クラウドストレージのWebDAVの設定と使い方  
  • こんにちは。コトダマの里の“格安スタッフ”Takeです。
  • おうおう、いつも世話になっておるの。
  • どうですか、モバイルライフエンジョイしていますか?
  • それがの…… このあいだ教えてもらったSoftEther VPNだっけ? それを孫のタマ太丸投げしてセッティングしてもらおうと思ったら、「今試験勉強だから忙しい」って言われての。まだ使っておらんのよ。
  • そうでしたか…… Kindleをルート化して使っているおぢいちゃんならセッティングは簡単だと思うんですけどね。
  • それはもちろんそうぢゃが…… つーか、とりあえず「セッティング」なんかしないですぐに外でも自炊マンガが読めるサービスとかないのかの?
  • そうですね。とりあえずあることはありますが。
  • そうかい! それぢゃあそれを紹介してよ。

モバイルライフには必須のクラウドストレージ

  • 前に説明しましたが、自宅のパソコン等に保存してあるメディアコンテンツ(動画、写真、音楽、電子書籍など)を自宅外でも利用する方法はさまざまありますが、そのなかですぐにでも簡単にできるのは「クラウドストレージサービス」を利用する方法でしょう。
  • ストレージサービスには、DropboxGoogleドライブOneDriveなどの有名どころ以外にもたくさんあり、ユーザーは自分の利用端末や利用環境に合わせて好きなものが選べます。
  • なかにはiPhone、iPadで利用するiCloud Driveのように、端末の基本機能に組み込まれているストレージサービスもあります。
  • また、たいていのストレージサービスでは数GB~数十GB程度の容量は無料で利用できるので、自宅外で利用したいコンテンツの総データサイズがそれほど大きくない人にとってはそれで十分事足ります。
  • う~ん、わしの場合はケタが違うのぉ……
  • その場合は必要な容量に応じて月額料金を支払うか、あるいは利用コンテンツを絞るか、という選択になりますが。
  • 絞らせていただきます
  • そうですか。
  • まあ、ストレージサービスをいくつも組み合わせて使えばけっこうな分量になりますが。
  • ただストレージサービスを選ぶにあたっては、利用可能なストレージの容量だけでなく利用可能なサービス機能も重要です。
  • とくに、YouTubeのようにコンテンツをストリーミングですばやく視聴したい、電子書籍を端末にダウンロードせずにストレージに置いたまますぐに読みたい、というような場合は、WebDAVサービスが利用できると大変便利です。
 

WebDAVの利用で自炊マンガもサクサク読める

  • なにそれ? 「ウェッブデブ」?
  • 「ウェブダブ」です。
  • ちなみにWindowsでは「Webフォルダ」とも呼ばれています。
  • Windowsでは、家庭内のLANで接続しているパソコンの特定のディスクやフォルダを「共有フォルダ」として、自分のパソコンのディスクやフォルダと同じように扱うことができる機能があります。
  • 「Webフォルダ」(WebDAV)はWebサーバー(WebDAVサーバー)上にその「共有フォルダ」を作ったようなものとみなすことができます。
  • ほう、それは便利そうぢゃの!
  • そこで、クラウドストレージをこのWebDAVとして利用できれば大変便利なのですが、じつはWebDAVサービスを無料で提供しているストレージサービスはあまり多くありません
  • なんぢゃ、ケチ臭いの。
  • 現時点でWebDAVサービスを無料で提供しているストレージサービスをいくつか紹介しておきます。

WebDAVサービスが使えるクラウドストレージサービス(一部)

  • BOX
    10GB無料
    WebDAV URL: https://www.box.com/dav/
  • drivee
    3GB無料
    WebDAV URL: https://[userID].drivee.jp
  • HiDrive
    15GB無料
    WebDAV URL: https://[userID].webdav.hidrive.strato.com
  • 4shared.com
    15GB無料・180日更新
    WebDAV URL: https://webdav.4shared.com
  • これらのなかで比較的利用者が多いのはBOXだと思います。ただわたしが実際に利用した限りでは、レンタルサーバー会社のエックスサーバーが提供しているdriveeが一番レスポンスがいいように思います。
  • 無料で使える容量が3GBと少なめなのですが、容量よりレスポンス(スピード)を重視するならdriveeがおすすめです。
  • 3GBはちょっと……という場合は、利用者が多くて解説も多いBOXが便利でしょう。
  • そうかい。で、実際どうやって使うのよ?
  • それでは説明しましょう。
  • クラウドストレージそのものはWebブラウザ上でも専用アプリでも扱うことができますが、先ほど述べた「Webフォルダ」のようにして利用するためには、Windowsパソコンまたはスマホ、タブレットのWebDAV対応アプリを「WebDAVクライアント」として設定する必要があります。
  • 設定の仕方はそれぞれ異なりますが、一般的に以下の項目を設定する必要があります。
  • WebDAVサーバーのURL(https://****)
  • ユーザーID、パスワード
  • ユーザーIDとパスワードは各ストレージサービスで登録したものですが、WebDAVサーバーのURLは各サービスによって異なります(またしばしば変更されます)ので各サービスのサイトであらかじめ確認しておきましょう。
  • さて、WindowsパソコンをWebDAVクライアントとして設定する仕方は、以下のサイトで分かりやすく解説されていますのでご参照下さい。
  • 上記の仕方で各ストレージサービスを「Webフォルダ」として扱うことがきでるようになります。
  • 次に、スマホ、タブレットのアプリをWebDAVクライアントとして設定する仕方は各アプリで異なりますが、だいたい共通しています。
  • 例えばiPadの電子コミック・ビューワーComicGrassでBoxのWebDAVを利用する場合は、以下のように設定します。
ComicGrassでのWebDAVの設定

ComicGrassでのWebDAVの設定

  • これで電子コミックをストレージに置いたままストリーミングで読むことができます。
WebDAVを利用して電子書籍を読む

WebDAVを利用して電子書籍を読む

  • おお、これはいいの!
  • このように利用するのは簡単ですが、注意する必要があるのは、ストレージサービスは近年競争が激しくてサービス内容がコロコロ変わることです。
  • すなわち無料で利用できる容量や有料サービスの料金もコロコロ変わりますし、WebDAVのようなオプショナルなサービスもしばしば変更されます。
  • さらに言えば、サービスそのものがいつまで続くか分かりません
  • したがって、重要なデータのメインの保管場所としては適していません。一時的な利用やバックアップ的な利用がよいと思います。
  • わかっておるよ。マル秘のお宝ファイルはアップせんよ。
  • 逆に言うと、キャンペーンなどで無料で容量を増加できる機会もたびたびありますし、便利なサービスも次々に登場してきますので、ストレージサービスをうまく使いこなせば快適なモバイルライフをおくれると思います。
  • それぢゃあ、いいのが出たら教えて頂戴。
  • 承知いたしました

スポンサーリンク

なるほどね! ここがポイント iPad

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

Take

コトダマの里のIT事業部長兼SE兼お茶係です。主に電子書籍やタブレットなど最新のICT(情報通信技術)の動向について斜め30度ぐらいから考察します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)