[社説]健康寿命 元気な高齢期を長く延ばそう

 健康寿命とは、一生のうちで、外出や家事など日常生活を支障なく送れる期間のことだ。何歳まで元気で暮らせるかのバロメーターである。厚生労働省が国民生活基礎調査を基に算出した。
 2010年時点の日本人の健康寿命は、男性が70・42歳、女性は73・62歳だ。平均寿命(男79・55歳、女86・30歳)と比較すると、男性で9・13歳、女性では12・68歳もの差が生じている。
 この差は、寝たきりになったり、治療や介護が必要になったりする期間を意味する。平均寿命と健康寿命の差が縮まれば、健康で元気なお年寄りが増える。
 その結果、医療や介護など、年々膨らむ高齢者福祉の費用を抑えられる効果も期待できる。
 厚労省は国民の健康に関する方策「健康日本21」に、健康寿命を指標の一つに盛り込んだ。平均寿命の延びを上回るペースで健康寿命を延ばすのが目標だ。

 死ぬまで健康で元気に暮らしたい、とは誰しもが思うことであろう。その意味では、「健康寿命」を延ばすことは、個人としても社会としても大いに目標にすべきことであろう。ただし、「平均寿命ではなく健康寿命を延ばそう」というスローガンは表面的には異論の余地がないように見えるが、現実にどのようにしてそれを実現していくのか、という具体的な内容に踏み込んでいくときにそれほど単純ではない様相を呈してくる。

 健康寿命が延びる一方で平均寿命があまり延びない、という事態は、たしかに「健康で元気なお年寄りが増える」ことである。他方で別の見方をすれば、健康でなくなったらすぐに死ぬ人が多くなる、ということでもある。

 これは何を意味するのだろうか。もしそれが、寝たきり状態になるなど「健康で元気に」生活できない状態になったならばもう生きたくない(または生きられない)人が増えることの結果であれば、必ずしも手放しで良い事だとは言えない。つまりそこには、あからさまに言えば、「健康でなくなったら早く死んだほうがよい」という暗黙の価値観があるからである。

 「平均寿命ではなく健康寿命が延びること」はたしかに国家・政府としては「推奨」されるべきことかもしれない。しかしそれは「健康でない生」を「生きるに値しない生」に押しやっていくことにつながる。

 いずれにしても「健康」という一見自明な価値をナイーブに追求していくまえに、「生きること」あるいは「死ぬこと」の価値を今一度個人的にも社会的にも省察する必要があるだろう。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
『コトダマ新聞』の主筆(代表)です。時流に流されずに死生観をめぐる文化論にまで掘り下げて考察したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)