親子で(孫と)一緒に楽しめるおすすめの子供向け知育アプリ  
  • こんにちは。コトダマの里の“ベビーシッター”Takeです。
  • こんにちは。先日はお世話になりました。
  • いかがですか、その後タマ代さん眠れるようになりましたか?
  • おかげさまで、夢の中で日銀総裁が現れてうなされることもなくなり、ぐっすり眠れるようになったそうよ。
  • それはそれは。良かったですね。
  • 近くに住んでいる娘さんが心配して幼稚園のお孫さんと一緒にちょくちょく様子を見に来てくれるそうになったんだけど、最近はお孫さんと一緒に遊べるようなるまで元気を取り戻したようよ。
  • そうですか。じつはそれが一番効果があったのかもしれませんね。

タブレットは親子(孫)のコミュニケーションの仲介役

  • ところで、タマ代さんからまた相談されたんだけど、お孫さんと一緒に楽しめるようなアプリはないのかしら? できれば知育にもなればいいんだけど。娘さんが知育にうるさいみたいで。
  • なるほど。もちろん子供向けキッズアプリはたくさんあります。そして知育アプリもたくさんあります。
  • ところで、子供向けタブレットの使い方については以前解説させていただきました。
  • そのときも説明したのですが、子供向けタブレットの使い方の大原則は親子で(孫と)一緒に使うことです。つまりタブレットはあくまで親子(孫と)のコミュニケーションの仲介役で、タブレットを子守代わりにして預けっぱなしにしないようにしましょう。
  • 勝手にいろいろいじって、いつの間にか課金されたりしていたら困るしね。
 

“知育の王道”絵本の読み聞かせアプリ!

  • その意味では、今も昔も知育の王道「絵本の読み聞かせ」でしょう。
  • とくに10インチクラスの大型タブレットの場合は、絵本を読まずして何を読むのかと言いたいくらいです。(もちろん漫画でもいいですが。)
  • そうね。タマ代さんの旦那さんは12インチSurface Pro 3を持っているからそれでもいいわね。
  • それは結構ですね。ですが今回はとりあえずSurface Pro 3は置いておいてiPadのアプリをメインに紹介したいと思います。
  • でも、絵本だったら電子書籍ストアから買えばいいんでしょう?
  • それはそうですが、定額制の子供向け絵本読み放題アプリ(配信サービス)もあります。たくさん絵本を読んであげたい場合はこちらの方が便利でおトクでしょう。
  • 例えば、読書系知育アプリの「森のえほん館」は、300冊以上の絵本が月額300円(年額2000円)で読み放題のサービスです。さらに毎月新作も追加されていきます。
  • 絵本は字幕付きで読み聞かせることができますし、音声で読み上げてもらうこともできます。

morinoehon

絵本が読み放題◆教育・知育アプリ「森のえほん館」無料お試しつき!こども向け

Go to App Store Go to Google Play

  • へー、それはおトクかもしれないわね。
  • 最初にインストールしてから7日間の無料試し読みの期間がありますから、その間に絵本やラインナップ、そして子供の反応などを確認して、気に入りそうだったら定額サービスに切り替えるのがよいでしょう。
  • 例えば、クリスマスの日に『フランダースのいぬ』を読んであげたりすると情操教育にいいのではないでしょうか。
フランダースのいぬ

フランダースのいぬ

  • う~ん、いいんだか悪いんだか……
  • 絵本の定額制配信アプリは他にもいくつかあるので、好みのものを選んでいただければよいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

Take

コトダマの里のIT事業部長兼SE兼お茶係です。主に電子書籍やタブレットなど最新のICT(情報通信技術)の動向について斜め30度ぐらいから考察します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)