プロフィール Take

コトダマの里のIT事業部長兼SE兼お茶係です。主に電子書籍やタブレットなど最新のICT(情報通信技術)の動向について斜め30度ぐらいから考察します。
北朝鮮のタブレット「Samjiyon」(出所:North Korea Tech)

北朝鮮のタブレット「Samjiyon」
(出所:North Korea Tech)

何が出来る!? 北朝鮮で売ってるAndroidタブレットが世界発公開されました

 タブレット、存在するんですね!

 どれくらい人気なのか不明ですが、世界に広がるタブレット人気の波は北朝鮮にも届いたようです。

 北朝鮮のタブレット「Samjiyon」が世界で初めて公開されました。北朝鮮を訪れた際にが手に入れた観光客の「マイケル」さんがNorth Korea Techに語った内容によれば、Samjiyonにはアンテナが付いていたり、なぜかAngry Birds Rioが標準搭載されていたりと少しおかしな設定だそうです。またWifiに接続することは不可能で、ブラウザを立ち上げるとすぐさま北朝鮮のイントラネットへ接続させられます。さらにSamjiyonには主体思想の電子書籍がプリインストールされてきます。

 それからAndroidタブレットですが、Googleのアプリは一つもインストールされていませんでした。タブレットを持ち帰ったマイケルさんはSamjiyonを200米ドルで購入した

続きを読む


パソコンソフト『僕が死んだら...』

パソコンソフト『僕が死んだら…』

家族に伝えたいこと、伝えたくないこと

 エンディングノートにはページ数の多いものもあり、その枚数を見ただけで書くのに躊躇する、と言う方もいますが、「これだけは絶対家族に伝えたい」という情報から書き始めると記入しやすいようです。

 「情報」には、エンディングノートに記載せず、パソコンに保存しているものがあります。パソコン内の大事な情報が消去しないようにバックアップする方法はいろいろありますが、一方で、情報の漏洩防止のため、パソコンのハードディスク内のデータを完全に消す業者やソフトも多々あります。

 先日、テレビで紹介されたソフトは、パソコンを立ち上げ、デスクトップ画面にあるアイコンをクリックすると、自動的にデータが消去するというものでした。これは他の消去ソフトとどこが違うかと言うと、パソコンの持ち主以外の者がそのアイコンをクリックするように誘導している点です。つまり、パソコンの持ち主が不慮の事故などで亡くなり、自分自身ではデータを消去できなくなったときに利用されることを想定しています。

 そんなことなら、エンディングノートに「パソコン内のデータを完全に消去してください」と書いておけば良いのでは、と思う人もいるでしょうけど、自分のパソコンの中身って、とくに身内には見られたくない、という場合もあるのでは?……このソフトの話を数人にすると、みんな、うんうんと頷いていました(笑)。

 家族に伝えたいことはエンディングノートに、……逆に伝えたくないことは……伝わらないように準備しておくことも必要かも知れませんね。

続きを読む


“Kindleの持ち方” (出所:WIRED.jp)

“Kindleの持ち方” BY Tatsuo Yamashita
(出所:WIRED.jp)

さようなら、「電子書籍」

 電子書籍という話題に少しでも興味がある方なら、もしかしたら今年の6月3日に公開された、「コンテンツ緊急電子化事業(通称:緊デジ)」によって電子化された書目のPDFファイルをご覧になったかもしれない。あれを見た方は、自分の目を疑ったのではないだろうか。わたしも思わず叫んでしまった。「なんだこれは!」と。

 

 今回は、いつものRyuさんではなく、コトダマの里のIT事業部長兼SE兼お茶係(笑)のTakeが担当いたします。ちなみに、コトダマの里の別荘Kotodama Cottageの管理人でもあります。Kotodama Cottageでは主に電子書籍や電子書籍端末の最新の動向などを話題にして取り上げています。そちらのほうもよろしくお願いします。

 さて今回取り上げるのは、『マガジン航』の編集人である仲俣暁生さんのWIRED.jpでの記事です。

 仲俣さんは「平成23年度地域経済産業活性化対策費補助金(被災地域販路開拓支援事業)」(通称「緊デジ」事業)の審査委員を務めておられたみたいですが、この「緊デジ」事業は今年3月末をもって終了し、6月に「最終報告書」を出したようです。  ところが、審査委員を務めた仲俣氏をもって「なんだこれは!」と絶句するようなものだったらしいです。その内容というのは……

続きを読む