なるほどね! iPadで写真データを共有する:(1)共有のタイプ
  • こんにちは。コトダマの里の“拡散担当”Takeです。
  • お久しぶりです。いつもお世話になっております。
  • おやおや、おばあちゃん。ご無沙汰しておりました。おじいちゃんの話では、YouTubeで「一緒に歌おう♪『アナと雪の女王』「Let It Go<歌詞付Ver.>」 松たか子」を連日熱唱しているようですね。
  • あら、またおじいちゃんたら余計なことを…… ホホホホホ
  • それに、このあいだタマ子ちゃん念願のエルサドレスを買ってやったそうぢゃないですか。わたしにも写真を見せてくださいよ。
  • それがねえ…… タマ子の写真をiPadで撮ったんだけど、おじいちゃんが家族みんなで「共有」できるようにしよう、て言うのよ。それで、おじいちゃんのKindleでも、タマ太のiPhoneでも、息子夫婦のWindowsMacでも見れるようにしてくれたの。
  • それでこのあいだiPadの写真が増えたからタマ子の写真を削除したわけ。そしたら全員の端末で見られなくなったのよ!

「共有(シェア)」で共倒れ?

  • みんなの端末で「共有」したはずなのに、そんなのありえないでしょ!? おじいちゃんがまた知ったかでいい加減なことしたからに決まってるわ!
  • それでわたし怒っちゃって、ちょうど九州で嵐のコンサートがあったから、だまって家出してこのあいだまで参戦ついでに温泉にいたのよ。
  • それはそれは。大変でしたね…… でも、おじいちゃんが悪いと決まったわけではないと思いますが。
  • なによ! Takeさんはおじいちゃんの肩を持つ気なの!?
  • いや、そういうわけでは……
  • そうですね……ついでですから、ここで「共有」ないし「シェア」について基本的なところから少し整理しておきましょうか。
  • その「シェア」って最近よく聞くけど、「共有」と同じなの?
  • ほぼ同じです。ITの文脈では、どちらも英語では“share”に該当することがほとんどです。日本で「シェア」というカタカナ語が広まったのはFacebookが普及したことによると思います。
  • Facebookの普及によって「有益な情報はみんなで共有(シェア)する」という文化が広まりました。
  • ただ、何でもかんでも「共有(シェア)」するようになるに従い、実態としては異なる様々な事態が「共有(シェア)」という言葉でひとくくりにされることも増えてきました。
  • それによって、場合によっては大きな落とし穴に落ちてしまうこともあります。
  • え、それってもしかしてわたしのこと
  • いや、そうだと決まったわけではありませんが。いずれにしても、重要なポイントは押さえておいた方がよいでしょう。
     

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

Take

コトダマの里のIT事業部長兼SE兼お茶係です。主に電子書籍やタブレットなど最新のICT(情報通信技術)の動向について斜め30度ぐらいから考察します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)