自動搬送式納骨堂(出所:日経トレンディネット)

自動搬送式納骨堂
(出所:日経トレンディネット)

樹林墓地、ロッカー式納骨堂…進化した“終活”の最新事情

 エンディングビジネスが乱世に突入している。2012年の人口動態統計では、死亡者数が過去最多を記録し、日本の死亡者数は40年まで増えていく見通しだ。昨年の「流行語大賞」トップ10には「終活」がノミネートされ、イオンが各店舗で開催した終活セミナーには年間約2万人が参加するなど、人々の終活への関心も高まる一方だ。

 旅行大手のクラブツーリズムも、昨年に終活講座を開講し、都内の納骨堂見学ツアーも実施。今年9月からは、規模を拡大して開講する。さらに、インターネットプロバイダーのニフティは6月に“終活サイト”をオープンし、葬儀や墓、遺品整理などの業者と連携。資料請求や見積もり依頼などのサービスを提供するなど、終活には、業界の内外からも熱視線が注がれている。

 終活の根幹をなすのは、生前に葬儀や墓などの準備をしておくこと。葬儀は、異業種の参入が相次ぎ競争が激化する一方、「“供養産業”といわれる墓、葬儀、仏具のなかで最も成熟していなかったのが墓。だがここ数年、多様化が明確になってきたと感じる」と言う業界関係者もいる。変化を続ける墓の最新事情を探った。

 今回紹介するのは『日経トレンディ』のネット記事で、葬儀や墓に関する最新のトレンド情報をコンパクトにまとめている。ただし「“終活”の最新事情」と題しているが、主に葬儀や墓の最新事情である。

 内容を箇条書きでまとめると、以下の通りである。

・最近、樹木葬が人気を集めている。樹木葬の方法としては、樹木の下にそのまま遺骨を埋めるケース、骨つぼや専用の袋に入れて納めるケースなどがある。
 

・海洋散骨も自然志向の人に人気である。海洋散骨の方法としては、「散骨には立ち会わず業者に委託する」ケースが最もポピュラーである。
 

・都心では、自動搬送式の大規模な納骨堂が増えている。遺骨を納めた納骨箱は、普段は収蔵庫で保管・管理されている。参拝者が専用のICカードをかざしたり、タッチパネルを操作したりすれば、納骨箱が礼拝堂・礼拝室の参拝ブースまで自動的に運ばれてくる仕組み。
 

・自動搬送式納骨堂の多くは、継承を前提としない一代限りの永代供養墓で、一般的には寺院の敷地内に建てられている。しかし建物の外観は、およそ墓地にも寺院にも見えない。寺院の敷地に建つといっても、納骨の際に宗旨・宗派は問われないことが多い。休憩室やセレモニーホールなども併設するため、墓参りから法要まで同じ場所で行うこともできる。
 

 

 ところで、先日のAzuさんの記事で「イオンの永代供養」が紹介されていたが、”葬儀・供養の価格破壊”が進行して、とうとうスーパーでお墓(供養)が格安で販売される時代が来たか、という感慨が深い。

 ただし、かつての「小泉構造改革」のように政府・行政が規制緩和して市場競争が導入・促進された結果として価格破壊・低価格化が進む、という構図ではなくて、葬儀・墓、あるいはより広く個人の「エンディングの作法」に関する”社会的・文化的な規制”が「緩和」して(つまり規範的な拘束力が弱まり)、そこにこれからの葬儀・墓の需要増加を見込んださまざまな業者が市場参入してきて競争が激化し、その結果として価格破壊・低価格化が進んでいるとみられる。

 しかし葬儀や墓に関しては、たんに価格破壊・低価格化が進んでいるというよりも、その商品としてのバリエーション、選択肢が著しく増えてきていることが注目される。
 つまり、「エンディングの作法」が「自由化」されて、社会的・文化的な規範よりも個人の意思や価値観が優先されるようになると、エンディングに関しても「自分らしさ」「個性」を演出したいというニーズが強まる。したがってそうしたニーズをカバーできるようなさまざな商品・サービスが供給されるようになるのは、市場社会の自然法則でもある。

 ただしここで注意しておきたいのは、こうした社会的・文化的趨勢の変化の局面で生じやすい、世代間の価値観のギャップによる摩擦・軋轢である。

 すなわち、葬儀・墓に関しては、弔われるのは親世代、弔うのは子世代になるのが一般的であるが、当然のことならそれぞれの生きた時代背景は異なり、また価値観や死生観も異なるだろう。

 例えば、親世代に比べれば子世代の方が「葬儀の簡素化」に抵抗が少ないかもしれない。あるいは逆に、親は子どもに自分の葬式や墓であまり負担をかけたくないと思っていても子どもの方では立派な葬式で供養したいと思うこともあるかもしれない。

 いずれにしても、現在のような変動期にはこうした希望のすれ違いが生じやすい。その意味でも、先日Azuさんが指摘していたように、エンディングノートなどを活用して自分の意思や希望を明確に伝え残すことがこれからは終活の必須事項となるだろう。

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
『コトダマ新聞』の主筆(代表)です。時流に流されずに死生観をめぐる文化論にまで掘り下げて考察したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)