福岡市社協職員とのおしゃべりを楽しむ田川とみ子さん(出所:西日本新聞電子版)

福岡市社協職員とのおしゃべりを楽しむ田川とみ子さん
(出所:西日本新聞電子版)

入退院支援、葬儀、家財処分… 家族の代わりに「終活」 福岡市社協が見守り事業 無縁社会?増える登録者

 死後の葬儀や家財処分を頼める人がいない…。独居高齢者の不安を和らげようと、福岡市社会福祉協議会が親族に代わって生前の見守りから死後の多様な手続きまでを請け負う「ずーっとあんしん安らか事業」が注目を集めている。無縁社会や人生の最期に向けて準備する「終活」ブームを反映してか、事業の登録者は年々増加。協力企業も広がっている。

 「博多座の歌舞伎、どうでした?」「市川中車さんがよかったわ」-。8月の午後、福岡市城南区の団地に住む田川とみ子さん(86)と、市社協職員の城谷史子さん(54)のおしゃべりに花が咲いた。城谷さんは1人暮らしの田川さん宅を3カ月に1回訪問。2時間近く会話しながら、生活ぶりや健康状態に変化がないかを見守る。

 独身の田川さんは1年前、安らか事業に登録した。福岡県三潴町(現久留米市)出身で、10人きょうだいの末っ子。きょうだいは全員亡くなった。故郷に親戚は多いが「めいたちに迷惑を掛けたくない」と話す。

 火葬だけして、遺骨はめいに引き渡す。介護保険や年金、公共料金などの死後手続き、自宅の家財処分を任せる-。社協とこんな契約を結んだ。「安心しました。最期まで自立した生き方を貫きたい」と田川さん。

 今後高齢化が進み、とくに単身高齢者が増加していく。さらに、親族や近隣との関係が希薄な高齢者も増えている。
 そうしたことを鑑みると、自分に不測の事態が起きたときに備えて自治体や公共組織・団体の協力を仰ぎたいというニーズはこれから増えていくだろう。福岡市社会福祉協議会の取り組みは、そうしたニーズに応えるものとして大いに評価できる。今後このような取り組みが全国に広がっていくことが期待される。

 その一方で、まだクリアすべき問題もいろいろある。なかでも、運用の「信頼性」の問題は大きいと思われる。
 葬儀、墓、遺産への対応などを含めて自分の死後のことに関しては、自分はもはやどうしようもないので、他人にすべてを任せることになる。そうなると、任せる相手との信頼関係がとりわけ重要で、本来は家族以外の人においそれと任せることができるようなものではない。

 その点、社会福祉協議会のような公共組織・団体はたしかに信頼性においては個人や民間組織・団体などに比べれば勝っている。とはいえ、その信頼性は制度上、形式上のものにすぎない。けっきょくいくら制度上、形式上整った仕組みでもそれを運用するのは個々の人間であり、不正なことをしようと思えばいくらできもできるのが現実である。

 わたしはかつて成人後見人制度に関して、この種の「信頼性」は制度的、形式的な仕組みだけではなく、運用の「公開性」、つまりどのように運用されているかが常に複数の人の目で監視されているような状態で初めて担保される、と述べた。つまり、不正というのはけっきょくのところ「閉鎖的な環境」「密室」だからこそ起きてしまうのであり、衆人環視のもとでは起こりえないものなのである。

 しかしながら、葬儀、墓、遺産のことなど「エンディング」に関わることはプライバシーに関わることでもあるので、一見したところ「公開性」と相反する性質をもつ。しかその一方で、そうした「プライバシー」を隠れ蓑にして不正を隠蔽することも非常に容易にできるのである。

 こうしたことを考えると、自治体であれ公共組織・団体であれ、ある一つの組織・団体に全面的に委ねるのは仕組みとしてリスクが大きいと思われる。もっと複数の独立した人・組織・団体がそれぞれ運用の実態をチェックできるような仕組みが望ましいだろう。

 こうした取り組みはまだほとんどされていないようだが、これからニーズが増えていくことを考えると早急に仕組みが整えられることが望まれる。

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
『コトダマ新聞』の主筆(代表)です。時流に流されずに死生観をめぐる文化論にまで掘り下げて考察したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)