Eating 40 per cent less food could extend a person's life by 20 years, according to scientists

Eating 40 per cent less food could extend a person’s life by 20 years, according to scientists(Mail Online)

小食が長寿の秘訣!? 「食べる量を40パーセント減らすと20年長生きできる」という研究結果

 英国ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの研究チームが遺伝子とライフスタイルが老化に与える影響を検証した結果によると、ラットの食事の量を40パーセント減らすと、20~30パーセントもより長く生きることが判明したという。これは全ての生命体に当てはまるのだそうだ。つまり、人間の寿命でいうと約20年に相当する。
 研究チームはラットの他に、60パーセントの遺伝子が人間と共通であるというハエも対象に研究を進めている。彼らは、薬の使用と食事量を減らすことでラットとハエどちらに関しても、寿命を延ばすことに成功。こうした効果は人間にも適用できるのではないかと期待している。

 近年、少食と健康長寿との関係がよく指摘される。最近話題の南雲吉則氏 『「空腹」が人を健康にする』も 、”長寿遺伝子”と呼ばれる「サーチュイン遺伝子」を活性化させるために「一日一食」を勧めている。紹介した研究成果も少食を後押しする知見である。

 「腹八分目」が健康と長寿の秘訣であることは、もはや常識である。ただし、(どちらかというと食べ過ぎになりがちな)通常の食事量を20%減らす程度ならさほど辛くはないだろうが、40%となるとけっこうきつい。
 「一日一食」だとその程度にはなるだろうが、これを毎日死ぬまで続けるのは、おいしそうな食物に囲まれた先進諸国の生活環境のなかでは普通の人にとっては「拷問」に近いだろう。

「健康的な長生き=善」という”不健康な前提”

 この種の話題に接するときにいつも思うことだが、「長生き」、あるいは「健康的に長生き」することの「意味」についてきちんと考えること抜きに「長生き=善」を自明の前提として議論を進めることは、あまり「意味」がないように思う。

 たしかに、「健康的に長生き」することは一般論的には善いことではあろうが、「健康的に長生き」して、さて何をするのか、という問いに何も答えられないようでは長生きしてもあまり意味がないように思う。
 例えば、日々のいかなる誘惑にも負けずに「一日一食」「腹六分目」で毎日過ごすことを「健康的に長生き」することそのものを目的として行うのは、(人それぞれだとは思うが)ちょっと「(精神的に)不健康な生き方」のようにも思う。
 そうではなく、例えば、そうした修行のような生活を自らの心身の鍛錬として行い、そうした鍛錬を土台として何か自らの理想を追求する、というようなあり方だとそれなりに首肯できる。

 いわゆる「健康オタク」や「ダイエット・マニア」の人は「健康」が自己目的化して「何のための健康か」という自問を欠いていることがある。もしそれに確たる答えがないのであれば、食べたいものを食べていたほうがましのようにも思えるのである。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
『コトダマ新聞』の主筆(代表)です。時流に流されずに死生観をめぐる文化論にまで掘り下げて考察したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)