KS001『コトダマ物語&コトダマ・レター選集』は、コトダマの里で作成した『コトダマ物語』および『コトダマ・レター』をテーマごとにピックアップし、編集本としてまとめたものです。
 あわせて、『コトダマ物語』『コトダマ・レター』の趣旨とガイダンスも含まれています。
 『コトダマ物語』『コトダマ・レター』の入門書であると同時に、その”タマシイ”を凝縮した精選集でもあります。
 『選集』に納められた「タマシイの物語」「タマシイのメッセージ」が読者の「タマシイ」に響き、新たな「コトダマ」へとつながっていくきっかけになれば幸いです。
 なお『選集1』は『コトダマ物語』『コトダマ・レター』のサンプル・バージョンの位置づけですので、とくにテーマは設けていません。


コトダマレター『カオちゃんへ』 今年も、お誕生日プレゼントどうもありがとう。サルのぬいぐるみ、さっそくベッドの脇に飾りました。一見普通のぬいぐるだけど、口が大きくパカッと開いていて、メガネ置きにもなるんだね。便利でかわいくて一石二鳥で重宝しています。ぬいぐるみを見ながら、ふとカオちゃんに最初に会ったときのことを思い出しました。


コトダマレター『幸介へ』 この手紙を読むときは、お母さんはすでにお星さまになっているでしょう。そして空の上から幸介のことを見ているでしょう。空の上からも幸介のことはしっかり見えますが、さすがに声は届かないよね。だから、声の代わりに手紙を届けてもらうことにしました。


コトダマレター『カオちゃんへ』 ティーネージャーの頃、文鳥を飼っていました。名前はピピ。少しだけ胸もとに桜もようのあるサクラ文鳥で、気の強い性格でした。ピピは十二年くらいの生涯を、ずっとわたしの部屋の中で過ごしていました。ピピは十二年もの間、わたしのかけがえのない同居人でした。わたしにとって、ピピは時に、親友であり、恋人であり、兄弟や姉妹であり、師匠であり…… そして今は、わたしの守り神となって、天国から見守ってくれていることでしょう。


わたしの「熟年離婚ドラマ」 数年前、『熟年離婚』というドラマが放映され、話題を呼びました。仕事一筋だった夫(渡哲也)が定年退職を迎えた日に、長年連れ添ってきた妻(松坂慶子)から突然離婚届を突きつけられる、という話です。「わたしも主婦を卒業したい・・・」。妻は一見何不自由なく幸せな家庭生活を送ってきたかのように見えて、じつは家庭を顧みようとしない夫に対して長年不満を募らせていて、もうこれ以上自分を犠牲にすることは我慢できなかったのです。わたしは、この番組が始まった当初から食い入るようにテレビを見ていました。そして番組が終わったときにはいつも、深いため息をつきました。細かいところで違いはあるものの、根本的なところではわたしたち夫婦にそっくりだったからです。


結婚して苦労を買う 「苦労は買ってでもしろ」とよく言われます。これは、人生のどんな苦労でも後々役に立つ知恵や教訓が必ず含まれている、ということを意味していると思います。わたしは、結婚をして、夫からまさに「苦労を買い」ました。いまから思うと、これはまったく無駄な買い物でした。無駄どころか大損でした。しかし、過ぎたことをいつまでも悔やんでいても仕方がありません。めげないのが、わたしの一番の取り柄ですから。日本人の平均寿命という観点から見ればわたしはすでに人生の折り返し地点に差し掛かっているところですが、わたしとしてはこれからが人生の本番だと考えています。


お母さん、お父さんへ 一年にわたるガン治療が一段落して、来月、仕事に復帰することになりました。
 手術のときも、その後の治療のときも、お母さんとお父さんがいてくれて、とても心強く、安心でした。
 ほんとうに、ありがとう。
 ほんとうは面と向かってきちんと御礼の言葉を言うべきなのに、あらたまって言うのはなんとなく恥ずかしいので、元気なうちに感謝の気持ちを手紙にしておこうと思いました。


渉くん、将くんへ 金婚式のお祝いわいを、盛大に祝いわってくれてありがとう。
 じいちゃんとばあちゃんは、すごく感激しました。いっぱい飾付けしてくれて、大変だったでしょう。
 お歌も、とっても上手でした。
 お母さんと一緒いっしょに作ってくれたケーキもとてもおいしかったわよ。
 ネコちゃんのおそろいのマグカップはずっと大事にするわね。
 じいちゃんとばあちゃんが結婚して五十年、渉くん、将くんたちに囲まれて、あたたかな金婚式を迎えることができて、とても幸しあわせです。
 ばあちゃんは毎日、渉くん、将くんのおかげでますます忙しく、ますます賑やかに、そして楽しくすごしています。