なるほどの!格安スマホ(SIM):ブラウザのデータ通信量を節約しよう  
  • こんにちは。コトダマの里の“増税断固反対”Takeです。
  • おうおう、こんちわ。年金暮らしとニートにはインフレと増税のダブルパンチは冬の木枯らしのように厳しいのお。
  • まったくですね。ただそんなときこそ、庶民は生活防衛に知恵を働かせなければいけません。
  • そこで、格安スマホ(格安SIM、MVNO SIM)です。
  • キャリアのiPhoneFacebookにグルメランチの写真をアップするのは丸の内のOLの方々にお任せしましょう。
  • 我々はせいぜい格安スマホ「中野のメイド喫茶に妹連れて行った結果wwwwwwww」とか2ちゃんねるにスレ建てできればそれで十分です。
  • お主そんなことばっかりしてるんかい。
  • ただ以前も申しましたが、格安スマホを使いこなすにはそれなりの知恵と工夫が必要です。また節約のためには労力を惜しまない生活態度も重要です。
  • そこで今回は、そうした知恵と工夫の一つとして、モバイルデータ通信をするときの通信量の節約について説明したいと思います。
  • ほうかい。よろしくの!

バックグラウンドデータ通信をオフ

  • さて、前にも説明しましたが、格安スマホでは一般に高速データ通信(LTE/3G)に通信量制限があります。したがって格安スマホを快適に使うためには、ムダな通信を省き、また通信にメリハリをつける必要があります。
  • ふむ。何事もメリハリが重要ぢゃの。
  • 例えばスマホのアプリはユーザーが直接操作していないときでも、新着情報の確認などバックグラウンドで継続的・自動的に通信を行っているものも少なくありません。しかしユーザーにとっては急いで必要なものではないことが多いので、モバイルデータ通信を行っているときは新着情報が必要なアプリ以外は通信を止めておく(Wi-Fi通信が可能なときにまとめて通信する)ことをおすすめします。
  • 端末(Android)の「システム設定」→「データ使用」のところで、個別のアプリごとに「バックグラウンドデータ」の通信状況が確認できますので、とくに通信量が多いものは「バックグラウンドデータを制限する」をONにしておきましょう。
バックグラウンドデータ通信を制限する

バックグラウンドデータ通信を制限する

  • なんぢゃ、最初からそういうふうに設定しておいてくれればいいのに。
 

Chromeのデータ圧縮通信をオン

  • ところで、スマホのモバイルデータ通信では、一般的にブラウザアプリでWEBサイトを見るときの通信がかなりの部分を占めると思います。
WEBブラウザアプリ

WEBブラウザアプリ

  • AndroidのWEBブラウザとしては「ブラウザ」というそのものズバリの名前のアプリが標準で入っています。また端末によってはGoogleの「Chrome」アプリがあらかじめインストールされている場合があります。
  • ただ、Gooogleは「Chrome」をメインにしていく方針のようですし、どのみちGmailGoogle Playを使うためにGoogleのアカウントを取得しなければなりませんので、毒を食らわば皿までGoogle様にすべてを委ねますの帰依のココロでChromeを使うのも一つの生き方でしょう。
  • いや、もう面倒臭いからChromeでいいよ。
  • さて、このChromeにはデータを圧縮して通信する仕組みがあります。以下のように簡単ですので、面倒臭がらずにぜひ設定しておきましょう。
Chromeでデータ圧縮通信を設定する

Chromeでデータ圧縮通信を設定する

  • なんぢゃ簡単じゃの!

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

Take

コトダマの里のIT事業部長兼SE兼お茶係です。主に電子書籍やタブレットなど最新のICT(情報通信技術)の動向について斜め30度ぐらいから考察します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)