いわて生協のエコ棺

いわて生協のエコ棺

地球にやさしい人生最後の選択肢「エコ葬儀」

 葬儀環境問題が身近なニュースとなる昨今、葬儀業界においても“地球にやさしい葬儀”が取り上げられるようになった。自分なりのこだわりとして、残された人と地球環境の双方に感謝を込める「エコ葬儀」とはどういったものなのか。

 実はこのエコ葬儀、推奨している業者は多く、これといった定義付けがされている葬儀サービスではない。ただ、共通認識とされているのは、木製に比べてCO2排出量が少なく、燃焼時間が15分と短い紙製の「エコ棺」を用いること、そして売上の一部を森林再生事業のために寄付することなどである。火葬率が100%近い日本において、紙製の棺の需要は高そうだ。

 なお、紙製の棺は強度が気になるところだが、棺の形状を工夫したり、内部を補強して形が崩れないようにしているという。
 遺体を液体窒素によって乾燥凍結させ、灰のように細かい粒子にした後に埋葬する「フリーズドライ葬」など、旅立ちの置き土産をできるだけ少なくする取り組みも存在する。こうした主旨に賛同する葬儀社や葬具メーカー増えてくれば、棺以外のエコ葬儀製品の開発もさらに進むだろう。

 

 「エコ葬儀」は、昨今のトレンドである「葬儀の簡素化」と相通じるところがある。
 紙製の棺は木製と比べて燃焼時間が短くCO2排出量が少ないという意味で「エコ」であるが、木製の棺に比べて価格が低めで質素なイメージがあるという点で「簡素」である。

 ただし、「エコ」の意味をもう少し積極的に捉えると、自らの死を「自然の循環」「生命のつながり」のなかに位置づけようとする意識もそこにあるのかもしれない。つまり、死をたんなる消滅として捉えるのではなく、生命の「循環」と「再生」のなかの一つの契機として捉えるわけだ。
 最近注目されている樹木葬なども、そうした意識が多分に反映されているかもしれない。

 そういう意味では、人の死のあり方も「循環型社会」の重要な要素として組み込まれつつあるのかもしれない。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
『コトダマ新聞』の主筆(代表)です。時流に流されずに死生観をめぐる文化論にまで掘り下げて考察したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)