婚外子の相続、6割が「格差解消を」

婚外子の相続、6割が「格差解消を」

 遺産相続の際、結婚していない男女の間に生まれた子ども(婚外子)も法律に基づく夫婦の子ども(嫡出子)と平等に扱うべきか否か?
 電子版読者の59%がイエスと答え、格差を解消すべきだとの意見が多数でした。最高裁が相続格差を間もなく違憲と判断しそうだという事情もあるでしょうが、政府の世論調査では少数だった賛成派が過半数を占めました。
 「相続格差を解消すべきだ」という読者のコメントです。
 ○万人が法の下では平等であるべきだ(76歳、男性)
 ○出自の違いは子どものせいではない(44歳、女性)
 ○妻の気持ちはわかるが、子どもには関係ない(46歳、女性)
 ○「不倫助長」は時代錯誤だ(70歳、男性)
 ○国際標準に合わせるべきだ(64歳、男性)
など積極的に賛成という回答が中心でした。

 「現状のままでよい」という読者のコメントもみてみましょう。
 ○家族の概念はその国の文化だ(77歳、男性)
 ○結婚制度の崩壊につながる(50歳、男性)
 ○嫡出子は扶養の義務を負う(65歳、男性)
などでした。

 電子版へのコメントも含め、賛否双方の側から「遺言すればよい」という指摘は複数ありました。遺言すれば婚外子だけでなく、内縁の配偶者や愛人、血縁はないが世話になった人などに遺産を残すことができます。逆に嫡出子の取り分をなくすもしくは減らすこともできます。
 正確な統計はありませんが、日本では遺言を残す人は1割もいないとされています。遺産の分割比率を国任せにする必要はないわけで、エンディングノートがもっと一般化すれば、相続格差の問題はかなり解消されるはずです。

 

 先月末、結婚していない男女間の子(非嫡出子)の相続分を、法律上の夫婦の子(嫡出子)の2分の1とする民法の規定の合憲性が争われた遺産分割審判の特別抗告審で、審理が大法廷に回付された、ということがニュースで報じられた。
 最高裁大法廷は1995年の決定ではこの規定を「法律婚主義に基づいて嫡出子の立場を尊重するとともに、非嫡出子にも配慮して調整を図ったもの。合理的理由のない差別とは言えない」として合憲と判断したが、そのさい5人の裁判官が「相続での区別は個人の尊重と平等の原則に反する」「規定は今日の社会状況に適合しない」などとして「違憲」とする反対意見を述べていた。今回再び大法廷に回付されたことで「合憲」の判断が見直される可能性がある。

 以前に家制度はいまなお日本人の潜在意識に根強く残っている、と論じたが、あらためて述べると、農業社会の文化を土台とした家制度は、経済的には土地資産の継承、象徴的には「家(イエ)」の継承を両軸として、個々人の意志(遺志)を超越した社会規範として日本社会の伝統に根を下ろしていた。
 そしてまたそれは、たとえば「長男がイエ(家業・家督)を継ぐ」「次男、三男は家を出て働く」「娘は他所の家に嫁ぐ」など誰も文句がつけられない規範として自明に存在していたので、わざわざ遺書を書く必要もなかった。これまで日本に遺書を書く文化が一般庶民レベルで根付いていない一つの理由は、こうした規範が確固として存在したからだと思われる。

 しかし最近は、葬儀や墓の「簡素化」の傾向が示しているように、死のあり方が伝統や風習よりも個人(故人)の意志を尊重するようになってきている。わたしはこの文化的・意識的趨勢を「死の個人化」と呼んでいる。そしてこの「死の個人化」は、葬儀や墓に関してだけではなく、相続に関しても個人の意志を第一に考えることを含意している。

 しかし逆にいえば、個人の意志が明確でなければ、かつての家制度のような皆が納得する自明な指針がないので、遺族のあいだでトラブルや紛争になりがちになる。
 したがってこうした今日の「社会状況」を踏まえるならば、相続に関する法制度は「法の下の平等」「個人の権利の尊重」のようなきわめて一般的な原則の規定にとどめ、具体的には遺書などで明示された個人の意志に委ねるのが「合理的」であると思われる。
 ただしそのためにも、遺書やエンディング・ノートの作成がもっと一般的に普及していく必要があるだろう。そしてそれが、余計な紛争やトラブルを予防するもっとも単純明解な方法であると思われる。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
『コトダマ新聞』の主筆(代表)です。時流に流されずに死生観をめぐる文化論にまで掘り下げて考察したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)