プロフィール Take

コトダマの里のIT事業部長兼SE兼お茶係です。主に電子書籍やタブレットなど最新のICT(情報通信技術)の動向について斜め30度ぐらいから考察します。
なるほどの! 電子書籍タブレット~Kindle fire HD(HDX)で青空文庫を読む
  • こんにちわ。コトダマの里の“ワーキングプア”Takeです。
  • おうおう、いいところに来た。先だってはとりあえずKindle fire HDでマンガを読めたけど、それだけぢゃ安心できんでの。
  • そうですか?
  • やっぱ、日本男子たるもの縦書きの日本語を読めないとの。
  • まあ男子でなくても女子でもそうでしょうが。
  • Kindleはアメちゃんが作ったんだろ? やっぱ日本語がちゃんと読めるか心配での。
  • そうですか。それじゃあ実際に見てみましょう。

続きを読む


なるほどの! 電子書籍タブレット~Kindle fire HD(HDX)でYouTubeを見る
  • こんにちわ。コトダマの里の“レジェンド”Takeです。
  • やったの! 葛西! オヤジの星!
  • やりましたね! オリンピックに7回出場するだけでもスゴイのに、7回目で念願のメダルですからね。
  • 団体でも銅メダルだからの! 日の丸特攻隊長として日本男子の大和魂を世界に見せつけてくれたわ!
  • おじいちゃん、「日の丸特攻隊」じゃなくて「日の丸飛行隊」ですよ。
ジャンプ団体でメダルが確定し、喜ぶ「日の丸飛行隊」(前列左から:清水礼留飛、葛西紀明、竹内択、伊東大貴)(出典:スポニチ)

ジャンプ団体でメダルが確定し、喜ぶ「日の丸飛行隊」(前列左から:清水礼留飛、葛西紀明、竹内択、伊東大貴)(出典:スポニチ)

  • しかしなあ、今回のオリンピックは日本だと深夜に中継されることが多くて、いつも夜の9時には寝るわしには少々きついんぢゃよ。
  • お年寄りは早寝早起きの人が多いですからね。
  • でもその代わり今はYouTubeがあるからの。わざわざビデオに録って編集しなくても名場面をばっちし見れるからの。いい時代になったもんぢゃて。
  • まあね。本当は自分で見るものは自分で録るべきなんですけどね。
  • ところで質問なんぢゃが、Kindle fire HDYouTubeはどうやって見るの?
illustrated by Azu

illustrated by Azu

続きを読む


なるほどの! 電子書籍タブレット~Kindle fire HD(HDX)を比較する
  • こんにちは。コトダマの里の“決められない男”Takeです。
  • うーん…… う~~ん……
  • おやおや、おじいちゃん。いつもに比べてノリが悪いですね。
  • うーん…… じつは、こんどの2月14日タマ代さんタマ美さんから別々に食事に誘われてのお。どっちの方に行くか迷ってるんぢゃよ……
  • そうでしたか。それはたしかに迷いますね。
  • タマ代さんは檀蜜に似てるし、タマ美さんは堀北真希に似てるし、困ったのお……
『終活読本 ソナエ vol.1』(NIKKO MOOK)

『終活読本 ソナエ vol.1』
(出典:Amazon.co.jp)
(*宣伝ではありません)

『終活読本 ソナエ vol.3』(NIKKO MOOK)

『終活読本 ソナエ vol.3』
(出典:Amazon.co.jp)
(*宣伝ではありません)

  • それはめちゃくちゃ迷いますね!
  • そうぢゃろう? うーん、困った困った……
  • ところで、その日はおばあちゃんはどうしているんですか?
  • …………

続きを読む


なるほどの! 電子書籍リーダー~自炊,自炊代行についての覚え書き
  • こんにちは。コトダマの里の“自作代行係”Takeです。
  • お? いつもはいかにも恨めしそうなかんじなのに、今日はなんだか晴れやかなかんじぢゃないか?
  • へへ…… じつはわたしのファンからメールをいただきまして。
  • ほお? 出会い系サイトの釣りメールぢゃないの?
  • そんなメールにはもう引っかかりませんよ。本物のファンからの熱い感謝と激励のメールです。

続きを読む


なるほどの! 電子書籍リーダー~koboを改造して容量アップ編

 

  • 記事の内容につきましては自己責任の範囲でご参考にして下さい。

 

  • こんにちは。コトダマの里の“自称ハッカー”Takeです。
  • それはそれは。
  • それで次は実際に弁当作りにチャレンジしようと思っての。楽天にkobo gloを注文したら今日届いたんで、早速作り方を教えにもらいにきたんぢゃよ。
kobo glo(楽天kobo)

kobo glo(楽天kobo)

  • そうでしたか。あいかわらず気が早いですね。
  • まあそう言わずに、よろしく頼むよTake師匠
  • おやおや、本当に未開封の新品ですね。それじゃあ早速、フタを開けましょう
kobo gloの裏蓋を開ける(YouTube)

kobo gloの裏蓋を開ける

続きを読む


なるほどの! 電子書籍リーダー~kobo編(2) “書籍の電子レンジ”ChainLPで楽しい自炊生活

 

  • 記事の内容につきましては自己責任の範囲でご参考にして下さい。

 

  • こんにちは。コトダマの里の“弁当男子”Takeです。
  • おうおう。日本男子たるもの、やっぱり弁当ぐらい作れんとの。
  • おや、おじいちゃんもお弁当を作るんですか? 料理はもっぱらおばあちゃんまかせじゃありませんでした?
おばあちゃん

おばあちゃん

  • それが、家内が最近の追っかけに夢中になってしまってのお。
  • 「わたしはアラシック(*「嵐」の熱狂的ファン)になってしまったの。残り短い人生をイケ宮クン(*二宮和也)に捧げるので、わたしのことはもう忘れて。」とかつってコンサートに参拝するのに忙しくて家とわしのことはほったらかしになってしまってのお……
コンサートに参拝(出典:ガールズちゃんねる)

コンサートに参拝(出典:ガールズちゃんねる)

  • それはご愁傷さまです。

続きを読む


なるほどの! ここがポイント 電子書籍リーダー~kobo編(1)序章:核心的利益
  • こんにちは。コトダマの里の“自炊派”Takeです。
  • さて、今回は電子書籍リーダーのkobo(glo, aura)を取り上げるわけですが、そのまえにぜひ理解しておいていただきたいことがあるのです。
  • ほう? どういうこと?
  • それは、「電子書籍とはモノではなくサービスである」ということです。

続きを読む


なるほどの! ここがポイント 電子書籍リーダー~Kindle Paperwhite編
  • コトダマの里の“本気ダマシイ”Takeです。あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
  • おお、あけましておめでとう。今年もよろしくの!
  • タマ爺さまはコトダマの里のご指南役でございます。本年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
  • なんのなんの。最近の『コトダマ新聞』は若者狙いのお笑い路線に変わってしまったのかとタマシイ界の一部で心配の声が出てきているからの。わしの責任も重大ぢゃて。
  • ところで新年早々あいかわらずさえない顔つきぢゃのお。
  • すみません…… じつは昨年あの記事を書いて以来、Azuさんが口をきいてくれないんですよ……

続きを読む


20141224-1-0

スマホを使いたいシニアたち

 先日、フォークソングを趣味にしている友人が仲間とともに開いたライブに行ってきました。場所は都内のフォーク居酒屋。参加者の年齢は多くが50~60代と高めですが、若者に負けないほどの熱演・熱唱もあり、なかなか聞き応えがありました。演奏とは別に私の目を引いたのが、60代後半のある男性です。彼は1960~70年代の懐かしい日本のフォークソングを淡々と演奏したのですが、その際、ステージで譜面台に置いたのは楽譜ではなくタブレット(多機能携帯端末)でした。

続きを読む


電子貸本Renta! 2013年上半期ベストセラー

電子貸本Renta! 2013年上半期ベストセラー

  • こんにちは。コトダマの里の“苦情受付係”Takeです。
  • 想像してみいや、天国はないんやで~
    やってみなはれ簡単やで~
    下に地獄はあらへん~
    上にあるんは空だけや~♪
  • どうしたんですかいきなり! とうとう逝きました?
  • そうでしたか。まだ憑き物が憑いているのかと心配しました。
  • なんのなんの。もののけはすっかり退散したぞ。やっぱりあれぢゃの。電子書籍は日本語縦書きルビ付きのEPUBぢゃないとの。端末にCBZ/LZHしか入れてない奴に電子書籍を語ってほしくないわ。
  • まあ何を読むかは人それぞれですけどね。
  • ところで先だってのRyuさんの記事で、電子書籍は買ったんじゃなくてレンタルみたいなもの、とあったが、ありゃほんとかのお?

続きを読む


紀伊國屋書店ウェブストア

紀伊國屋書店ウェブストア

  • この記事は(ほとんど)フィクションであり、実在する人物・団体とは(ほとんど)関係がありません。

 

  • こんにちは。コトダマの里の“陰陽師”Takeです。
  • あれから教えられた通り厨二病の自助グループに参加しての。最初はいろいろ戸惑うことも多かったが、真面目に通ううちに雰囲気にも慣れての。「最近はアニオタの初心者が増えて困るw」ぐらいは挨拶代わりに言えるようになったわ。
  • それはそれは。
  • ただ肝心の厨二病の方はなかなか治癒の兆しが見えなくてのお……。それどころか最近は枕元に“魔王”だけじゃなくて“魔術師”“吸血鬼”まで現れるようになっての。あいかわらず毎晩うなされるものだから、嫁が「おじいちゃん、いいかげんちゃんとした病院でしっかり診てもらいましょう!」とうるさくてのお……
  • うーん、それは困りましたね…… それでは、このさい神社でお祓いしてもらいましょうか。

続きを読む


BOOK☆WALKER

BOOK☆WALKER

  • こんにちは。コトダマの里の“タマシイ・カウンセラー”Takeです。
  • おお、今回から“キャラコン”付きか? わしもとうとうレギュラーになったのかの!?
  • いえいえ。単純に「記事が読みづらい」という理由でAzuさんが作ってくれたものです。
  • この「ランキングから見る電子書籍ストアの『傾向と対策』」シリーズはもともとRyuさんが食あたりで寝込んでしまったスキに始まったものですが、Ryuさんの体調不良が長引いているのをいいことにわたしが調子こいて続けているだけです。おかげで『コトダマ新聞』の雰囲気がずいぶん変わったとタマシイ界の一部で顰蹙の声があがり始めており、いつまで続くか予断を許しません。
  • たしかにこの連載記事の雰囲気は左側のキーワード(タグ)と違和感ありまくりぢゃの。ただせっかくキャラコンまで作ってもらったので、なんとかレギュラーにしてもらいたいのお……
  • Ryuさんが復帰したらいちおう頼んでみます。
  • それはさておき、今回はシリーズ第6弾BOOK☆WALKER編です。
  • そのまえに、ちょっと相談があるんぢゃが……
  • はいはい、なんでしょう?

続きを読む


BookLive!

BookLive!

ラノベを読んでみたいシニアにお勧め! BookLive!

 こんにちは。コトダマの里の“ライトノベル作家見習い”Takeです。

 今回は“電子書籍ストアを斬る!”シリーズ第5弾BookiLive!編です。

 お待たせいたしました。『コトダマ新聞』をご愛読のおじいちゃん・おばあちゃんにお勧めする電子書籍ストアBookLive!です。

続きを読む


honto電子書籍ストア

honto電子書籍ストア

honto 2013年電子書籍ランキング

雑誌1位『週刊ゴルフダイジェスト』

出版社コメント:
 このたび『週刊ゴルフダイジェスト』が2013年の電子雑誌ランキング1位になりましたこと、大変嬉しく存じます。ご愛読いただいております読者の皆様に感謝いたします。
 近年、ゴルファーの間でもデジタルデバイスの利用者が俄然、増えております。そのような中、紙の雑誌だけでなく様々なデバイスで、あらゆる地域の方々に、紙の雑誌と変わらぬ情報量とクオリティのコンテンツをお届けすることが、ゴルフというスポーツの裾野を広げる私どもの使命であると考えております。
 今後も弊社では良質なデジタルコンテンツをお届けしてまいります。紙の雑誌・書籍ともどもご愛顧いただきますよう、お願いいたします。
 ゴルフダイジェスト社 デジタル事業推進部

続きを読む


eBookJapan

eBookJapan

マンガはおまかせ! eBookJapan

 こんにちは。コトダマの里の“自炊班長”Takeです。

 今回は“電子書籍ストアを斬る!”シリーズ第3弾「eBookJapan編」です。

 ところで、「ランキングに見る電子書籍ストアの「傾向と対策」~Amazon Kindleストア編」で、日本の電子書籍市場は2012年度で729億円で書籍全体の8%程度と述べました。
 さてそれでは電子書籍市場のなかではどのようなジャンルが人気でしょうか?

続きを読む


電子書籍を閲覧する端末(出典:ギズモード・ジャパン)

電子書籍を閲覧する端末
(出典:ギズモード・ジャパン)

 こんにちは。コトダマの里の“自炊係”Takeです。

 ところで前回、「Kindleストアで買う前に念のためkoboストアをのぞいてみてはいかがでしょうか」とご提案させていただきましたが、タマ子様より「Kindle fire HDでKindle本を読んでいるんだけど、楽天koboストアの本を読めるの?」というご質問をいただきました。

 大変失礼いたしました。この点若干説明を補足いたします。

続きを読む


koboイーブックストア 2013年年間ランキング

koboイーブックストア 2013年年間ランキング

koboイーブックストア 2013年年間ランキング

 総合1位「ロスジェネの逆襲」は8月下旬に配信開始になったため、集計期間(2013/1/1~10/15)を考えると驚異的な伸びを見せました。2・3位もドラマ「半沢直樹」原作の「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」となり、「半沢」人気を示す2013年ランキングとなりました。コミックでは「進撃の巨人 attack on titan」が1位。アニメ化となり既刊すべての購入が大きく伸びたこと、最新巻が紙・電子書籍同時発売となったことで躍進です。
 ビジネス書1位は「週刊ダイヤモンド」の人気特集記事を再編集・電子化した「最強の武器『統計学』」。紙の本にはない電子書籍オリジナルのシリーズがほか40冊弱あり、いずれも人気を集めています。紙の本と同じように楽しめたり、紙の本にはない本を楽しめたり。2014年も電子書籍の進歩とともに、Koboイーブックストアも進化をしていきます。どうぞご期待ください。

続きを読む


Best of 2013ランキング Kindle本

Best of 2013ランキング
Kindle本

Best of 2013ランキング Kindle本

 2013年のKindle本 年間ランキング 1位は、TVアニメで人気が爆発した、コミック『進撃の巨人 (11)』。小説では『オレたちバブル入行組』ほか池井戸潤の「半沢直樹」シリーズ 3タイトルがランクイン。気になるTVドラマの続きにあたる、第3弾の『ロスジェネの逆襲 』が総合2位につけた。

 Kindle化トップリクエストは、紙の本のKindle化 要望が強かったタイトルで、今年Kindleストアで発売されたもの(コミック・ライトノベルを除く)。『スタンフォードの自分を変える教室 』『ビブリア古書堂の事件手帖4』など、最近の話題作だけでなく、『銃・病原菌・鉄 上巻 』といったロングセラータイトルもランクインしている。

続きを読む


子どもが欲しがっているクリスマスプレゼント(出典:SankeiBiz)

子どもが欲しがっているクリスマスプレゼント
(出典:SankeiBiz)

子どもが欲しがるクリスマスプレゼントにiPadなどのタブレットがランクイン

 株式会社タカラトミーエンタメディアが総合プロデュースしている、親子で楽しむスマートフォン・タブレット無料アプリ『FamilyApps』は、スマートフォンもしくはタブレットを利用していて、0~9歳の子どもを持つ20~40代の父親・母親を対象にインターネット調査を行ないました。

……(中略)……

 スマートフォン、タブレットのいずれも子どもに使わせている家庭では、親が購入予定(購入済)のクリスマスプレゼント、子どもが欲しがっているクリスマスプレゼント共に「タブレット・スマートフォン」が上位にランクインする結果となりました。

続きを読む


トイザらス「MEEP!」(出典:INTERNET Watch)

トイザらス「MEEP!」
(出典:INTERNET Watch)

トイザらス、ペアレンタルコントロール搭載のキッズ向けタブレット「MEEP!」

 日本トイザらス株式会社は、Android 4.0を搭載する子ども向け7インチタブレット「MEEP!(ミープ)」を4月26日に発売する。

 安全にタブレットを利用するためのペアレンタルコントロール機能を搭載していることが特徴。保護者はPCやタブレット、スマートフォンからMEEP!の管理サイトにアクセスし、子どものインターネットやアプリの使用制限、使用履歴、使用時間などを管理できる。

続きを読む