Chromecastテレビで格安スマホのストレス解消  
  • こんにちは。コトダマの里の“クリぼっち”Takeです。
  • おうおう、いいところに来た
  • はいはい、また何か御用向きでしょうか?
  • じつは孫のタマ太からクリスマスプレゼントでChromecastをもらっての。
  • 「おじいちゃんは格安スマホで頑張っているから、ボクからご褒美におじいちゃんの好きな画像や動画がたくさんテレビの大画面で見れる魔法のスティックをプレゼントするよ!」と言うんぢゃよ。
  • どうも格安スマホのせいで好きな動画を見るのを我慢していると思っているみたいなんぢゃよ。
Chromecast

Chromecast

  • それはそれは。おじいちゃん想いの良いお孫さんですね。
  • ただ、「使い方はTakeさんに教えてもらってね!」と言うわけよ。
  • そうですか、やっぱり……
  • わかりました。それではタマ太くんの期待に応えて、Chromecastの使い方を簡単に説明しましょう。

スマホが“Chromecastテレビのリモコン”に早変わり

  • Chromecastは、簡単に言えば、インターネットやホームネットワークにあるメディア(画像、動画、音楽など)をスマホ、タブレット、パソコンなどの端末をいわば「リモコン」のように使ってテレビで再生する装置です。
Chromecastとは

Chromecastとは

  • ほう、なんだかよくわからないがすごそうじゃの!
  • Chromecastの使い方としては、例えば以下のようなことがあげられるでしょう。

Chromecastの使い方の例

  • YouTubeで見つけた面白動画友だちと一緒にテレビの大画面で見る。
  • 旅行中の子どもがスマホで撮って送信(シェア)してきたスナップ写真家族と一緒にテレビの大画面でで見る。
  • タブレットにあるマル秘画像家族がいないときにテレビの大画面でで見る。
  • パソコンやローカルストレージ(NAS)に保存してあるお宝動画誰もいないときにテレビの大画面で見る。
 
  • おお、タマ太はわしがやりたいことをよくわかっておるわい!
  • さて、Chromecastの概要についてはGoogleの「Chromecastスタートガイド」、セットアップについてはその中の「Chromecastのセットアップ」をご参照下さい。

Chromecastのセットアップの大まかな手順

  1. ChromecastをテレビのHDMI端子に差し込み、Chromecastの設定画面を表示。
  2. 端末(スマホ、タブレット、パソコン)でGoogleのサイトにアクセスしてChromecastアプリをダウンロード、インストール
  3. Chromecastと端末(スマホ、タブレット、パソコンなど)を接続(認証コードを入力)
  4. ChromecastをWi-Fiに接続(アクセスポイントのパスワードを入力)
  • ほう、なんか拍子抜けするほどカンタンぢゃの!
  • さて、Chromecastの具体的な使い方は個々のアプリによって異なります。が、共通する大まかな流れは以下の通りです。
Chromecastの使い方の基本

Chromecastの使い方の基本

  • 要するに、スマホなどをいわばリモコン代わりにしてテレビ(Chromecast)にメディアコンテンツの受信・再生を指示する、ということです。
 

ChromecastテレビでYouTubeを見る

  • 例えば、YouTubeで説明してみましょう。
  • ちなみに説明の便宜上、タブレットの画面を使って説明したいと思います(スマホの画面は小さいので)。
  • まずは、YouTubeの動画を個別にキャストする場合です。
個別の動画をキャストする

個別の動画をキャストする

  • おお、キャストするとテレビが自動でONになって再生が始まるの。本当にリモコンみたいぢゃ。
  • 複数の動画をまとめてキャストしたい場合は、「TVキュー」に入れて一括連続再生します。
複数の動画をまとめてキャストする

複数の動画をまとめてキャストする

  • なるほどの。ところで、これってスマホの画面をテレビで表示するのとは違うんかい?
  • スマホの画面をそのままテレビで表示するのは「ミラーリング」と言います。Chromecastは一定条件を満たした端末では「ミラーリング」ができます。
  • ですが、スマホの基本的な役割は、インターネットまたはホームネットワークのメディアコンテンツをテレビ(Chromecast)が受信・再生するのを操作する「リモコン」としての役割です。
  • うん、まあその方が分かりやすいの。
 

動画配信サイトの今後の対応に期待

  • とくにGoogleの狙いとしては、YouTubeを始めとした“インターネット放送局”の番組(コンテンツ)をChromecastテレビでバンバン見てもらいたいというところでしょう。
  • そして最近はYouTubeだけでなく、Hulu、dビデオ、ビデオパスなど日本の動画配信サービスが続々とChromecastに対応してきています。
  • そうかい。個人的にはN動画F動画X動画が早く対応してくれることを期待しておるぞ!
  • Chromecastを使えば、これらの動画配信の出力先を自分だけで見たい場合はスマホやタブレット、家族や友人と一緒にみんなで見たい場合はテレビとカンタンに使い分けることができます。
  • いや、むしろわしは家族がいないときにテレビの大画面で見たいぞ。
  • 動画だけでなく、例えば世界のラジオ放送が聴けるTuneIn Radio、世界の様々な分野の人の講演・プレゼンテーションが見れるTED、世界最大のゲーム実況サービスTwitchなど、いろいろなコンテンツがChromecastを使って見ることができます。
  • ほう、それは英語の勉強に良さそうぢゃの。
  • ところで、Chromecastを使うときに注意しておきたいのは、受信・再生したいメディアコンテンツ(動画、画像、音楽など)がインターネットから配信されるものか、それともホームネットワーク(LAN)内にすでにあるものか、という点です。
  • というのも、インターネットから配信されるコンテンツの場合はアプリが対応していればこちら側がとくに用意することはないのですが、ホームネットワーク内のスマホ、タブレット、パソコン、ネットワークストレージ(NAS)などに保存してあるコンテンツの場合は若干手順や気をつけるべきことがあります。
  • なんぢゃ。わしゃそっちの方が気になるぞ。
  • そうでしたか。それではそれは次回に説明したいと思います。
  • そうかい。お手柔らかに頼むよ。

スポンサーリンク

なるほどね! ここがポイント iPad

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

Take

コトダマの里のIT事業部長兼SE兼お茶係です。主に電子書籍やタブレットなど最新のICT(情報通信技術)の動向について斜め30度ぐらいから考察します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)