なるほどの! Kindleでパーソナル・ドキュメントを使う
  • こんにちわ。コトダマの里の“入道雲”Takeです。
  • お、よくきたの。ちょうどまた聞きたいことがあったところぢゃ。
  • はいはいなんでしょう?
  • いやね、「アマゾンで極楽浄土に逝こう会」タマ黒さんがこんど『Kindleストアで本を1万部売るために必要なたった5つのコツ』という本を個人出版するらしくてね。
  • そうですか…… まだKindleストアで本を売ったことがないのにそのタイトルはいかがなものかと思いますが。
  • それでその原稿をワードで作ったからちょっと読んで感想を聞かせてくれないかと言うんぢゃが、ワードはKindleで読めるのかの?
  • もちろん読めますよ。Kindle fire HD(HDX)にはOffice Suiteというアプリがあらかじめインストールされていて、これでワードやエクセルといったオフィスドキュメントがKindle上で閲覧できます。

Kindleで手持ちのワード文書を読む

  • 試しにおじいちゃんにメールの添付ファイルでワードで作った文書を送ってみましょう。
ワードの文書

ワードの文書

  • いまメールを送りましたので、届いていると思います。……届きましたね。その添付ファイルをタップするとダウンロードされてワード文書が開きます。
添付ファイル

添付ファイル

Office Suiteのワード文書

Office Suiteのワード文書

  • おお! 読めるの!
  • ただ、もっと便利なのがKindleのパーソナル・ドキュメントというサービスです。

 

スポンサーリンク

1 / 3123

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

Take

コトダマの里のIT事業部長兼SE兼お茶係です。主に電子書籍やタブレットなど最新のICT(情報通信技術)の動向について斜め30度ぐらいから考察します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)