なるほどの! 電子書籍タブレット~Kindle fire HD(HDX)を比較する
  • こんにちは。コトダマの里の“決められない男”Takeです。
  • うーん…… う~~ん……
  • おやおや、おじいちゃん。いつもに比べてノリが悪いですね。
  • うーん…… じつは、こんどの2月14日タマ代さんタマ美さんから別々に食事に誘われてのお。どっちの方に行くか迷ってるんぢゃよ……
  • そうでしたか。それはたしかに迷いますね。
  • タマ代さんは檀蜜に似てるし、タマ美さんは堀北真希に似てるし、困ったのお……
『終活読本 ソナエ vol.1』(NIKKO MOOK)

『終活読本 ソナエ vol.1』
(出典:Amazon.co.jp)
(*宣伝ではありません)

『終活読本 ソナエ vol.3』(NIKKO MOOK)

『終活読本 ソナエ vol.3』
(出典:Amazon.co.jp)
(*宣伝ではありません)

  • それはめちゃくちゃ迷いますね!
  • そうぢゃろう? うーん、困った困った……
  • ところで、その日はおばあちゃんはどうしているんですか?
  • …………

決められないあなたに! おすすめのタブレットPC

  • さて、今回は“なかなか決められない”タイプの読者向けに、Amazonが販売しているタブレットPC「Kindle fire HD / HDX」シリーズの中でどの機種があなたにピッタリかを占いたいと思います。
  • 占うんかい!
  • ところで電子書籍リーダ-タブレットPCの一般的な比較についてはすでに以前に説明しております。
  • タブレットPCはさらに「ブランド・タブレット」「電書ストア・タブレット」「中華タブレット」の3つのタイプに大きく分けることができます。
  • 「ブランド・タブレット」とはAppleのiPadシリーズGoogleのNexusシリーズなど改めて説明するまでもないタブレットのことです。
  • 「電書タブレット」とは電子書籍ストアが当該ストアの電子書籍リーダーとしての用途を主に想定して販売しているタブレットのことで、日本ではAmazonのKindle fire HD/HDXシリーズ楽天koboのkobo arc 7HDがあげられます。
  • 「中華タブレット」とは中国・台湾メーカーのタブレットのことです。メーカーはとてもたくさんあります。別名「中華パッド」とも呼ばれています。
  • その方が中国らしくてわしゃ好きぢゃの。
  • さて、これらのタイプの特徴を以下にまとめてみましたのでご参考にして下さい。
タブレットPCのタイプ

タブレットPCのタイプ

  • なんかすごく大ざっぱなまとめぢゃの。
  • 詳しいことは他のサイトで確認して下さい。
  • わたしとしてはとりあえず、それぞれ以下のような人におすすめしたいと思います。

あなたにおすすめするタブレットはこれだ!

▼ブランド・タブレットをおすすめする人
  • タブレット初心者である。
  • 画面の大きなスマホとして使いたい。
  • キーボード無しのパソコンとして使いたい。
  • リア充である。
 
▼電書ストア・タブレットをおすすめする人(初心者)
  • (電書ストアの)電子書籍をよく読む。
  • ネットショップをよく利用する。
  • 他の用途は動画サイト、SNSぐらいである。
 
▼電書ストア・タブレットをおすすめする人(上級者)
  • 自炊本をよく読む。
  • ソフトは必ずカスタマイズして使う。
  • 「脱獄」というキーワードでよく検索する。
 
▼中華タブレットをおすすめする人
  • 「激安」というキーワードでよく検索する。
  • 「不具合」というキーワードでよく検索する。
  • 100円ショップをよく利用する。
  • 「情弱」と言われると腹が立つ。
  • 秋葉原によく行く。
  • 電子機器は必ず分解して中身を確かめる。
  • 電子機器の取扱説明書は読んだことがない。
  • または最初から最後まで漏れなく読む。
  • 忍耐強い
  • 思想的なこだわりはない。
  • そうすると、わしは当然リア充御用達のiPad Airぢゃの!
リア充御用達iPadのイメージ(出典:TBR elearning)

リア充御用達iPad
(出典:TBR elearning)

  • いえいえ、おじいちゃんのように自炊マンガしか読まない人にiPad Airは宝の持ち腐れなので、電書ストア・タブレットまたは中華タブレットをおすすめします。

 

スポンサーリンク

1 / 212

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

Take

コトダマの里のIT事業部長兼SE兼お茶係です。主に電子書籍やタブレットなど最新のICT(情報通信技術)の動向について斜め30度ぐらいから考察します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)