ことしの消費者10大ニュースは(出典:NHK「かぶん」ブログ)

ことしの消費者10大ニュースは
(出典:NHK「かぶん」ブログ)

実家の親だまされてない? 帰省時に被害確認

 高齢者を標的にした詐欺や消費者トラブルが後を絶たない。次々と変化する手口やサービスに、高齢者が追いつけないのが現状だ。

 年末年始に帰省の予定があるなら、親子で情報交換し、対策を講じたい。

 国民生活センターが19日に発表した2013年の消費者10大ニュース。高齢者のトラブルがトップ項目に挙げられた。とりわけ被害額の大きさから問題視されているのが、複数の人物が役回りを分担して未公開株や社債などの金融商品を購入させる詐欺。東京五輪など社会的関心の高い事業を題材に投資を呼びかけるケースも目立つ。

 注文していない健康食品が届き代金を支払わされる「送りつけ商法」のトラブルは昨年比で約10倍増。代金引換配達を使ったり、代金を記載した現金書留封筒を一緒に送ってきたりする。いずれも支払いを拒みにくくする手口だ。

 このほか電話やインターネット回線などの通信契約トラブルも多発した。過去の消費者トラブルの被害を回復すると持ちかけ、手数料などをだまし取る詐欺も増えている。

 コトダマの里のAzuです。

 今日からお休みの方も多いと思います。今年は最大で9連休だそうです。大切なことなので強調しました。

 コトダマの里も年末年始は12月28日から1月5日まで休業いたします。でもコトダマの里の裏方スタッフは9連休ではないのです。大切なことなので強調しました。

 さて、年末年始をふるさとなどで過ごす人たちの帰省ラッシュは今日がピークのようです。高速道路や鉄道、空の便は混雑が激しくなることが予想されています。年末でお疲れのところだと思いますが、どうぞお気をつけてふるさとにお帰り下さい。

 年末年始に帰省して実家のおじいちゃん、おばあちゃんと久しぶりに会われる方も多いでしょう。今年1年のお互いの様子や、家族のいろいろな出来事やイベントなど積もる話も多いと思います。

 ところで、今回ご紹介する読売新聞の記事で、実家に帰省したさいに「高齢者を標的にした詐欺や消費者トラブル」で親が被害を被った様子や気配がないか確認してみることを勧めています。

 記事にもありますが、このあいだ独立行政法人国民生活センターが発表した「消費者問題に関する2013年の10大項目」では「高齢消費者トラブルが6年連続で増加」があげられています。

 契約当事者が65歳以上の相談が全相談件数占める割合は2013年には約3割にまで増えています。とくに「健康食品の送りつけ商法」が激増(昨年のなんと10倍!)しているのが目を引きます。

契約当事者が65歳以上の相談件数・全体に占める割合 「健康食品の送りつけ商法」 「未公開株」「社債」「ファンド型投資商品」

 
 「健康食品の送りつけ商法」は、申し込んだ覚えがない健康食品などが勝手に送りつけられてきて購入を迫られるというものです。代金引換配達で送付されるケースが多いのですが、最近では現金書留封筒や振込用紙を同封し、代金を郵送・振り込みするように指示するといった手口も新たに出てきているようです。

 実際わたしの友だちで、1年ぶりに実家に帰ったら聞いたことのないメーカーの健康食品がダンボールにぎっしりあって、不審に思って母親に聞いたら「自分では注文した覚えないんだけどネットで間違って注文したのかもしれないと思って買ってしまった、ホホホ」と言うので怒って大ゲンカした、という人がいます。

 紹介記事ではさらに、帰省したさいに被害の有無を確認するポイントと対策があげられています。

確認ポイント
  • 家の中でまず確認したいのは見慣れない物品の有無。健康食品などが大量に入った箱や通信機器はないか?
  • 金融商品絡みのパンフレットや権利証のような書類はないか。
  • カレンダーや電話の脇のメモにも目を配る。業者と会う日時や金を払う日など不審な書き込みがないか。
対策
  • 電話の留守番機能の活用。常時、留守番設定にしておき、相手に話を吹き込ませて内容を確認したい。
  • 電話帳に名前が掲載されている場合は削除を依頼する。
  • 隣近所へのあいさつも忘れずに。「親も年を取ってきたので、よろしくお願いします」というだけでもよい。そういえば……と情報を教えてくれるかもしれない。
  • 万が一、被害に遭っていることがわかっても「何で金を払った」などと、とがめるような言い方はしない。ショックを受けている親をますます追い込むことになる。

 たしかにかりに被害に遭っていることが分かっても、親を責め立てて問題は解決しませんよね。むしろこの機会にしっかり対策を講じて親子で安心してお正月を迎えるのがよいのではないでしょうか。

 ちなみにわたしは親が近くに住んでいるので帰省するまでもなくふだんからちょくちょく会っているのですが、会うたびに「またこんもの買って!」と怒られるので、上にあげた対策はむしろ親から指示されそうです。

 なにはともあれ、帰省される方は故郷でどうぞごゆっくりお過ごし下さい。(いいな~)

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

Azu

コトダマの里の広報・お客様窓口担当です。お客様からのお問い合わせはわたしが承りますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)