「電子出版権」に作家団体は反対

電子出版権に反対表明 日本ペンクラブ

 日本ペンクラブ(浅田次郎会長)は17日、文化審議会の小委員会が「電子出版権」創設の方針を打ち出したことに反対する意見表明をした。

 電子出版権とは、出版社が裁判で電子書籍の海賊版の差し止めを求められる権利だが、中間報告では、経団連などの意向を受け、電子出版権を既存の出版社だけでなく、電子書籍の出版を引き受ける他の業者にも認めるよう要請している。

 意見書は「経済原理のみで出来上がった電子出版権は、言論表現の自由のあり方を揺るがしかねず、既存の紙メディアの出版行為にも重篤な影響を及ぼす」と指摘している。

 こんにちわ。コトダマの里の”電子出版部長”Takeです。

 さて、日本ペンクラブという作家団体が「電子出版権」創設に反対する意見表明をしたそうです。

 一般の方は「なんのこっちゃ?」というかんじだと思いますが、ものすごく簡潔にしてツボを押さえた解説をすれば、「『電子出版権』の名の下で出版社が作家を縛るのはけしからん。作家が自由に電子出版できるようにしろ!」ということだと思います。

 電子出版権については以前も取り上げました。

 そこで「今ことさら電子出版権の設立が急がれる背景としては、電子書籍と電子出版の急速な普及によって「個人出版」の道が切り開かれ、従来の出版社が”置いてきぼり”にされるのを避けたい、という大人の事情」があると看破し、「海賊版対策」として「出版権」の設立というのは「性風俗の乱れを防ぐためにAVのモザイク規制をするというようなもの」という絶妙なたとえをしました。

 そういうわけで、作家の方々が「経済原理のみで出来上がった電子出版権は、言論表現の自由のあり方を揺るがしかねず」と反対しているのは十分理解できるところであります。

 ただし、売れっ子作家のような「経済力」のある作家ほど諸々の権利を自分の統制下に置こうとするし、またそれができるわけですので、それはそれで「経済原理」にかなったものと言えなくもありません。
 そしてそうした「経済原理」のもとで、これからは出版業は個人出版をプロデュースおよびマネージメントする出版エージェントや出版代行業のような業態が勢力を増していくとと思われます。

 いずれにしても万物のデジタル化という文明論的視野から見れば電子出版の潮流は抗うべくもなく、出版業界は大きな自己変革を逃れることはできないでしょう。

 コトダマの里もそうした「文明の変容」のただなかにあると思わず身が引き締まるというか、身震いしてしまいますが、おそらく最近急に寒くなってきたせいでカゼを引いただけだと思います。

 くしゅん!

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

Take

コトダマの里のIT事業部長兼SE兼お茶係です。主に電子書籍やタブレットなど最新のICT(情報通信技術)の動向について斜め30度ぐらいから考察します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)