青山学院大学の電子教科書配信の利用イメージ(出所:マイナビ・ニュース)

青山学院大学の電子教科書配信の利用イメージ
(出所:マイナビ・ニュース)

青山学院大学が経済学部でタブレットへの電子教科書配信の実証実験

 青山学院大学、京セラ丸善システムインテグレーション、東洋経済新報社の三者は、9月24日から青山学院大学経済学部現代経済デザイン学科において、翻訳教科書『スティグリッツ公共経済学』の電子教科書活用実験を開始すると発表した。

 青山学院大学の現代経済デザイン学科では専門科目「公共経済学I」の教材として、東洋経済新報社が発行する翻訳教科書『スティグリッツ公共経済学』を使用している。今回、経済学の教科書として日本で初めての電子配信を行い、1年生の約半数にあたる70名に貸与したタブレット端末(iPad mini / Nexus7)を用いて、電子教科書の活用実験を行う。

 電子教科書の活用は、専門書の持ち運び負担の軽減や、検索機能を利用して教科書を辞書のように活用するなどの学習の効率化が期待でき、青山学院大学では、来春より経済学部生全員に電子教科書を順次導入することを検討している。同学では、新たな教育環境を創造する上での重要な選択肢の一つと位置付けているという。

 こんにちは、コトダマの里の”隠れじゅりな押し”Takeです。

 さて前回からの連投になりますが、話題も前回と引き続き「タブレットを活用したICT教育の普及」というテーマに関連した話題です。前回は高校でしたが今回は大学で、青山学院大学で「電子教科書」の実証実験が始まったようです。

 「実証実験」ということですが、何を「実証」するのでしょうか。学生の成績が上がるかどうか、ということかな? それはたしかに興味深いですね。

 ところで、大学生活における一つの大きな悩みは教科書の持ち運びです。大学の授業で用いる教科書はだいたい大きく分厚い専門書であることが多いです。大学は一日の授業数がさほど多くないので必ずしも何冊も持ちあるく必要はないのですが、それにしても重くてかさばるので邪魔なことこの上ない。

 内容的には教科書でなかったら誰が読むかこんなもん! というのも少なくないのですが、先生のほうもそれは先刻承知で、授業を履修する学生しか読まないことを前提に本を作るので値段がまたバカ高い。
 それでふつうは先輩から譲り受けるか神田の古本屋で調達したりするのですが、陰険な先生とかは毎年改訂して改訂した箇所を試験に出題するとかしますので油断なりません。

 このようなことを考慮してみますと、大学の教科書こそ電子書籍にふさわしいように思えます。ただここで聡い学生は当然「自炊教科書」を料理好きの親切なお友達から譲り受けて済まそうとすると思いますが、ここに大きな落とし穴が!
 電子教科書になるとおそらく所定のサイトからダウンロードということになり、ちゃんとダウンロード(購入)したか学生のID管理でバレバレという可能性があります。「Takeくん、まだ教科書ダウンロードしてないよね! なのにタブレットで何見てるの? もしかしてエロゲ?」とか言われちゃいます。

 こういうわけで、ICT(情報通信技術)教育の浸透は管理教育の浸透につながる危険があります。それって”危険”とかじゃなくて”不正防止”とか”セキュリティ”の話じゃないの? という突っ込みはあるかもしれませんが、よく考えたら紙だろうが電子だろうがどうせ試験前日にしか読まないからおんなじか。

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

Take

コトダマの里のIT事業部長兼SE兼お茶係です。主に電子書籍やタブレットなど最新のICT(情報通信技術)の動向について斜め30度ぐらいから考察します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)