「古事記」「日本書紀」「万葉集」と宇陀市(宇陀市HP)

「古事記」「日本書紀」「万葉集」と宇陀市(宇陀市HP)

東(ひむがし)の 野に炎(かぎろひ)の 立つ見えて かへり見すれば 月傾(かたぶ)きぬ
(東野炎 立所見而 反見為者 月西渡)

柿本人麻呂(万葉集1・48)

 
 以前ふれたように、この歌は「軽皇子の安騎の野に宿りましし時に、柿本朝臣人麻呂の作れる歌」と題された長歌・短歌4首の組み歌、いわゆる「安騎野遊猟歌」(万葉集1・45~49)の中の一つである。安騎野は現在の奈良県宇陀市旧大宇陀町一帯の小さな盆地で、古くから狩猟地として知られる(ちなみに精霊信仰の古代社会では狩猟は神聖な営みでもあった)。

 軽皇子は、天武天皇と持統皇后(天皇)の間に生まれた皇太子草壁皇子の子である。父の草壁皇子は皇位に就く前に若くして亡くなったので、軽皇子は早くから後継として期待されていた。この安騎野遊猟歌は、軽皇子が父の死の3年後10歳のときに安騎野に狩りに出かけたときのものであるが、安騎野は亡き草壁皇子も狩猟に訪れた追憶の地でもある。同行した人麻呂はこのことをよく理解し、持統天皇の意を体してこの歌を作ったと考えられている。

 ところでこの歌は、古来、万葉集随一の名歌と称えられ、それゆえ歌の解釈や解説も一二を争うほど膨大にある。わたしは、そのこと自体が優れた芸術作品の証しだと思う。独創的な作品は独創的な解釈を生み出す。独創的な解釈は、解釈という名の新たな芸術作品である。

 例えば、「炎」を「かぎろひ」と訓(よ)む歌は、賀茂真淵の「作品」と呼んでも良いのではないだろうか。実際、江戸時代までは「けぶり」と訓まれていて、その方が自然だという説もある。ただ真淵以降「かぎろひ」が多くの支持を得ているのは、その方が歌として「美しい」と思う人が多いからだろう。ということは、やはりそれは真淵の芸術作品ということでもある。

 それはともかく、ここではこの歌がなぜ「芸術」として優れているかについてわたしなりに考えてみたい。

「魂」を伝える

 わたしの考えでは、優れた芸術作品とは人間の「魂(タマシイ)」を伝えることに成功している作品である。そして人間の魂を伝えることに成功するためには、人間の魂の「ツボ」を押さえる必要がある。

 人間の魂のツボ、すなわち人間の魂の人間の魂たるゆえんは、一言で言えば、自らの「死」を理解していることにある。

 自らの死を理解するということは、自らのいる世界(宇宙)が「無限」ではなく「有限」であるという認識につながり、自らの生が「永遠」ではなく「一瞬」であるという自覚につながる。

 そしてそのことはまた、自らのいる世界(宇宙)が「客観的」なものではなく「主観的」なものであるという認識につながり、自らの生が「普遍的」なものではなく「個別的」なものであるという自覚につながる。

 こうした自覚は、人間のあらゆる悲しみの源となる。しかしそれだからこそ、「有限」を超える「無限」、「一瞬」を超える「永遠」、「主観」を超える「客観」、「個別」を超える「普遍」への希望や願望の源ともなるそして芸術を生み出す力も、そこに淵源するだろう。

 優れた芸術はすべからくこうした人間の魂のツボ、すなわち人間に固有の「悲しみと願い」の感情もしくは観念を表現しえているとわたしは考えている。
 

「魂」を表現する技と力

 ところで、安騎野遊猟歌は、軽皇子の狩猟の旅自体が草壁皇子から軽皇子への皇統の継承、あるいは軽皇子の子どもから大人への成長を儀式的・祭式的に象徴するためのものであり、人麻呂の歌はそれを神話的・呪術的に表現したのだ、と一般に解釈されている。

 そして組み歌の中でもとくにこの第三短歌は、古くから数多くの人に優れた芸術作品として称えられてきた。たしかにこの歌は、いわば「魂を表現する技と力」という点で大きなポテンシャルがあると思う。

 ここで「魂を表現する技と力」とは、上で述べた概念を用いれば、「有限」により「無限」を、「一瞬」により「永遠」を、「主観」により「客観」を、「個別」により「普遍」を表現する技と力、ということである。

 すなわちこの歌では、一瞬の有限な視覚が、太陽と月の運行に象徴される宇宙の恒久の営みを把握している。また、個別的で主観的な視界が、太陽と月を含む宇宙全体の広がりを把捉している。そして、宇宙と皇統が象徴的に重ね合わせられ、皇統に連なる「魂」の想いが表現されている。こうした点において、この歌はたしかに卓越した表現力を持ち合わせていると思う。
 

「悲しみと願い」を伝える

 ただわたしが一つ気になったのは、たんに儀式的・祭式的に軽皇子の成人を慶賀するだけであれば「太陽=先祖神=天武天皇=草壁皇子=軽皇子」の一体性を強調するように歌えば良いはずで、なぜ「かへり見すれば 月傾きぬ」という文言をあえて“心に引っかかる”ような形で入れたのか、ということである。

 これについては、東に立ち現れてきた暁の光に軽皇子、西に傾く月に草壁皇子をなぞらえることで「転生」を表現する必要があったとか、「招魂」の文言を入れる必要があったとかということはたしかにあるかもしれない。しかし普通に読めば、この文言は草壁皇子への哀惜や追慕の念を惹起せずにはいられまい。

 前回もふれたが、わたしは人麻呂が伝えようとしている「魂」とは、第一には持統天皇の魂であると思う。つまりこの歌はたぶん、皇統のためでも軽皇子のためでもなく、持統天皇の魂のための歌なのだ。すなわち人麻呂はこの歌で持統天皇の「悲しみと願い」の深さと強さを伝えようとしたのである。そのさい、持統天皇の悲しみの深さが伝わらないと、願いの強さも伝わらないのである。

 このように理解して初めて、わたしはたしかにこの歌は「優れた芸術作品」だと思った。そしてまた、人麻呂はたしかに人間の魂のツボを知り抜いた挽歌の達人だとも思った。

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
『コトダマ新聞』の主筆(代表)です。時流に流されずに死生観をめぐる文化論にまで掘り下げて考察したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)