Senior Life

photo credit: Ed Yourdon via photopin cc

孤立する独居高齢男性 「2週間他人と会話なし」16% 厚労省調査

 65歳以上の1人暮らしの人のうち、他人と会話する機会が「2週間に1回以下」という人は男性16・7%、女性3・9%だったことが24日、厚生労働省の研究所の調査で分かった。妻と同居する男性では4・1%にとどまっており、1人暮らしの高齢男性が社会的に孤立している実態が浮かび上がった。

 調査では、「普段どの程度、人(家族を含む)とあいさつ程度の会話や世間話をするか(電話も含む)」を尋ねた。「毎日誰かと会話をする」とした割合は、20~60歳未満の男女で9割超だったが、1人暮らしの65歳以上では男性50・0%、女性62・8%と低かった。「2~3日に1回」は男性18・3%、女性24・9%、「4~7日に1回」は男性15・1%、女性8・4%で、若年層や家族と同居する高齢者と比べて会話は少なかった。

 1カ月間に10人以上と会話した人は40代では79・7%いたが、80歳以上では46・1%と33・6ポイントも減少。また、所得が低い人ほど会話した相手が少なかった。

おしゃべりは参加することに意義がある

 コトダマの里のAzuです。暑い日が続いていますが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

 さて今回ご紹介するのは、国立社会保障・人口問題研究所が行った「生活と支え合いに関する調査」です。

  • 調査対象は全国(福島県を除く)の調査地区から無作為に選ばれた300地区に居住する世帯主および20歳以上の世帯員。有効回答票数は、世帯票11,000(有効回収率68.3%)、個人票21,173(有効回収率80.6%)。

 調査結果によると、1人暮らしをする高齢の男性のうち、2週間人と会話することが全くないか1度しかない人が6人に1人に上る、ということです。

性別・世帯タイプ別・会話頻度(65歳以上)(出典:「生活と支え合いに関する調査」(国立社会保障・人口問題研究所))

性別・世帯タイプ別・会話頻度(65歳以上)
(出典:「生活と支え合いに関する調査」(国立社会保障・人口問題研究所))

 これは、人と会って話をすることがせいぜい月に1、2回しかない、ということですね。年間だと10回程度! 毎日人と話をしなと気が狂うかもしれないわたしから見ると想像を絶することです。「どうせくだらないおしゃべりしてるだけだろ」と突っ込まれるかもしれませんが、おしゃべりは参加することに意義があるのです。

 人と話をすることは単純に楽しいことですが、なによりストレス解消になります。嫌なことや辛いことがあっても、話をして外に吐き出せばそれだけで気分は軽くなります。

 逆に話をしないことは、ストレスを溜め込むことになります。ストレスは万病の元、とりわけ高齢の方々は注意しなければなりません。

 ただ、定年退職するまで仕事一筋、会社に勤めていたときは毎日社内や取引先の大勢の人と会って話をする毎日だったのが、定年退職を機にぱったりと人付き合いがなくなり、近くに知り合いや友人もいないし、家庭内でも今さら妻や子と話すネタがない、というパターンに陥ってしまったシニア男性の方はけっこういるのではないでしょうか。

 おまけに奥さんから「熟年離婚」を申し渡されてしまった日には目も当てられません。これから人生のセカンドステージを満喫しようというときに、独り寂しく「タマシイの抜け殻」のようになってしまいかねません。

 

集団活動で「くだらないおしゃべり」のスキルアップ!

 思うに、優秀なビジネスマンだった男性ほど「くだらないおしゃべり」のスキルが身に付いていないのではないでしょうか。

 そのような人たちは、ビジネス上のマナーや営業上の流儀として「スマートで知的な会話術」「売り上げ倍増の営業トーク」「出世するコミュニケーション・テクニック」のようなものを十分マスターして実践してきたと思います。

 ただその反面として「くだらないおしゃべり」「意味のない会話」「時間のムダ話」をすることができなくなってしまうと思います。

 つまり人との会話やコミュニケーションを純粋に楽しめなくなってしまうのですね。本当はストレス解消に抜群の効果がある「くだらないおしゃべり」が逆にストレスのタネになってしまうとしたら、それは本当に可愛そうなことだと思います(わたしから見れば)。

 ちなみにあるQ&Aサイトでも同じようなことが指摘されていました。

高齢者男性のコミュニケーションはどのような形がよいのでしょうか

Q.女性は年齢問わず他人とのコミュニケーションができると思います。しかし男性はうまく無いような気がします。男性は口下手なところがある感じがします。高齢者施設でも、男性はテレビをみていることが多いように思います。ですが、某匿名掲示板では、(おそらく)男性の書き込みが多いようにみられます。実際は無口な男性ですが、ネット上では活発に議論しているギャップがあるようにみえます。これからの高齢者施設において、男性がコミュニケーションを取ることで楽しく過ごせるためにはどのような環境にしたら良いと思いますか?

A.女性はおしゃべりで(内容がなくてもおしゃべりそのもので)ストレスが発散できるそうだけど、男性はそもそも他人との実のない会話を求めてないと思いますよ。最も個性もあるから一人でのんびりしたい女性も、思いつきを垂れ流して話す男性もいると思うけど。多数の男性は「必要が」なければ話さないのではないかなあ。何か話し合って決めなきゃいけないことがあるとか、自分の要望を通したいとか、誉められたいから自慢を話す、とか。そう考えると高齢者男性が一言話すごとに誉めたり驚いたり相手の望む反応を返してやれば、その反応が欲しくて話してくるようになるのでは。

 
 たしかに、男性にとってコミュニケーションは何かをするための「手段」であって、それ自体が「目的」ではない傾向があるように思います。それなので、何かをするために役に立たないような会話は意味がないし、必要がない、と感じるのでしょう。

 だとすると、やはり何か集団で行うような活動、例えば趣味サークルや地域ボランティアのような活動に参加するのが手っ取り早いかもしれません。そのような集団活動のなかでは必然的に仲間とコミュニケーションしなければなりませんし、そうしたコミュニケーションを通じて活動目的を達成できればコミュニケーションの「意味」を実感できるでしょう。

 そしてそうしているうちにだんだん「くだらないおしゃべり」もできるようになる(?)かもしれませんし、そこに楽しみや喜びを見いだせるようになるかもしれません。

 とはいえ歳をとって気力も体力も衰えてくると新しく何かを始めたり何かに参加したりするのは億劫になりがちです。中高年の男性は、社会的孤立や孤立死(孤独死)を回避するためにも、心身ともに元気なうちに会社生活、仕事生活ですっかり衰えた「くだらないおしゃべり」のスキルとノウハウを回復しておきましょう。

 とりあえずは身近な奥さんや子どもを相手にコミュニケーションのリハビリをすることをお勧めしておきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

Azu

コトダマの里の広報・お客様窓口担当です。お客様からのお問い合わせはわたしが承りますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)