“遺言書”について用意して欲しいか(オールアバウト「親の“終活”に関する調査」)

“遺言書”について用意して欲しいか(オールアバウト「親の“終活”に関する調査」)

“終活ギャップ”は大丈夫? 親の「終活」に関する調査

 All About「生活トレンド研究所」は、親の“終活”に関するアンケート調査を実施しました。30~50代の、両親及び父親か母親のどちらかがご存命中である方900名から有効回答を得ました。この調査から気付いたことをまとめました。

終活の認知度は?
 「終活」自体の認知度(=意味まで知っている)は全体で32.2%でした。中でも特に高かったのは50代女性で42.7%でした。その50代女性においては、「詳細は分からないが言葉は知っている」まで含めると84%にもなります。終活が、子の世代にも認知度が高まっているの が調査結果からよく分かります。

遺言を書いて欲しい人は50%
 「遺言は感謝の手紙」です。遺言は、書く人にとって経済的なメリットはありません。それでも遺言を書くというのは、財産を渡す人に感謝の気持ちがあるからです。
 よく、子の側から遺言を書いてもらうにはどうしたらいいのでしょうか? と相談を受けます。遺言は感謝の手紙ですから、書いてもらうには親孝行をすることです。一緒に旅行に行ったり、食事をしたりして多くの時間を一緒に過ごすことです。

 「終活」は、「親」の立場で行うのが一般的であろう。そしてその終活の基本中の基本は遺言を作成しておくことであろう。「子」の立場から見ても、親の終活で一番関心があるのが遺言であることはたしかだろう。

 今回の調査は、子どもの視点からみた親の終活についての意識を尋ねたものだが、「終活」の認知度は約3割で、子の世代にもそれなりに認知が広まってきていることをうかがわせる。さらに50代女性が約4割ともっとも高いのは、やはり遺言に対する関心からであろう。
 “遺言書”について用意して欲しいと思うかについては、「思う」「思わない」がほぼ半々という結果である。ただし、特に別居している女性に「用意して欲しい」と思う傾向がある。

 親子のふだんの会話のなかでは、終活や遺言に関わる話題はどうしても上がりづらい。
 例えば、歳を重ねた親から「お迎えを待っているのに、なかなか来ない。身体も痛いし、面倒もかけたくないのにねえ。」とか言われれば、そんな親を目の前にして「それじゃあ、お葬式のとき誰に来てもらいたいか、教えて。」などと聞くのは、普通の神経をしていたらはばかれるところだろう。「何を気弱になってるの。」と少し怒り気味に言って、後は話題をそらすのが関の山ではないだろうか。

 とはいえ、終活への認知が広まり、テレビや広告などを介してお茶の間でも自然に話題に出せる雰囲気が出てくると、これからはもう少し気軽に親がどう考えているのか、何をやっているのかを聞くことができそうだ。子どもとしては、できれば親が元気なうちに、お茶を飲みながら、またはお酒を酌み交わしながらでも、ごく自然体で終活に関して話し合っておきたいところだ。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
『コトダマ新聞』の主筆(代表)です。時流に流されずに死生観をめぐる文化論にまで掘り下げて考察したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)