ち上げられて2ちゃんねるに殺害予告なんか書き込まれたら嫌ぢゃからの。
  • なので、まず家庭内のルーターがWOLに対応している必要があります。逆に言えば、ルーターがWOLに対応しているならば、ルーターのコントロールの下で比較的簡単にできます。そのさいルーターでのWOLの設定の仕方は製品によって異なりますので、マニュアルを参照して下さい。
  • そうかい。それじゃあ孫のタマ太に調べてもらうわい。
モバイル端末からパソコンへのWake-on-LAN

モバイル端末からパソコンへのWake-on-LAN

  • あとはパソコンとそれを操作する機器をWOLが使えるように設定する必要がありますが、以前紹介したTeamViewerというアプリ(ソフト)はWOLに対応していますので、ついでにここで紹介してみましょう。
  • なんぢゃ、そうぢゃったのかい。
  • 幸いにして、TeamViewerのマニュアルで設定の仕方を初心者でも分かりやすく説明してくれていますので、それに従って設定すればOKです。
  • ほう。ちゃんとした日本語のマニュアルぢゃの。最近Google PlayApp Storeヘンな日本語ばっか読まされているから安心したわい。
 

AndroidとiOSでWOLの方法が異なるので注意

  • ただ一点注意する必要があるのは、上記公式マニュアルはTeamViewr 9のもので(現在はTeamViewer 10)、パソコン(BIOS、OS)およびパソコンソフトの設定については書かれていますがモバイルアプリについての説明はなく、実物のTeamViewerモバイルアプリを見てみるとAndroidアプリとiOSアプリはWOLの仕方が異なっていることです。
  • 正確に言うと、iOSアプリはWOLに対応していますがAndroidアプリはアプリ本体では対応していません
  • ほう、どういうこと?
  • オフィシャルサイトによれば、Androidの場合はWEB上の「TeamViewer Management Console」にいったんサインインしてそこでWOLを行い、パソコンがオンになってから必要があればAndroidアプリでリモートコントロールを行う、という段取りになるみたいです。
  • 他方、iOSアプリにはちゃんとWOLのスイッチがついていて、アプリから直接パソコンを起動することがでます
TeamViewerのiOSアプリとAndroidアプリ

TeamViewerのiOSアプリとAndroidアプリ

TeamViewer Management Console

TeamViewer Management Console

  • ふーん…なんで差別しているのかの。政治的理由でもあるのかの。
  • 理由は分かりません。が、おそらくたんに間に合わなかったのだろうと思います。
  • いずれにしてもやり方は異なりますがどちらもやれることはやれるので、パソコンをメディアサーバーにして利用されてる方はご関心があれば試してみて下さい。
  • ただ、わたしのノートPC(VAIO)のようにWOLはスリーブモードでのみ可能というパターンもありますので、その点もご確認下さい。
  • そうかい。それじゃあ孫のタマ太に確認してもらうわい。
  • ちなみに補足ですが、タマ太君はたしか自分のパソコンを自宅サーバーにして24時間常時起動にしていたはずですよね。
  • ああ、そのようぢゃの。何に使っているのか分からんが24時間フル稼働していると言っておったわ。
  • その場合は、タマ太君のパソコンにTeamViewerをインストールしてサインインしたままにしておくと、とくにルーターで設定しなくてもLAN内モードのままでタマ太君のTeamViewerを媒介にしてインターネットからWOLができるようになります。
  • ほう、何だかよく分からんがそれは便利そうぢゃの。
  • つまり簡単に言うとTeamViewer独自のネットワークがあり、自宅のLAN内にそれにオンラインでつながっている状態の機器があると、それを媒介にしてWOLができる、ということです。
LAN内の他のパソコン(オンライン)を経由してのWOL

LAN内の他のパソコン(オンライン)を経由してのWOL(マニュアルより)

  • これは必ずしも常時起動のパソコンがなくても、家庭内でどれかのパソコン(TeamViewer)が起動しているような条件のもとではけっこう便利な仕組みですので、この方法についても検討してみてください。
  • そうかい。それじゃあ孫のタマ太に検討してもらうわい。
  • ということで、以前Chromecastをご紹介しましたが、これでさらにモバイル端末の万能リモコン化が進みましたね。
  • そうぢゃの。しかもタブレットだとデカくて見やすいからいいの!

スポンサーリンク

なるほどね! ここがポイント iPad

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

Take

コトダマの里のIT事業部長兼SE兼お茶係です。主に電子書籍やタブレットなど最新のICT(情報通信技術)の動向について斜め30度ぐらいから考察します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)