土地はもはや"財産"ではない

遺産相続人がいない!?~空き家、空き地が激増する「独居老人国・日本」

 最近、空き家はどんどん増えている。総務省によると、2008年時点の全国の空き家は757万戸。10年間で180万戸も増えた。放置された空き家は、ゴミを投げ入れられたり放火されたりしやすいから、近所迷惑のもとになる。
 空き家が増える理由はいろいろ考えられるけれど、そのひとつとして、固定資産税という税金の仕組みがある。「住宅用地特例」という税金の法律があって、住宅の敷地に利用されている土地については、税金が安くなるのが決まりなんだ。だから親が死んで、人が住まなくなった家も、取りこわさず残しておく人が少なくない。
 でも、中には相続人がわからないまま、取り残されている家もあるんだよ。国土交通省では、“所有者不明の土地”の手続き は、2050年には今の4倍、約4万5000件に達すると見込んでいるよ。

空き家の状況

出所:日本経済新聞

 土地は“代々受け継がれるべき不朽の財産”である、という考えは根強い。

 この考えは、本来的には農業社会における土地の価値に根ざしたものなので、歴史的、社会的、文化的、経済的その他諸々の観点から強い根拠がある。さらに、明治以降の近代化の過程においては、土地は各種の「工場」の建設用地として、すなわち資本主義社会における「資本」として価値を産み出すものとなった。
 したがって、土地は、農業社会では第一次産業を通じて、工業社会では第二次産業を通じて、「社会的富(価値)」を産み出すための文字通りの”土台”であった。しかし、戦後の高度経済成長と人口増加は、そうした生産的価値とはまた別に、「土地は必ず値上がりする」という”土地神話”のもとでの「投機的価値」がそれに加わった。それにより、土地はその本来の生産的価値以上に「財産」として期待されるようになった。
 そしてそれが絶頂を迎えたのは、周知の通りバブル経済の時期であったが、その期待はあっというまに泡と消えた。その後に控えていたのは、少子高齢化と人口減少、および長期不況とデフレ経済である。

 農業社会、工業社会の段階をとうに過ぎた日本社会では、土地はかつてのように古典経済学的な意味での「資本」として社会の主要な生産的価値の源泉ではもはやない。また、デフレ経済が進行するなかでは、投機的価値はもはや期待できない。人口減少と大都市圏への一極集中が進むなかでは、大部分の土地には家を建てて住むという利用価値もなくなってきている。かくして、土地にはかつてのような”代々受け継がれるべき不朽の財産”という価値はもはやなくなっているのである。
 しかしながら、人間は都合の悪い現実を直視したがらない心理的傾向がある。財産と思って購入したものにもはや財産的価値がなくなっても、なかなかその現実を受け入れられずに、あえて文字通り「見ないでおく」ということがままある。さらに、解体費用がかかったり、相続をめぐる権利関係が未解決なままだったりすると、問題を先送りしたままになってしまう。

 しかし、たんに無価値であるならなまだしも、空き家が荒れ放題になって防災面からも防犯面からも地域社会にマイナスの影響を与えるとなると、公共的観点からは「マイナスの価値」となり、一種の”公害”なので放置することはできない。
 また、こうした「マイナスの価値」ということを鑑みると、「空き家を更地にすると固定資産税が6倍に跳ね上がる」という制度もおかしくなる。すなわち、空き家のままだと「マイナスの公共的価値」(経済学でいう「外部不経済」)が生じるのであれば、更地にするとそのマイナスがなくなるわけだからむしろ税金を軽くしなければならない。

 それはともかく、かつての「土地神話」は経済成長が産み出した長い歴史から見ればほんの一瞬の「土地幻想」に過ぎなかったわけだから、土地を(私的)「財産」として過剰に配慮するのはやめて、いまいちど何らかの意味で生産的価値を生み出しているかどうか、という観点から評価されるべきだろう。ちなみに、そのほうが「資本主義」の本来の趣旨にかなうものであるもある。そのうえで、私的に所有されている限りは価値を生み出すことが期待できないのであれば、いったん自治体が購入して例えば介護施設を作るであるとか、地域社会にとって公共的価値のある活用をはかるべきだろう。

 
LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
『コトダマ新聞』の主筆(代表)です。時流に流されずに死生観をめぐる文化論にまで掘り下げて考察したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)